介護施設について

こんなひとにオススメ!

  • ●高齢者の方とのコミュニケーションや人との関わりが好きな方。
  • ●看護師が少ない環境の中で、自分でしっかり判断して動きたい方。
  • ●介護士や福祉士など他職種の人と、協力して役割を果たしたい方。

アドバイザーがこっそり教える介護施設の特徴

介護施設は病院と異なり、高齢者が快適に過ごせるようなサポートを提供する役割を担っています。そのためサービス業の要素が強く、設備・環境をキレイに整え、接遇面を大切にする傾向が強いです。病院での業務に比べ、普段の会話やレクリエーションなどを通して利用者との人間関係が深くなるのも介護施設の特徴です。求められる医療行為は少ないものの、介護施設では看護師の配置人数が少ないので、看護師ひとりの仕事の裁量が大きくなります。時には医療的判断の責任者を任されることもあるでしょう。そのため、看護師として経験が浅い方やブランクが長い人は、看護師が多くいる職場から始めたほうが良いといえます。また、介護士との連携が仕事の中で多くを占めるので、他職種とのコミュニケーションや信頼関係が大切になる職場です。待遇は介護士よりも看護師の方が良いですが、施設内では介護士の方が主役になりがちだということも心に留めておく必要があるでしょう。

身につくスキル

病院に比べて医療行為が少ない介護施設では、看護師が介護業務の一部を担う場面があります。看護スキルと介護スキルも兼ね備えた看護師になるチャンスがあるといえるでしょう。また、看護師は利用者の介助に関してヘルパーに指示を出すのもお仕事ですので、指導力も養われます。日々のやり取りやレクリエーションを通して、利用者とのコミュニケーションスキルも育ちますよ。

介護施設についてよくある質問

  • Q 介護施設は医療行為が少ないので、ほとんど経験がない看護師でも大丈夫ですよね?

    A

    病院に比べると、確かに介護施設で求められる医療行為は少ないです。しかし、インシュリンや胃瘻(いろう)、点滴などのスキルは求められるので、全く医療行為ができなくても大丈夫、というわけではありませんので注意しましょう。

  • Q 看護師も介護業務を行うのですか?

    A

    看護師もヘルパーと一緒に介護業務を行います。介護施設で看護師と介護士の業務を完全に分けている所は稀です。医療行為が少ないからといって、楽であるとは限りませんので、気をつけましょう。

  • Q 介護施設での看護師の配置は?

    A

    看護師の人数や割合は介護施設の形態や規模によって異なりますが、だいたい1人~数人程度といわれています。看護師の人数が少ない分、1人ひとりの役割・責任が大きく、他業種との連携が重要になる職場だといえるでしょう。

もっと詳しく自分に合った求人を見つけるなら

その他の施設形態一覧

看護師・ナースのLINEスタンプ「看護師だっていろいろあるんです!」

看護師のシフト共有アプリ「ペリカレ!」仕事もプライベートもラクラク管理♪

ページの先頭へ