1. 看護師求人TOP
  2. 宮城県の看護師求人

宮城県の看護師求人/転職/募集

宮城県の看護師求人

宮城県の地域情報

宮城県は、東側は太平洋に面し、西側は奥羽山脈が走る自然豊かな東北地方の県です。

2016年の人口はおよそ233万人(※1 日本の統計2018より)で、2010年からの6年間の人口増減率は約0.7%となっており、年々微減しています。
年代別人口は、15歳~64歳の割合が約60%と最も高く、約143万人。65歳以上の高齢者人口は、約26%にのぼる62万人ほどで、今後じわじわと高齢化が進む見込みです。

一方で、宮城県の人口一人当たりの国民医療費は、年間約31万円(※2 平成27年度 国民医療費の概況より)。全国平均は年間約33万円となっているため、若干低いことが窺えます。

人口10万人に対する1日の平均在院患者数も、全国平均を160人ほど下回る約828人(※3 平成28年医療施設(動態)調査・病院報告の概況より)となっていますが、宮城県では、100床当たり常勤換算従事者数のうち、看護師の人数が約61人(※3 平成28年医療施設(動態)調査・病院報告の概況より)で、全国よりも高い水準にあることが特徴です。

医療ニーズが拡大する将来、看護師の需要はますます増大していくでしょう。

宮城県の求人の特徴

看護のお仕事では、宮城県の求人数を1,885件扱っています(※4 看護のお仕事 求人データ(2018年9月末時点)より)。
そのうち、常勤求人の件数は426件で、事業所数は220施設(※5 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)より)ほど。

さらに、平均年間休日数は110日(※5 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)より)と、全国平均と同じ日数となっているため、仕事とプライベートの両立を図りながら活躍していただけるエリアです。

また、マイカーでの通勤が可能な求人が約81%、託児所を完備している求人も約35%(※5 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)より)を占めるので、目的に合わせた求人を選びやすいのもポイントです。

転職にあたっては、給与や休日数を考慮に入れて、より良い求人を選びましょう。
チェックすべき点として、まず賞与の見方があげられます。「基本給+各種手当」が月給になり、賞与は「基本給×○ヶ月」を表します。したがって、年収は「(月給×12ヶ月)+賞与(基本給×○ヶ月)」で計算することができます。

休日の表記では、完全週休2日制と週休2日制をよく目にすると思いますが、それぞれの意味について見ていきましょう。
完全週休2日制とは、毎週確実に2日間の休日があることを意味します。
それに対し、週2日の休みが1ヶ月の間に1週以上あると、週休2日制というように表記します。完全週休2日制と週休2日制では年間休日数にも差が出てきますので、こうした点を念頭に置きながら、条件とマッチする求人を選ぶようにしましょう。

出典元
  • ※4 看護のお仕事 求人データ(2018年9月末時点)
  • ※5 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)

宮城県の病院・看護師事情

宮城県で活躍している看護師と准看護師は約約2.2万人(※6『平成29年看護関係統計資料集』日本看護協会出版会編集より)。人口10万人あたりで換算すると、約958人が看護職に従事(※6『平成29年看護関係統計資料集』日本看護協会出版会編集より)している計算になります。

また、県内の病院数は139施設、一般診療所数は1673施設(※7 厚生労働省 医療施設動態調査(平成30年6月末概数)より)あるため、自分にマッチする施設形態の職場で活躍できます。

さらに宮城県では、2016年の正規雇用の看護職員の離職率が、全国平均を2.6%下回る8.3%(※8「2017年病院看護実態調査」結果報告(公益社団法人日本看護協会広報部)より)となっており、離職率が低めの傾向にあります。
前年度の2015年に比べても2.4%も低くなっていることから、職場環境や人間関係の良い、働きやすい医療施設が増加したと考えられます。

掲載されている看護のお仕事の求人数も1885件(※4 看護のお仕事 求人データ(2018年9月末時点)より)ありますので、勤務形態や勤務地などの条件にぴったりの求人を見つけられるでしょう。

宮城県周辺の都道府県の求人の特徴

政令指定都市である仙台市がある宮城県は、利便性はもちろんのこと、歴史や文化を身近に感じながら暮らすことができるエリアです。

また、宮城県の看護師平均年収は約475.5万円(※9 厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より)で、これは県の平均年収を約24万円ほど上回っているため、安定した収入を見込めるのもポイント。
この統計調査によると、東北地方では他に山形県や秋田県で宮城県よりも看護師の平均年収が多いというデータが出ています。

さらに、岩手県や福島県にはがん診療連携拠点病院が多く、専門性の高い医療に携わりながら活躍することができます。宮城県だけでなく、東北地方全域に転職活動の幅を広げ、自分の可能性を追求してみませんか?

条件で絞り込む

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。