お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

看護師は企業でも活躍できる!病院以外の新しい働き方に挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ko_1485.jpg

http://stock.adobe.com/jp/

一般的に看護師の働く場所は、病院や介護施設といったイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、一部企業では、看護師の採用を行っていることもあり、民間企業で働くチャンスも十分にあります。
このコラムでは、看護師がどのような企業で活躍することができるのかを解説。企業看護師を詳しく知りたい方や、企業で働きたいと思っている看護師の方は必見です。





目次

企業で働く看護師って?

比較的大規模な企業で職員の健康サポートを担う看護師です。「企業看護師」と呼ばれることが多く、主に企業内の医務室での勤務が中心となります。病院や施設と違い、緊急性が低いのが特徴です。また、企業看護師は、看護師免許があれば誰でもなることができ、非常に人気の高い職種となっています。

▼関連記事
「産業看護師」になるために求められることって何ですか?

企業に勤める看護師の働き方

企業に勤める看護師は、病院勤務とは異なる業務を行うことが多いでしょう。企業看護師が活躍できる場所は数多く存在し、働く場所によって業務内容が異なります。企業看護師はどのような場所で活躍できるのか見てみましょう。

産業看護師

企業で働く保健師や看護師を「産業看護師」と呼びます。企業内の健康管理室で、職員の健康診断を行ったり、体調不良の職員を対応したりするのが主な業務です。常駐看護師は1人から数人という場合が多く、少人数制で従業員の健康管理を担います。そのほかにメンタルケアや保健指導を行うことも。また、工場では万が一の事故や怪我に備えて、救急対応のできる看護師が活躍できるでしょう。

クリニカルスペシャリスト

医療機器メーカーに勤め、病院などの医療機関を相手に機器のセールスをサポートすることが主な業務です。ほかにも、学会で医療機器の説明を行うこともあります。直接的な看護業務はありませんが、看護師資格を条件としている企業も少なくありません。また、クリニカルスペシャリストは医者と患者間のコミュニケーションをサポートする「クリニカルコーディネーター」という業務を行うこともあります。

治験コーディネーター

新薬開発に伴って、製薬会社と医療従事者、患者との連絡役となり、治験が安全に行われるようサポートをするのが主な業務です。治験コーディネーターは「Clinical Research Coordinato」の略称で、CRCと呼ばれます。病院とは違った角度で患者をポートすることができ、やりがいのある仕事となるでしょう。

コールセンター

保険会社や医薬品メーカーなどのオペレーターとして相談や説明を行う業務です。医薬品メーカーでは薬の説明や副作用についての説明、保険会社では医療保険に関する相談など、企業によって内容が変わってきます。また、健康相談を伴うコールセンターでは、看護師の能力や知識を活かして、相談者に合ったヒアリングを行うことができるでしょう。

医療系のキャリアアドバイザー

求職者に向けてアドバイスを行ったり、就職先を紹介したりするのが主な業務です。また、求職者と企業の採用担当者をつなぐ役割も担っています。医療現場とは全く異なった職種ですが、自身が看護師だった時の知識を活かして、求職者にアドバイスをすることができるでしょう。

▼関連記事
こんな場所にも看護師が?!ナースなら一度は働いてみたい職場5選

企業で働く看護師の主な仕事内容

企業看護師は、勤務する企業によって業務や対応する相手が異なります。また、企業看護師看護業務を行う病院の看護師とは違い、健康な人に向けて指導を行っていくことが大きな特徴です。ここでは、一般企業に勤める企業看護師の主な業務を確認してみましょう。

健康相談やカウンセリング

健康診断の結果による相談を受けたり、職員のメンタルケアを行ったりします。また、企業看護師との面談を希望する人がいた場合は日程の設定をすることもあるでしょう。面談が必要と感じた職員には、メールなどで連絡を入れて対応します。

突発的な怪我や病気のケア

具合が悪くなってしまったり、怪我によって手当をしなければならなかったりする従業員がいた場合、企業看護師はその人に合った処置を行います。病院と異なり、長時間にわたって怪我や病気の対応に追われることは少ないでしょう。

社内巡視

定期的に社内を巡視し、体調が優れない職員がいないかをチェックします。体調以外にも、メンタルケアが必要と思われる社員がいないかも同時に確認。必要に応じて面談を促したり、容態を診たりするのも大切な業務です。

企業で働く看護師のメリットは?

企業で働く看護師のメリットは主に3つあります。病院や施設と異なる、企業ならではのメリットにはどのようなものがあるのか確認しましょう。

夜勤が少なく土日祝休みが多い

企業看護師は、企業の営業時間に合わせて働くため、夜勤がほとんど発生しません。また、カレンダーどおり土日祝が休みの企業が多く、休日にしっかりと休むことができます。休日出勤の可能性もほとんどないので、予定が立てやすくなるでしょう。そのため、休日は習い事や趣味に没頭することができるようになった方も多いようです。仕事とプライベートのバランスが取りやすくなるのも企業看護師の魅力の一つといえます。

医療ミスの可能性が低く精神的負担が軽い

企業看護師は、医療ミスによるプレッシャーが少ない傾向があります。病院勤務でインシデントを起こしてしまい、ミスに対するプレッシャーから仕事そのものが怖くなってしまった方もいるでしょう。しかし、企業看護師は医療処置を行う場面が発生しても、病院勤務のように命に係わる状態に直面することはほとんどありません。また、主な業務内容は社員の健康管理のため、医療処置を行う場面自体がかなり少ないでしょう。そのため、病院勤務に比べて気持ちが楽になったという方も多いようです。

肉体的にも負担が少ない

企業看護師は病院勤務の看護師に比べて、座り仕事が多くなります。病院や施設での勤務は立ち仕事が多いため、つらいと感じる方が多いようです。しかし、企業看護師はデスクワークが中心になります。座り仕事が多くなったことで肉体的に楽になり、疲労が溜まりにくくなるでしょう。

▼関連記事
企業で働く看護師とは?仕事内容やメリットをご紹介

企業へ転職する看護師が気を付けたいこと

病院や施設から企業へ転職する前に、看護師が気を付けたいことを紹介します。せっかく企業で働き始めても、病院の看護業務とのギャップがあり、後悔をしてしまうこともあるため注意が必要です。前もって企業看護師を目指す目標を決めておくと良いでしょう。

やりたい仕事を明確に決める

どの企業でどのように働きたいかを明確に決めましょう。企業看護師は就職先によって、業務内容も変わってきます。そのため、「企業看護師になりたい」という漠然とした目標で転職活動を行うのはあまりおすすめできません。インターネットや書籍から情報を集めながらやりたい仕事をイメージすることはもちろん、実際に企業看護師として働いている方から実情を聞くのも良い方法です。

企業看護師は1人の場合が多い

企業看護師は、基本1人で対応しなければいけないことが多く、何かあったときに頼れる人がいない可能性も。緊急性が低いとはいえ、1人であらゆる状況に対応しなければいけません。また、病院勤務ではあまり重要ではなかったビジネスマナーも必要になり、新たに覚えることが多くなることも。事前にビジネスマナーなどは勉強しておくと良いでしょう。

転職活動は根気強く!

企業看護師は数が少ないうえに人気が高いため、転職活動が難航することも。そのため、根気強く転職活動を続ける必要があります。転職エージェントを利用して求人を探したり、知人や看護学校から紹介してもらったりすることで情報を得られることもあります。また、本番に備えて面接の練習をしておくと、当日に気持ちの余裕が持てるでしょう。

企業看護師の求人をお探しの方は「看護のお仕事」を利用してみませんか?看護のお仕事では、キャリアアドバイザーがご希望に沿った求人を紹介します。条件に合った求人探しはもちろん、面談の日程調整や条件交渉などもアドバイザーが担当。サービスはすべて無料で、転職エージェントの利用が初めての方も安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加