お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

美容クリニックでの看護師の仕事内容は?給与や人気の理由も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ko_1368.jpg

http://stock.adobe.com/jp/



夜勤がなく、高給料の美容クリニック求人に一瞬でも憧れを持った看護師の方もいるでしょう。
この記事では、美容クリニックについての解説や、美容クリニックで働く看護師の仕事内容、一般的な病院勤務と何が違うのかをご紹介。応募時に選ぶポイントや看護師免許による違い、経験の有無もテーマに上げたので、美容看護師を目指すときの参考にしてください。インセンティブ制度や自由診療にも触れています。

目次


美容クリニックとは
美容クリニックの看護師になるには
美容クリニックでの看護師の仕事内容
美容クリニック勤務と病院勤務をする看護師の違い

美容クリニックとは


美容クリニックとは、美容医療を行う医療機関の総称です。主な診療科は、美容整形や脂肪吸引などの手術を伴う美容外科、肌のしわ・たるみなどを専門とする美容皮膚科の2つ。この項目では、美容クリニックについて詳しく見ていきます。

美容外科


美容外科の目的は、手術などの医療的侵襲により患者の容姿をより良いものにすることです。
代表的な施術内容は、顔に糸を入れるフェイスリフトや、カニューレを使って皮下脂肪を取り除く脂肪吸引などが挙げられます。

美容皮膚科


美容皮膚科では、主に肌に関する施術を取り扱う診療科です。
代表的なものでは、レーザーを使ったニキビ・シミの治療や注射によるしわ・たるみ改善や脚痩せ、美白治療などがあります。美容外科と比べると注射を行う機会は多くなりますが、手術はあまり行わないようです。

脱毛


美容皮膚科を標榜する美容クリニックには、脱毛のみを専門で行うクリニックがあります。
エステティシャンによる美容脱毛と、医者や看護師が行う医療脱毛です。医療脱毛では、医療機関でしか利用できないレーザーを使って脱毛をします

美容クリニックの看護師になるには


美容クリニックに所属する医師の数は少なく、看護師求人も合わせて少なくなっています。また、美容クリニックは経験のある看護師を求めている場合が多く、外科や皮膚科の経験の有無が応募先の検討材料になるでしょう。ここでは、美容クリニックの看護師になるにはどのような経験や能力が必要かを解説します。

看護師の経験について


美容クリニックでは診療の継続が患者の意思に委ねられるため、満足度の高い接客応対が必要になります。そのため、経験のある看護師のほうが採用されやすいでしょう。場合によっては実地経験のある看護師のみを採用対象としている場合もあります。特に手術室や器械出しなどの外科経験があると有利です。

美容クリニックを選ぶポイント


美容クリニックに応募する場合、准看護師・正看護師の資格による差はありません。その代わり、一般的な外科・皮膚科の経験で優遇される可能性があります。ここでは、美容外科・美容皮膚科の応募判断の基準をご紹介します。

美容外科に向いている看護師


外科の経験がある方には美容外科のある美容クリニックがオススメです。
美容外科の看護師の業務には、医師の手術補助や器械出しが存在します。この2つは病院の外科でも行われる業務です。そのため、ある程度手術に慣れている看護師が求められています。求人によっては外科経験のある看護師を募集していることも。手術室や器械出しの経験がある方は、美容外科への応募を検討してみましょう。

美容皮膚科に向いている看護師


手術経験がない場合や皮膚科経験がある場合、美容皮膚科のあるクリニックへの応募をオススメします。美容皮膚科で行う治療は薬剤の塗布や注射、レーザー照射などがメインで、手術はほぼありません。外科的な経験や知識は基本的に使わないと考えて良いでしょう。そのため、経験面でのハードルは美容外科より低くなります。器械出しなどをやったことがなければ、美容皮膚科の応募を考えましょう。

美容クリニックの医師の数


美容クリニックの看護師求人は非常に競争率が高いです。
2019年12月公表「平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」では、2018年12月末時点での美容外科勤務の医師の数は678名とされています。医療施設に勤務する医師の人数は311,963人で、美容外科の医師の比率は全体の0.2%です。看護師は医師の指示を受けて業務を行うため、医師の少なさはその科の看護師の少なさに直結します。そのため、美容外科の求人の割合は低いと考えて良いでしょう。

参考
厚生労働省
平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計の概況

美容クリニックでの看護師の仕事内容


美容クリニックの看護師は、手術の補助やレーザー照射などの医療行為、カウンセリングで患者の要望のヒアリングを行います。美容クリニック独自のものとして、会話中の営業で施術コースや商品の販売を行うことも。ここでは、美容クリニックでの看護師の業務内容を解説します。

カウンセリング


患者に聞き取りを行い、使う器械やコースの提案、治療中の注意や後遺症も含めた説明をします。
具体的には、患者にカウンセリングシートの記入をしてもらいながら、来院の目的、施術の希望部位を聞き取るのです。その内容から患者へ施術の提案を行い、患者の希望を確認。施術を行う医師と患者の希望を共有します。美容医療の場合、施術内容で費用や効果が現れるまでの時間が変わるため、希望を正しく理解した上で、患者の目的に沿った治療の提案が必要です。

レーザー照射や手術介助


美容クリニックでは美容目的の栄養注射や点滴を行いますが、内出血や注射痕を気にする患者もいるので注意が必要です。また、主に美容皮膚科では、美白や脱毛を目的として患者にレーザー照射を行います。レーザー照射は医療行為と見なされるため、医師や看護師が行う必要があるのです。美容外科では美容整形をはじめ、手術を行う機会があります。その際、医師の補助や器械出しを行います。

顧客の獲得や化粧品などの販売


顧客の獲得や商品販売も看護師の仕事です。
美容クリニックの多くにはインセンティブ制度があります。これは商品などの売り上げ成績に合わせて個人報酬が与えられる制度で、看護職では美容クリニック独自のシステムです。インセンティブ報酬の対象となるのは、クリニックのオリジナル化粧品や施術コースの販売。給与とは別にプラスされるため、より高収入を得たい場合は営業スキルが必要となります。

美容クリニック勤務と病院勤務をする看護師の違い


美容クリニックは夜勤がなく高収入である場合が多いです。これには、前述した自由診療や美容クリニックのシステムが関わっています。また、美容クリニックでは患者と話す能力が必要になるなど、一般病棟と同じスキルが必要とされるとは限りません。ここでは、美容クリニック勤務と病院勤務で看護師の待遇がどう違ってくるのかを見ていきましょう。

美容クリニックは収益性が高い


美容クリニックの施術のほとんどは自由診療で行われるため、クリニック側で治療費を設定できます。自由診療とは、保険の適用されない範囲の診療のこと。通常の病院や診療所などで行われる保健医療では、国の制度上で値段が厳密に決められています。一方、自由診療は患者と病院側が合意に基づいて値段を決めるシステム。美容医療は特に自由診療が多く、通常の病院での治療と比べて高額に設定されている場合がほとんどです。その分、医師・看護師に対する支払も多くなります。

美容クリニックは夜勤や時間外勤務がほぼない


美容クリニックには病棟がなく、緊急手術やナースコール、入院手続きなどが発生することもありません。また、美容クリニックは予約なしでの通院をほとんど認めておらず、中には完全予約制をとっているクリニックも。初診のみ予約なしのクリニックもありますが、当日に大掛かりな手術を行わず、ほかの予約がないことが前提になります。このことから、美容クリニックは急に忙しくなることがない環境といえるでしょう。

必要なスキルが美容クリニックと病院で違う


一般的な病院と美容クリニックでは、患者が通う目的が違います。病院に行く目的はけが・病気の治療がメインです。対して、美容クリニックに行く目的はルックスによる劣等感をなくすことや、容姿をより良く向上させること。一般的な病院の場合は、基礎的な技術が求められます。一方美容クリニックの看護師は、商品や施術を魅力的に伝えるコミュニケーション力や営業力が必要です。


美容クリニックへの転職を考えている看護師の方は、看護のお仕事にご相談ください。
専任のアドバイザーが希望を丁寧にヒアリングし、あなたの望む働き方に合った求人をご紹介。
選考書類の添削や面接の練習といった対策も行っているので、転職活動に不安を抱える方も安心です。面接日の調整や連絡といった、大変なスケジュール管理もお任せください。
看護のお仕事で、あなたが活き活きと働ける職場を一緒に探してみませんか?

クリニックで働きたい看護師さん向け【記事まとめ】はこちら