介護施設での夜勤、どんな業務がありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2430_TOP_介護施設での夜勤.jpg


看護師の仕事には、いろんな職場がありライフスタイルの変化によって働き方を選ぶことができますね。一般企業にも看護師は必要とされていますし、イベント会場や献血ルーム、老健施設など、非常に多くの場所に活躍の場があります。

介護の現場でも看護師は必要とされ、場所によってはお給料が良いところもあると聞きます。ここでは次の就職先として介護施設を検討している看護師のために、介護施設の業務、特に夜勤に絞った業務内容についてご紹介していきたいと思います。


特別養護老人ホームの夜勤とは?


2430_1_特別養護老人ホームの夜勤とは?.jpg


介護施設にもいろいろ種類がありますが、特別養護老人ホーム(特養)の夜勤は寝返りを打てない寝たきりの高齢者の方が多いこともあり、体位交換や巡回、コール対応などの業務が多くなります。

実は特別養護老人ホームには、医療行為そのものより、24時間介護が必要な高齢者の方がほとんどです。勤務する施設によって、看護師が常駐せずにオンコールのこともあります。

お給料はオンコールがある分、そこまで悪くはありませんが、病院で三交代するよりは安くなる傾向にあります。また、介護をしなければならないので、腰痛などを抱えて場合には避けるべき職場だといえるかもしれません。


介護老人保健施設の夜勤の業務


2430_2_介護老人保健施設の夜勤の業務.jpg


介護老人保健施設(老健)には、医療処置やリハビリが必要な方が入居しています。病院と同じように、バイタルチェックや観察、薬の管理や、褥瘡の処置、急変の対応や、必要であれば病院への付き添い、リハビリの補助などが業務となります。施設の規模にもよりますが、日勤帯はやることが多いので忙しくなります。

夜勤では見回りのほか、トイレ歩行の介助や、急変時の対応が必要になります。介護老人保健施設の場合、夜勤に看護師が常駐していますが、病院ではないので夜勤のときの人数が少ないケースが多く、看護師1人と介護職員で対応し夜勤を行うケースも多くあります。

そのため、1人で夜中に急変に対応しないといけない場合も多々あり、それに見合った知識と手技を持っていることが必要になります。新人看護師や、これまでに救急対応をしたことがない看護師は、この施設での仕事は負担が大きいと思われます。


有料老人ホームの夜勤について


2430_3_有料老人ホームの夜勤について.jpg


有料老人ホームには、心身ともに元気な方から医療行為が必要な人まで、さまざまな方が入居されています。入居に必要なお金が高い分、いろんなサービスが充実していて、入居者は患者さんではなく、お客様という位置づけです。

医療行為を要する度合いは一人ひとりの入居者ごとに違いますが、医療行為に対応しているホームはやはり人気があるので、看護師が常駐する有料老人ホームは多くなってきています。夜勤ではオンコールのことも多く、これは施設ごとに体制が違います。

しかし、状態が不安定な入居者がいる場合には、夜勤帯もホームに常駐しておく必要が出てくるでしょう。有料老人ホームを終(つい)の棲家(すみか)と考える方も多くなっていますので、夜中の急変対応や病院への付き添い、看取りなどの対応も看護師の役割になります。


まとめ


介護施設の夜勤の業務は、施設ごとにかなり違っているというのが現状になります。急な入院や手術などが無いため病院勤務よりは忙しくないかもしれませんが、看護師が一人であることも多いようですので、その責任をしっかり受け止められるのか?というところがポイントになります。もし次の職場に介護施設を検討している場合には、その施設についてよく調べてから決めることをおすすめします。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!