1日で取れる!?スキルアップに関わる看護師の資格4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3304_TOP_スキルアップに関わる看護師の資格.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師がキャリアアップを考えるのであれば、資格は取得しておきたいものです。資格を取得していると転職活動の際などにスキルアップの選択肢を増やすこともできます。

実は専門看護師や認定看護師のようにハードルの高いものだけでなく、短期間で取れるような資格もあるのはご存じですか?今回は看護師のスキルアップに関わる資格をご紹介します。

728_90_3.png



専門看護師や認定看護師の資格はハードルが高い


3304_1_専門看護師や認定看護師の資格はハードルが高い.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師がキャリアアップを考える上で大きな強みになるのが、「専門看護師」と「認定看護師」です。

しかし、この2つを取得することは簡単ではありません。これらを取得するには5年以上の実務経験が必要であり、一定期間、資格取得のための研修を受けなければなりません。また資格を取得するためには研修費や教材費なども必要となりますが、これらを病院側で負担してくれるかどうかや負担額の割合は勤務先によって差があります。

時間もお金もかかり、また看護師としての実務経験もある程度必要となる専門看護師・認定看護師の資格は比較的ハードルが高いといえます。


短期間でも取得しやすい資格


3304_2_短期間でも取得しやすい資格.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


では、比較的容易に取得できる資格にはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

ACLSプロバイダー



心肺停止に対する二次救命処置を身につけることができる資格が「ACLSプロバイダー」です。緊急時は冷静さを欠いてしまうことも考えられますが、この資格を取得して蘇生に関する知識をしっかり身につけていれば、慌てずに対処できるようになるでしょう。

この資格は2日間の講習を受けた後、認定試験を受けて合格すれば取得できます。看護師経験年数の浅い方であっても、比較的取得しやすい資格といえます。

高度な技術や知識を学ぶことができるため、認定看護師や専門看護師を目指す前に取得することをおすすめします。

BLSヘルスケアプロバイダー



心肺停止に対する一次救命処置を身につけることができる資格が「BLSヘルスケアプロバイダー」です。国際ガイドライン基準の救命措置スキルを習得していることを証明できる資格で、人工呼吸やAEDの正しい使用方法、心肺蘇生法など、あらゆる救命措置で必要なスキルを身につけることができます。

ACLSプロバイダーと同様、緊急時に冷静に対処する上でぜひ取っておきたい資格です。また、看護師だけでなく医療者の多くが取得している資格でもあります。

BLSヘルスケアプロバイダーは1日講習を受けるだけで資格を取得でき、費用も3万円程度と比較的安価です。

福祉住環境コーディネーター



在宅治療をする患者さんや高齢者の方が、安全で住みやすい住環境を整えるための提案をするのが「福祉住環境コーディネーター」の役割です。生活する上での不安や問題点をヒアリングし、事業者と相談して福祉用具や住宅デザインの提案などを行います。主に福祉関連企業の従業員や老人ホームなど、福祉業界で働く方が多く取得しているようです。

看護師が福祉住環境コーディネーターの資格を取得するメリットとしては、在宅治療に切りかえる患者さんの相談に対して、専門的な知識のもとサポートすることができる点です。

この資格を取得するためにはマークシート形式の認定試験を受ける必要があります。受験料は受ける級によっても異なりますが、一番高額の1級でも費用は1万800円とそこまで高くはありません。

栄養サポートチーム専門療法士



「栄養サポートチーム専門療法士」はすぐに取得できる資格ではありませんが、患者さんの症状に合わせた栄養管理を行うために必要な知識・技術の習得を証明できるのでおすすめです。

この資格を取得する中で、栄養管理に関する情報収集・分析から栄養療法で生じるリスク分析なども行うことができるようになります。また、生活面における退院指導を行う際にも役立つでしょう。看護師の場合は、患者さんの症状を把握し情報を共有すること、また患者さんに自身の栄養状態を知ってもらうための指導を行うことが主な役割となります。

ただ、この資格を取得するまでには最低でも5年以上の看護師経験が必要となります。加えて、医療施設や福祉施設で栄養サポートに携わった経験がなければ受験できません。学会やセミナーにも一定の回数参加しなければならないため、取得するには長い目で考える必要があるでしょう。

その分、栄養サポートチーム専門療法士の資格を持っていれば資格手当が支給される場合もあり、また有資格者を求めている病院への転職が有利になる可能性もあります。看護師としての経験がある程度積み上がってきた段階で、取得を検討するといいかもしれません。


看護師のプラスアルファの資格取得は、時間的にはもちろん体力的な余力がないと難しいことではあります。ただ、看護師の仕事に役に立つ資格はたくさんあるので、ぜひ計画的に資格取得を目指してみてください。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!