いつかはマイホームを!と夢見る看護師さんに読んでほしいブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_115764013.jpg


マイホームを建てたい看護師さん注目!
今回は、土地探し・間取り・実際に住んで感じるメリットやデメリットなど、家づくりに役立つ記事を集めました。
こだわりのマイホームに住むブロガーさんたちの意見を参考にして、快適に暮らせる住まいづくりに活かしてみてくださいね。


(1)【家づくりマニュアル】土地探しの秘訣と注意点


【家づくりマニュアル】土地探しの秘訣と注意点.jpg


家を建てる際にまず取り掛かるのが、土地探し。
「スーパーの近くが良い」
「大きな庭がほしい」
など、叶えたい条件がある中で、理想の土地を探すのはなかなか大変ですよね。
そんなときにぜひ参考にしたいのが、《【家づくりマニュアル④】土地探しの秘訣と注意点》
建築コンサルタントの”しみゆう”さんが、土地を探す際に押さえておきたいポイントを分かりやすく教えてくれていますよ!

しみゆうさん曰く、自分に合った土地探しのパートナー選びが大切なのだそう。
「不動産にお願いするか住宅会社にお願いするか迷っている…」
という方はぜひ、しみゆうさんのアドバイスを参考にしてみてくださいね!

また、「今から土地の契約をする」という方にもこちらの記事はおすすめ。
売買契約の注意点についても詳しく書いてあるので、契約の前にぜひ読んでみてください。

他にも、ブログ『IEsaku』には家づくりの際に役立つ情報が多数掲載されています。マイホーム計画中になにか疑問が生じた際は、こちらのブログをチェックすることで解決策を見つけられるかもしれませんよ♪

【参照元】
https://iesaku.com/house-building-manual04



(2)《ウォークインクローゼット》住んでみて思う理想の間取り


《ウォークインクローゼット》住んでみて思う理想の間取り.jpg


「新居には絶対ウォークインクローゼットが欲しい!」
という看護師さんも多いのではないでしょうか。
特に、洋服や小物に夢中のオシャレさんは、大容量の収納が期待できるため何となく憧れに近いものを持っている方もいるかもしれません。
だけど、ただ憧れだけで「あればいい」という感覚だったらちょっと待って!
ぜひ参考にしていただきたい記事があるんです。

それが『後悔しないおしゃれな一戸建てを建てるためのブログ』
内にアップされている《《ウォークインクローゼット》2畳は狭い?!住んでみて思う理想の間取り*》の記事。
ブログ執筆者のayumiさんが、ご自宅のウォークインクローゼットの使い勝手について綴られています。

ayumiさんによると、ご自宅のウォークインクローゼットは2畳分の間取りとのこと。
住んでみて実際に使用した感じは、ちょっと狭いのでもう少し広いほうが理想なのだそうです。
ただ、アップされている写真を見てもわかるように、非常にキレイに収納されています。
現実的に、収納する分には事足りているそうで、要らない服が増えることを考えるとほどよい広さのようです。
また、ウォークインクローゼットが、洋服選びをもっと楽しくさせてくれるオシャレ空間になっていることも綴られています。
お姫様気分を味わえるような、居心地の良い空間を作ってみてはどうでしょう?

こちらのブログ内には、ホワイトを基調としたシックな佇まいのご自宅の様子も公開されています。
ご自身の体験談を交えた成功・失敗のポイントもまとめられているので、ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね♪

【参照元】
http://xn--t8j0a7bp8j5b2ipa02ammhd8d9149box5byfk.com/3897.html



(3)【間取り】子ども部屋の壁を無くした件


【間取り】子ども部屋の壁を無くした件.jpg


ブログ『小さいおうち:住友林業で建ててみる – 26坪2階建てBF構法』の管理人みみさんは、2階の間取りで悩んだそうです。
その様子が綴られているのが《【間取り】子ども部屋の壁を無くした件》という記事。

まずは、階段の配置や仕様に頭を悩まされたのだそうです。
というのも、階段によって2階の間取りが左右されるため、当時は慎重にあらゆる方向から可能性を探ったんだとか。
その間取りの決定によって確保できた子ども部屋は、7畳ほど。
お二人のお子さんが使用するためにはもう少し広さが欲しいということで、ロフトの設置の他、思い切って"階段室とこども部屋との境をなくした"のだそうです。
子ども部屋の扉をなくしたことで、最初のコンセプト通りに"子どもが引きこもれない間取り"が実現した、と語られています。
では、実際にその壁がない空間がどのような設計なのか気になりませんか?
詳しくは、記事内にアップされている写真をご覧ください。

こちらの記事以外にも、ブログにはキッチンやバスルーム、玄関まわりなどスポットごとにまとめられた見応えある記事もエントリーしています。
くまなくチェックすることでマイホーム設計のヒントが得られるかもしれませんよ!
【参照元】
http://chisaiouchi.com/2017/05/【間取り】子ども部屋の壁を無くした件/



(4)収納は奥行をよく検討した方がいい


収納は奥行をよく検討した方がいい.jpg


『設計士が趣味で間取りを語るブログ』の執筆者・いそまるさんは、設計事務所での勤務経歴を持つ二級建築士。
現在は専業主婦をされているそうですが、自身の経験を活かし、専門家の視点で切り込んだ内容が綴られています。

その中から今回注目したのが、この《収納は奥行をよく検討した方がいい》という記事。
どうしたら効率的に収納できるのか、というテーマに基づいて記載されています。

結論からいうと、"奥行"を検討することが収納術のコツなのだとか。
マイホームの設計段階で、現在の収納状況から部屋ごとに収納する物をイメージして、収納に必要な奥行を計算した間取りにするといいそうです。
ちなみにこの記事では、1マス×1マス(910×910など)の収納計画時の間取りを例に挙げて紹介されています。
イラストが添付されているため、完成をイメージしやすいのではないでしょうか。

また、ブログにはプロ目線での空間作りや実用的なスペース活用など興味深い記事が豊富にラインナップしています。
しっかりチェックして、ぜひマイホーム計画に活かせそうな記事を探してみてくださいね♪

【参照元】
http://isomaru8989.blog.fc2.com/blog-entry-310.html



(5)実際どうなの?吹き抜けの率直な感想


実際どうなの?吹き抜けの率直な感想.jpg


専業主婦の犬野ぽち子さんのお宅は、築浅の一戸建て。
吹き抜けのあるデザインが特徴で、開放的な空間に一目惚れをして中古物件を購入したそうです。
ところが、吹き抜け構造にはメリットがある一方でデメリットもあるんだとか。
そこで、《実際どうなの?吹き抜けのデメリットに対する率直な感想》という記事に、吹き抜けの家に住む人を悩ます3つのポイントについての経験談をまとめられています。

犬野さんが注目したのデメリットとは以下の3つ。
・空調管理の難しさ
・生活音が響く
・料理のにおいが2階にこもる

これらは吹き抜けの家に住む方の悩みであり、犬野さんも実際にマイホームで検証を試みました。
記事にはその結果が綴られています。
家の構造によって感じ方は変わってくるかもしれませんが、吹き抜けの家に憧れを持つ方は参考になるのではないでしょうか?

また、犬野さんのブログ『ぽちこもり暮らし』には、自身の家の間取り図や写真をアップしたWeb内覧会、家づくりなどのカテゴリーが設けられており、マイホーム購入のヒントになる記事がラインナップしています。
「いつかは自分の理想の住まいを手に入れたい!」そんな方は、ぜひ一度アクセスしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://pochikomori.com/myhome/douhukinuke



(6)住んで分かった2階浴室&洗面所のメリットとデメリット


住んで分かった2階浴室&洗面所のメリットとデメリット.jpg


『書庫のある家』は、nerona(ねろな)さんとneromi(ねろみ)さんご夫婦が運営しているブログです。
タイトルにもあるように、1階に書庫がある家に住んでいるお二人は、ブログの中にマイホーム作りの記録や節約術、税金に関する記事などを執筆。
マイホーム購入を検討中の方のために、参考になる情報を発信されています。

たとえば《住んで分かった2階浴室&洗面所のメリットとデメリット(Web内覧会#32)》の記事もその一つ。
ここには浴室や洗面所を2階に配置し、プライベート空間を1箇所にまとめた自宅の長所と短所が書かれています。
浴室と洗面台という水回りを2階に設けるという斬新な発想は、ハウスメーカーにとっても珍しいパターンだったんだとか。
そのため、メリットもデメリットも他にはないユニークな内容になっています。

マイホーム建築は人生の転機ともいえる大きな買い物。
だからこそ、こだわりを持つのは当たり前ですよね。
neronaさん・neromiさんご夫婦のように、オリジナリティーに溢れたオンリーワンの家に憧れを持つ方は、上記の記事はきっと読み応えがあることでしょう。
ぜひアクセスして、隅々まで中身をチェックしてみてくださいね!

【参照元】
https://shokonoaruie.com/myhome32/



(7)WEB内覧会 -お風呂- お金をかけずユニットバス


WEB内覧会 -お風呂- お金をかけずユニットバス.jpg


『新築一戸建てブログ』は、実際にマイホームを建築された管理人さんが、2013年より更新しているブログです。
間取りに関することや、実際の工事の様子、さらには新居での生活の様子などさまざまな内容の記事が綴られていて、読み応えバッチリ!
マイホームを計画している方が参考にしたくなる情報もたくさん掲載されています!

その中から今回ご紹介するのは、《WEB内覧会 -お風呂- お金をかけずユニットバス》の記事です。
お風呂に対してそこまで強いこだわりが無かった管理人さんは、一般的なユニットバスを選択されたとのことですが、お風呂の写真からはおしゃれな雰囲気が伝わってきます。
とくに、木目調の正面パネルは落ち着きがあって素敵♪お風呂で過ごす時間がより一層リラックスしたものになりそうです。
広々とした浴槽も、癒やしの時間を演出してくれるに違いありません。
さらに、床が乾きやすいのも、掃除のしやすさにつながりそうですね☆

自分の理想に合うお風呂を選べば、毎日幸せな気分を味わえるはず!詳しいお風呂内装レポートを読んで、マイホーム計画の参考にしてみては?

【参照元】
http://oirt.info/archives/953



(8)北向きの間取りも捨てたもんじゃない!3つのメリット。


北向きの間取りも捨てたもんじゃない!3つのメリット。.jpg


「良い家を建てるためには、セオリーからはみ出しても良いのでは?」そう述べるのは、ブログ『僕の失敗。マイホーム編。』の運営者さん。
彼はマイホームを建てる際に、メインの居住空間を北側に設定するという型破りなアイデアを実行しました。

多くの人は採光を重視して、家を建てる際には南向きの間取りを採用しますが、ブログの運営者さんにとっては南からの採光は強すぎたり、室温の上昇が気になったんだとか。
しかも、北側の方が景観が良かったこともあり、南向き設計よりも北向き設計の方にメリットを感じたそうです。
既成概念を破ったマイホーム作りは一見すると迷走のようにも思えますが、その理由がしっかりと綴られたこちらの《【注文住宅 間取り】北向きの間取りも捨てたもんじゃない!3つのメリット。》を読むと、「なるほど!」と納得をさせられます。

快適だと感じるものさしは人それぞれ。
この記事を読むと、理想のマイホームを手にするためには「柔軟な発想も必要なのでは…」という気持ちにさせられます。
家を建てたり、購入予定のある方は、ぜひ一度目を通してみてはいかがでしょう?
自分らしい住まいづくりのヒントが得られるかもしれませんよ。

【参照元】
http://www.bokunosippai.com/entry/re-kitamuki



(9)家が建つまでの経過をまとめていく~前編~


家が建つまでの経過をまとめていく~前編~.jpg


2016年10月に念願のマイホームを完成させたKeiさんは、自身のブログ『けいぶろぐ』に家作りの奮闘記を書き綴っています。

その全容がわかりやすくまとめてあるのが、《家が建つまでの経過をまとめていく~前編~》の記事。
過去にアップした記事を振り返りながら、着工してからおよそ3ヶ月の間の経過が記されています。

堀削工事を開始して大量の解体ゴミが出てきたり、Keiさんが出張で棟上げを見られなかったり、フローリングでトラブルが発生したりと、色々な出来事が赤裸々に綴られていました。
その内容からは、Keiさんが理想の家を建てることへの強い信念、そして家を作ることに対する喜びが伝わってきます。
こだわりの詰まった家が形になっていく様子を見れば、ますます「マイホームが欲しいな」という気持ちにさせられますよ♪

他にもブログ上には、建材の「施主支給」の話、住宅ローンの話など、マイホーム建築で押さえておきたい情報がアップされています。興味がある方は、ぜひサイト全体を覗いてみてくださいね!

【参照元】
http://www.keiblog.net/entry/2017/02/07/121644



(10)【Web内覧会】タタミコーナー!&ちょっと残念ポイント!編


【Web内覧会】タタミコーナー!&ちょっと残念ポイント!編.jpg


「畳の部屋がほしいけど、和室を設ける余裕はない…」そんな方にぜひ読んでほしいのが、こちらの記事《【Web内覧会】〜*タタミコーナー!&ちょっと残念ポイント!編*〜》

結婚を機に田舎に移住し、家を建てたぐーままさんが、リビングの隣に設けた畳スペースを紹介してくれています。
ぐーままさんによると、のんびりしたり、ダラダラしたりするときのために作ったそうですが、机や本棚を設置した3畳分のスペースはブログの執筆やお子さんのお昼寝場所としても大活躍♪
しかし、コンセントを至る所に付けすぎてしまったという反省点もあったとのこと。
良かれと思ってやったことが、裏目に出てしまったようです。
とはいえ、この3畳のスペースは、ぐーままさん一家にとってはお気に入りの場所なんだとか♡
洗練されたオシャレな空間もステキですが、ホッコリできる空間も良さそうですよ!

また、この記事が掲載されていた『ぐーまま日誌』には、他にもぐーママさんのお家のこだわりのポイントが載っています。
いろんな記事をチェックすることで、理想のマイホームづくりの役に立つのではないでしょうか。

【参照元】
http://yachitaya.com/blog/2017/09/02/post-1755/



(11)ダウンライトには家が広く見える効果あり。掃除の手間も省けます


ダウンライトには家が広く見える効果あり。掃除の手間も省けます.jpg


家づくりの中で、お部屋の雰囲気をガラリと変えるのが照明。
2016年の春頃に家を建てたチャーミーさんは、照明に"ダウンライト"を採用したのだそう。

《【家づくり】ダウンライトには家が広く見える効果あり。掃除の手間も省けます》の記事の中では、実際に"ダウンライト"を使って感じたことや設置時のポイントが綴られています。
"ダウンライト"とは、天井に埋め込んで取り付ける照明器具のこと。チャーミーさん自身、"ダウンライト"のおかげで天井が広く見えたり、照明の掃除の手間が省けたりと嬉しいメリットを感じているよう。

また、家づくりのポイントとして、"ダウンライト"を設置した箇所と光の色合い、そしてコストのことなども書かれています。
ぜひ、快適な空間をつくる為の参考にしてみてくださいね!

上記が記載されている『幸せあふれる小さなおうち』は、チャーミーさんがシンプルな暮らしを目指し、家も心も整えていく様子を記したブログです。
家づくりの知恵をはじめ、ミニマル生活のコツやメリットなど、快適に生きる為のヒントが詰まっています。
「好き」を形にしたマイホームでシンプルに生きる。そんな毎日を送りたい方は、きっと欲しい情報に出会えるはずですよ♪

【参照元】
http://www.makeahappyhome.com/entry/downlight



(12)超ローコスト住宅、家って一体いくらから建てられる?


超ローコスト住宅、家って一体いくらから建てられる?.jpg


「家っていくらから建てられるんだろう?」
そんな疑問に答えてくれるのが、こちらの《超ローコスト住宅、家って一体いくらから建てられる?》という記事。
執筆者のjunさんが、家を建てられる最低賃金をリサーチした結果を教えてくれます。

ここでは、500万円台で建てられる家、500万円を下回る家がピックアップされており、それぞれの家の特徴や面積の広さが掲載されています。
「できるだけ安く建てたい」「建設費用の相場を詳しく探りたい」
という方は、一読しておくことをオススメします!

『青いおうち』は、junさんのマイホームづくりの記録を綴ったブログです。
建築会社との契約・土地購入・建築設計の打ち合わせなど、家づくりの詳しい内情が書かれた記事がエントリーしています。
しっかりチェックしておくことで、マイホーム計画をスムーズに進める為に役立つかもしれませんよ♪気になる方は、ぜひアクセスしてみてくださいね。

【参照元】
http://blue-myhouse.com/ultra-lowcost-house



(13)お風呂・脱衣所・棚・洗面台・洗濯機 理想の並び順を探せ!


お風呂・脱衣所・棚・洗面台・洗濯機 理想の並び順を探せ!.jpg


住みやすさを考える上で、しっかり考慮しておきたいのが"家事動線"。
"家事動線"とは、炊事・洗濯など家事をする人が動く経路のことを指します。
この経路のつくりが自分に合っているかどうかは、毎日の家事の効率に大きな影響を及ぼします。

そんな"家事動線"について語られているのが、《【写真で確認】お風呂・脱衣所・棚・洗面台・洗濯機 理想の並び順を探せ!》という記事。
執筆者のさいとうゆうこさんは、素敵な"家事動線"に憧れてはいたものの、土地の関係で家族の動きやすさを優先することにしたそうです。

そんな中、少しでも家事負担を軽減するために注目したのが「洗濯機周り」。お風呂場での自分・家族の動きと流れを想像して、ベストな配置の形を導き出しています。
理にかなった配置理由が記載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!
またここでは、自分たちの生活をきちんと把握して、設計士に伝えることの大切さも教えてくれます。

ブログ『『涼温な家』30代夫婦と子供2人の4人家族が建ててみた』では、換気を主にしてエアコンを従にした「涼温の家」を建てるまでの記録や実際の住み心地がまとめられています。
「涼温の家」に関心がある方はもちろん、マイホーム計画を考えている人にとっても為になる情報が満載です!
じっくり目を通して、理想の家づくりに役立つ知識をゲットしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
https://ryouonnaie.blogspot.jp/2017/08/blog-post_29.html



(14)家庭内でもめにもめた外壁&飾り雨戸の色がついに決定!


家庭内でもめにもめた外壁&飾り雨戸の色がついに決定!.jpg


『こだわりすぎるA型ママのおしゃれな輸入住宅づくり』は、管理人の"こだわりAママ"さんが、おしゃれな輸入住宅を建てるまでの奮闘記をまとめたブログ。
《家庭内でもめにもめた外壁&飾り雨戸の色がついに決定!》の記事では、家づくりを進める中で物議をかもした外壁の配色決めの様子が綴られていました。

こだわりAママさんが外壁として希望していたのは「クレアブルー&ブライトホワイト」の色。
サンプルだとグレー寄りの「ブルーグレー」の色味で、旦那さんも気に入っていたそうですが、実物を見ると光の当たり具合でかなり「可愛らしい水色」になってしまうことが判明。
そのため、旦那さんは「ご近所で浮いてしまうのではないか」と危惧していましたが、最終的にこだわりAママさんの熱意が勝ち、第一希望の「クレアブルー&ブライトホワイト」に決定しました。

外壁の色は、いわゆる家の顔。家づくりで一番気にする部分だといっても過言ではありません。上記の件のように、一人一人の意見がぶつかることもあるでしょう。
理想的な家を完成させるには、こだわりAママさんのように実物を見てメリット・デメリットをしっかりと把握することが大切です。懸念点を洗い出した上で自身に「どうしたいのか」を問い、本当に納得いくマイホームを完成させましょう!

その他、ブログ内には家づくりを進める中で起きた出来事に加え、マイホーム完成後のお家をお披露目したWeb内覧会の記事もアップされています。
「家づくりの流れが知りたい」「どんなお家になったか気になる」
という方は、ぜひ一度サイトにアクセスしてみてくださいね♪

【参照元】
http://kodawarimamahouse.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!