お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

体の芯から温まりたい看護師さん必見!美味しい鍋を楽しめるスポット特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1644_top.jpg

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。
またお出かけの際は、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

寒い季節は、体の内側から温まりたいですよね。「冬は鍋に限る!」という看護師さんも多いのではないでしょうか?全国には、自宅では味わえないような絶品鍋やビジュアル系鍋を提供してくれるお店があるので、今回はそのレビュー記事を紹介しましょう♪

cta_banner_070.jpg

目次

(1)くまちゃん温泉!札幌でインスタ映えメニューを全国初提供!

おにやんグルメ.jpg

おにやんさんが運営しているブログ『おにやんグルメ』には、札幌のグルメ情報が満載です。
和洋を問わず、さまざまなお店のメニューと実食レポートが載っているので、札幌で食べ歩きをするときの参考になりますよ。

今回紹介するこちらの記事《くまちゃん温泉!札幌すすきのでインスタ映えメニューを全国初提供!》もその1つ。
ここでは、札幌市中央区にある“北海道めんこい鍋くまちゃん温泉”というお店で味わえる、可愛らしいビジュアルの鍋が取り上げられていました。
おにやんさんによると、その鍋はしゃぶしゃぶで、メイン食材と出汁を6種類の中から、シメの食材は3種類の中から選ぶことができるのだとか。
また、チョイスした出汁はキュートなくまの形をした固形状のもので提供されるため、鍋に投入するとくまちゃんが入浴しているように見えるそうですよ。

記事には、おにやんさんが注文した[特選めんこいセット坦々スープ味]の写真がアップされていますが、食べるのを躊躇してしまいそうな愛らしい鍋に驚かされます。
しかも、気になるお味も申し分なく、薬味や調理料を加えると味の変化も楽しめるので、女子会や家族で食事をするときにオーダーすると、「見てよし!」「食べてよし!」で、大いに盛り上がることでしょう。
お店や鍋の情報は、本文に詳しく書かれているので、札幌にお出かけ予定のある看護師さんは、ぜひチェックしてみてくださいね!

【参照元】
⇒くまちゃん温泉!札幌すすきのでインスタ映えメニューを全国初提供! | おにやんグルメ

(2)【一番町】伊達のいろり焼 蔵の庄でせり鍋を食べてきました

すもひよ.jpg

ブログ『すもひよ』に、日常の出来事をはじめ、インコとカメとの暮らしや宮城県のグルメに関する記事を綴っているきょおとさんが紹介してくれるのは、仙台名物のヘルシーな鍋。
タイトル《【一番町】伊達のいろり焼 蔵の庄でせり鍋を食べてきました》という記事には、きょおとさんが友だちと訪れたお店で食した、冬季限定の[せり鍋]のことが綴られていました。

この記事に登場するお店は、仙台市の繁華街である一番町商店街に店舗を構える“伊達のいろり焼 蔵の庄 一番町本店”。
店舗の中央には調理を行う囲炉裏が置かれており、落ち着いた雰囲気の中で地元の食材をふんだんに使った美味しい和食をいただくことができるそうですよ。
また、11月中旬から2月末にかけては、せり鍋も提供されており、きょおとさんによると、その味は独特な香りがするもののクセがなく、シャキシャキとした歯ごたえと鶏肉の旨味が和風出汁と相まって、とても箸が進むのだとか。
日本酒にもよく合うとのことなので、仙台で熱々のご当地鍋をつつきながら、晩酌を楽しみたいときには、ぜひせり鍋と和食が堪能できる蔵の庄に注目してみてくださいね!

こちらのお店は、せり鍋以外にも、山のように盛られたごぼう揚げや囲炉裏で焼いた金華さばなど、ほかにもお酒の肴にぴったりのメニューがあるので、お酒好きの看護師さんは至福のひとときが過ごせるのではないでしょうか。

【参照元】
⇒【一番町】伊達のいろり焼 蔵の庄でせり鍋を食べてきました | すもひよ

(3)【東茨城郡】安い&おいしいあんこう鍋の店「親潮」でランチ!

Hatrip.jpg

寒くなると、「肌の乾燥や体の冷えに悩む!」という看護師さんは多いと思います。
そんな方におすすめしたい鍋料理が、ブログ『Hatrip』に掲載されていました。

《【茨城県東茨城郡】どぶ汁という言葉はNG!安い&おいしいあんこう鍋の店「親潮」でランチ!(最寄駅は大洗駅/那珂湊駅)》という記事によると、東茨城郡の“親潮”というお店では、[あんこう鍋]をいただくことができるそうです。
筆者のはとサブ子さん曰く、あんこうは脂肪分が少なく、コラーゲンが豊富なのだとか。
そのため、美肌効果が期待できますよ。
しかも、親潮ではあんこう鍋の提供方法にもこだわっているため、味も絶品とのこと。
ただし、来店の際には予約が必要で、言ってはいけないNGワードもあるそうなので、注意が必要だとはとサブ子さんはいいます。

記事には、親潮のあんこう鍋の紹介とともに、予約や来店時に気をつけるべきポイントもまとめられているので、興味がある方は本文を一読してみてくださいね。
親潮には独自の厳しいルールがあるものの、鍋以外の料理も「外れがない」と評判なので、足を運んでみたくなるかもしれませんよ♪

【参照元】
⇒【茨城県東茨城郡】どぶ汁という言葉はNG!安い&おいしいあんこう鍋の店「親潮」でランチ!(最寄駅は大洗駅/那珂湊駅) | Hatrip

(4)【鶏料理ひとりひとり】濃厚な鶏スープのお鍋が美味しい鳥料理屋

ぱんちゃんグルメ.jpg

ブロガーのぱんちゃんさんが、ランチやディナー、ティータイムなどで利用したお店を紹介している『ぱんちゃんグルメ』からは、《【鶏料理ひとりひとり】三宮 濃厚な鶏スープのお鍋が美味しい鳥料理屋》という記事をピックアップしてみました。

神戸市中央区にある“鶏料理ひとりひとり”というお店は、九州から仕入れた鮮度抜群の鶏肉を使った料理が評判のお店。
なかでも、14時間煮込んで作った純度100%のスープを使用する“鶏鍋”は人気が高く、コースや単品で注文できるため、ぱんちゃんさんは単品で鶏鍋を3人前、シメにラーメンを1人前頼んでみることにしたそうです。

すると、運ばれてきた鍋のスープは白湯スープのように濃く、たっぷりと入った野菜の中につくねや鶏肉を投入すると、驚くほど美味しい味に仕上がったのだとか。
しかも、濃いわりには塩分控えめのスープはごくごく飲めるほど絶品で、薬味や調味料を加えて味を変える必要もなかったとぱんちゃんさんは語っています。
鍋の後のシメのラーメンもぺろりと平らげてしまうくらい美味しかったようなので、神戸で鍋を食べるときには、ぜひお店選びの選択肢に加えてみてはいかがでしょう。

鶏料理ひとりひとりは、平日でも満席になるほど人気のお店なので、行ってみたい方は、記事に記載されている店舗情報をもとに、予約をしておくほうが安心かもしれませんよ。

【参照元】
⇒【鶏料理ひとりひとり】三宮 濃厚な鶏スープのお鍋が美味しい鳥料理屋 | ぱんちゃんグルメ

cta_banner_070.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加