1. 看護師求人TOP
  2. 福岡県の看護師求人

福岡県の看護師求人/転職/募集

福岡県の看護師求人

福岡県の地域情報

福岡県は、モツ鍋やラーメン、うどんなど美味しいものが沢山あり、「博多どんたく港まつり」や「博多祇園山笠」などの伝統行事が長く続けられている県です。

福岡県の総人口は、約510万人(※1 日本の統計2018より)で、そのうち15歳未満は約68万人で、15歳~64歳は約308万人。
そして65歳以上は約136万人(※1 日本の統計2018より)となっています。
65歳以上の人口の割合が大きい福岡県は、高齢化率が40%を超える少子高齢化が深刻な問題となっている地域もあります。

そんな福岡県の精神科病院と一般病院に通院する1日あたりの平均外来患者数は、約5.6万人(※2 厚生労働省 病院報告(平成30年5月分概数)より)。
人口1人あたりの医療費については、約38万円(※3 厚生労働省 平成27年度 国民医療費の概況より)と、全国平均よりも約5万円ほど上回る結果となっています。

福岡県の求人の特徴

福岡県内で勤務する看護師さんの平均年収は、約432.3万円(※4 厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査より)という結果になっており、全国の看護師平均年収よりも約46万円ほど下回っているのが現状です。
福岡県内で働く人と比較しても平均年収を20万円ほど下回る結果となっていますが、九州地方全体の看護師さんの平均年収の中では一番高い数値となっています。

そして、ここで求人情報を見る際に注意していただきたい2点について解説します。
それは、給与と休日についてです。求人票でよく見かける「年収」と「月給」には、違いがあるのをご存知ですか?
年収とは、月給×1年分+賞与のことを指し、月給とは基本給に夜勤や通勤などの各種手当てが加算された給与のことを指します。

また、休日については、「週休2日制」と「完全週休2日制」の2つの違いを把握しておくことが大切です。
週休2日制は、ひと月の間にどこかの週で2日お休みがあれば週休2日制と明記することができます。
このことから、職場によってお休みがあまり確保できないというところもあるので注意してください。
そのため、プライベートや家庭を大切にするためにお休みをしっかりと確保したい方は、完全週休2日制と明記されてある求人を探していきましょう。

理想の職場で働くためにもしっかりとした下準備をして転職活動に望むことをおすすめします。

福岡県の病院・看護師事情

九州地方トップの求人数を誇る福岡県の看護師求人数は、5,619件(※5 看護のお仕事 求人データ(2018年9月末時点)より)あります。

その中でも主要都市である福岡市と北九州市には、大学病院や総合病院、一般病院などが数多くあるのも特色の一つ。
そんな福岡県全体の病院数は460施設で、そのうち療養病床を有している病院は218施設(※6 厚生労働省 医療施設動態調査(平成30年6月末概数)より)あります。

また、福岡県では、正看護師・准看護師の資格をお持ちの看護師さんは、合計約6.9万人(※7『平成29年看護関係統計資料集』日本看護協会出版会編集より)在籍。
2016年度の正規雇用看護師の離職率は11.9%(※8「2017年病院看護実態調査」 結果報告(公益社団法人日本看護協会広報部)より)と、全国平均よりも少し高い数値となっていますが、膨大な求人数があるので、自分のライフスタイルと照らし合わせながら理想の職場を吟味するのもいいかもしれません。

福岡県周辺の都道府県の求人の特徴

福岡県は、九州地方の中では、一番求人数が多く平均年収も高いので、何も不満はないかもしれませんが、福利厚生の面で充実している他県に目を向けてはいかがでしょうか?

例えば、大分県は平均休日数が107日(※9 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)より)あり、福岡県よりも若干多いのが特徴です。
仕事も大切にしたいけど、プライベートや家庭も充実させたい方におすすめです。

また、佐賀県は、託児所ありの求人が半分以上(※9 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)より)あるので、子育てしながらしっかり働きたいママさんナースにピッタリ。
さらに、自家用車通勤を許可している求人も全体の約80%(※9 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)より)を占めていて多いので、天候や公共交通機関の時間を気にせずに快適な通勤を叶えたい方には最適な地域です。

出典元
  • ※9 看護のお仕事 常勤求人データ(2018年9月末時点)

市区町村で絞り込む 路線・駅から探す

条件で絞り込む

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。