お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

ユーザーの悩みやニーズに寄り添った医療系ITサービスを開発・提供している企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT技術の普及により、ユーザーのリアルな悩みや現状を汲み取った、利便性の高いサービスが次々と登場しています。

本記事で紹介するのは、妊活支援サービスを開発している企業、看護師キャリア管理ツールを開発している企業、インシデント管理システムを開発している企業です。どの企業も、ユーザーである医療関係者のニーズに寄り添った、きめ細かなサービスを提供しています。

目次

株式会社ファミワン

株式会社ファミワンは、妊活に関するサービスを開発・運営しています。

「夫婦間で妊活に温度差がある」「なかなか最適な妊活が行えない」「不妊治療のやめ時がわからない」など、妊活に関する悩みを抱いている方は多いです。しかし、妊活の悩みは当事者以外に理解してもらえないことも多く、なかなか打ち明けにくいのが現状でしょう。例え相手に悪気がなくとも、不用意な発言に傷つくケースも多々あるようです。

妊活には正解がありません。にも関わらず、インターネットには「こうすれば妊娠しやすい」といった、根拠のない情報があふれています。そのため、自分たちだけで解決しようとすればするほど、真偽不明の情報に惑わされて疲弊してしまう…という結果に陥りがちです。

           ▲画像提供:株式会社ファミワン

同社は、こうした妊活の現状を、そして妊活への考え方を変えるべく、不妊症看護認定看護師や臨床心理士等による各種サービスを提供しています。妊活中の方が肉体的・精神的・経済的に追い詰められないよう、周囲の皆で支えていけるような社会を目指しています。

妊活コンシェルジュ「ファミワン」

ファミワンは、LINEを利用した妊活サポートサービスです。「どの病院を受診するべきか教えてほしい」「仕事と妊活の両立方法がわからない」「不妊治療にいくらかかるのか知りたい」といった妊活に関する相談に対し、不妊症看護認定看護師や助産師、臨床心理士/公認心理師、胚培養士、ピアカウンセラーといった妊活のスペシャリストが、適切なアドバイスを行っています。LINEの友達登録を行えば無料で利用できる、相談のしやすさがポイントです。

「妊活ライブ」

     ▲妊活ライブアーカイブ一覧/画像提供:株式会社ファミワン

妊活ライブは、妊活に関するライブ動画を配信するサービスです。
会員登録すると、「不妊治療の悩み」「お金のこと」などをテーマにした、妊活の専門家によるレクチャー動画を視聴できます。また、リアルタイムライブ中の質問も可能です。
アーカイブ動画は3分程度のものが多いので、病院の待ち時間や家事のスキマ時間などを利用して気軽に視聴できます。

「企業の妊活・キャリアセミナー」

同社は企業に対し、従業員向け妊活・不妊サポートを福利厚生サービスとして提供しています。厚生労働省の調査によると、不妊治療中の女性の約2割が、職場における不妊治療への支援・配慮不足などを理由に、退職を経験しているとのことです。

そこで同社は、企業風土そのものを変えるべく、妊活中の従業員サポートのほか、管理職をはじめとした社員向けの啓発セミナーなども行っています。妊活中の従業員にとって働きやすい環境を整備することは、有能な人材の確保にもつながります。

特に、女性の多い看護師業界にとって、この問題の解決は人手不足の解消等にもつながる事象といえるでしょう。何かと生活リズムが安定しにくい看護の現場でもこうした福利厚生が根付けば、妊活と仕事を両立できる方がさらに増えるかもしれません。

詳細情報

株式会社ファミワン

スキルインフォメーションズ株式会社

医療機関向けシステムや医療機器、企業・自治体向けシステム、フォントなどを開発・販売しているスキルインフォメーションズ株式会社。ゆとりある豊かな社会の実現に向け、独自の情報技術を活用したサービス・製品を提供しています。社会や産業構造の変化にいち早く対応し、改革を続けている企業です。

看護師キャリア管理ツール「スタッフキャリア」

スタッフキャリアは、看護師のキャリア開発や教育状況などの管理を支援するツールです。看護師教育を行ううえで、スタッフ一人ひとりの研修の受講状況や習熟度を把握することは大事なことです。また、看護師自身が成長記録を振り返ることも、大きな飛躍につながります。

しかし、各情報の保管方法が書類やエクセルなどで異なる場合、これらをすべて手作業で照合して把握・管理しようとすると、膨大な時間と手間がかかってしまいます。そこで同社は、看護師のキャリア開発管理と教育管理業務を一元管理できるシステムを開発しました。

        ▲画像提供:スキルインフォメーションズ株式会社

同ツールでは、研修申請者や受講者の一覧などを、ボタン1つで表示およびデータ出力できます。各種資料を手集計する必要がないので、教育担当者の作業時間の大幅な削減が叶います。必要な機能のみを搭載したシンプル設計で操作性も高いシステムとなっています。

ラダーレベル別評価項目や新人看護職員研修評価では、自己評価入力と評価者評価の入力ができ、入力された評価結果の集計までできるため、管理者の業務を強力にサポートします。
eポートフォリオでは、看護師の基本情報はもちろん、研修履歴や資格、研究実績、委員会活動などを可視化できるので、キャリア管理・支援にも役立ちます。

       ▲画像提供:スキルインフォメーションズ株式会社

現場のスタッフにとっても、紙で研修計画を確認する必要がない、受講申請がしやすいといったメリットがあります。履歴はポートフォリオに自動記録され、自己の研修の申請・進捗状況や各種評価などの確認もしっかりと行えます。そのほか、eラーニングで、都合のよい時間に自己学習することができる機能も兼ね備えています。

同ツールがもたらすもの

人材育成や目標実現、教育体制づくりなど、同ツールの活用方法は多種多様です。ツールの導入によって業務効率が上がれば、コスト削減や離職率の低下などにもつながるでしょう。

実際に同ツールを導入した現場の教育管理者からは、「職員一人ひとりの成長度合いが把握できるようになった」「キャリア志向の確認およびキャリア支援がしっかり行えるようになった」「管理業務が非常に楽になった」といった声が寄せられています。
新人看護師や他のスタッフからも、「自己評価や管理、過去の振り返りがしやすくなった」「目標設定がしやすい」と高い評価を得ています。

詳細情報

看護師キャリア管理ツール「スタッフキャリア」
院内教育.com

株式会社テクニカルイン長野

システムの企画立案やソフトウェア開発、保守サポートなどを行っている株式会社テクニカルイン長野。創業以来培ってきた実績と経験を活かし、顧客の課題解決に適したソリューションを提案しています。

医療安全推進:インシデント管理システム「Smart Risk Manager」

    ▲Smart Risk Manager/画像提供:株式会社テクニカルイン長野

Smart Risk Managerは、医療現場の安全対策をサポートするリスクマネジメントシステムです。病院、診療所、検診施設、保険薬局等における医療安全活動をスムーズに遂行できるよう、インシデントレポート報告、レポートの確認・承認ワークフロー、集計グラフ、要因分析ツールといった多彩な機能を搭載しています。
インシデント報告画面は1ページ完結型で視認性が高く、マウスクリックによる選択方式が採用されています。そのため、パソコン操作が苦手な方も、すぐに使いこなすことができ、インシデント事例発生時には積極的に報告が行えるシステム設計になっています。
同システムの特長は、病院形態や規模に合わせ、インシデントレポートフォームや報告項目、選択肢などの運用条件を柔軟に設定できる点です。Webブラウザ対応なので院内端末をそのまま利用できるほか、専用ソフトをインストールする必要もありません。

また、日本医療機能評価機構の「医療事故情報/ヒヤリ・ハット事例収集システム」のコード項目に対応している点もポイントです。指定フォーマットで出力されるファイルをそのまま添付できるので、スムーズに事例報告が行えます。

さらに「転倒・転落事例詳細管理システム」「苦情(ご意見)・相談管理システム」「研修会/eラーニング管理システム」といったオプションシステムの追加により、医療安全統合システムとして活用することもできます。

使いやすさやリーズナブルな価格設定が評価され、同システムは多くの医療機関で導入されています。今後も現場の意見を反映し、機能の進化・拡充が行われる予定です。

          ▲画像提供:株式会社テクニカルイン長野

   要因分析ツールを装備、改善策の立案もサポート

ポジティブインシデントの共有にも活用できる

医療現場において、事故を防ぐことはもちろん大事です。しかし、インシデントは、得てして発生してしまうものです。そのため、医療安全管理の現場では、人的ミスは起きるものという前提のもと、ミスが起こった際に、いかにして安全を守るかを考えることが大事です。

つまりインシデントの発生は、インシデントの背景要因や、インシデントが重大事故に至らなかった原因を分析するための重要な手がかりにもなります。こうした「ポジティブインシデント」の共有という面においても、同システムは役立ちます。

詳細情報

株式会社テクニカルイン長野 Smart Risk Manager

cta_banner_070.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加