資格がなくても医療現場で働ける「看護助手」って、どんなお仕事?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2027_TOP_資格がなくても医療現場で働ける「看護助手」って、どんなお仕事?.jpg


医療の現場には、看護師資格を持たなくても勤務ができる「看護助手」という職業があります。看護師免許が要らないということで注目が集まっていますが、どんなお仕事なのか分からないという声もあります。

そこで今回は、看護助手という職業に詳しくスポットライトを当てていきたいと思います。


看護助手のお仕事内容


看護助手は、病院などの医療機関で看護師をサポートするお仕事です。医師や看護師が行う医療行為に関わることはできませんが、患者さんが診察や処置を受ける際の介助や移動補助、食事・排泄の補助などをこなすほか、身の回りのお世話なども行います。

看護師の指示に合わせて、備品の調達や整備、事務の補助、器具の洗浄・滅菌などの作業も行います。看護師の看護業務のサポートでありながら、患者さんの身近に立つ職業であり、なおかつ介護のお仕事にも似ていると言われています。

看護師が看護ケアに集中して取り掛かれるように補助する役割なので、裏方のようなイメージもありますが、医師や看護師だけでは手が回らない業務を幅広く担当するため、医療機関には欠かせない存在です。


看護助手が人気の理由


2027_看護助手が人気の理由.jpg


看護助手のお仕事は、平成22年から「看護補助者体制加算」と呼ばれる施策が打ち出されたことに始まります。高卒者であれば、看護師免許を持っていなくても仕事に入れるため、医療現場での仕事に興味のある方から看護師を目指している方まで幅広く人気があります。

医療従事者だけでは手が回らない、患者さんへの細かなケアや雑務までをこなし、介助・看護・事務業務などさまざまなスキルも身につく仕事であるため、看護助手を希望する割合は年々増加傾向にあります。

看護助手をしながら看護学校に通い、将来的に看護師を目指せるといったキャリアアップ制度が整っている職場もあります。サポート業務から医療現場の実状を把握しつつ、給与をもらい、人の役にも立てるというたくさんのメリットも人気の一因と言えるでしょう。

看護助手の中には、看護師のそばについてチーム医療のサポートを担ったり、患者さんの療養のケアをしたりと、医療に近い立ち位置で仕事をしている方も多いです。将来的に看護師や介護士を目指す場合、患者さんに近いところでお仕事をすることで実力がつき、看護力や介護力が磨かれてレベルアップにつながります。


看護助手の仕事は大変?



看護師の場合は、一人ででも的確に判断できるスキルが求められますが、看護助手は看護師の指示のもとでいろいろなお仕事をこなしていきます。指示を聞いて即座に行動に移せるスキルや、一人で勝手に判断をしない慎重さなどが求められます。

高卒者なら誰でも働けるということで人気は高いですが、医療行為が一切できない代わりに介護に近い業務を請け負うなど、体力が問われる部分も少なくありません。そのため、年齢を重ねるほどに体力的につらくなるという問題や、腰痛や肩こりなどの肉体的な負荷がかかってくる場合もあります。

どんな職業でもそれぞれに苦労はありますが、看護助手の場合は幅広く業務をこなせるスキルが必要になります。現場では即戦力になり、なおかつ「縁の下の力持ち」として活動できる方が求められています。


まとめ



看護助手は、これから看護師や介護士を目指そうとしている方や、高卒者だけれど医療の現場に関わってみたいという方にとっておすすめの職業です。

政府も看護助手を目指す人を積極的に後押ししており、キャリアアップ制度を活用すれば、看護師の側に立ってお仕事をすることも可能となっています。

サポート業務が中心ですが、医療の現場では常に患者さんのケアや回復に努めており、ミスの許されない環境です。そのような現場で活躍できる看護助手は、患者さん一人一人の目線に立ちながらスキルを磨ける、とてもやりがいのあるお仕事と言えます。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!