その土地ならではの気になるグルメ見ぃつけた♪看護師さんにも食してほしい絶品ソウルフードをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3057_TOP.jpg


旅行に行った先で堪能したいものの一つとして、その土地でしか食べられないソウルフードを挙げる方も多いのではないでしょうか?ソウルフードは、今や通販で買えることも多くなってきていますが、どうせなら現地で食べてみたいですよね。そこで今回は、日本の北から南まで、幅広い地域のソウルフードの実食レビューが綴られた記事を特集します!


(1)『金の字 本店』静岡市清水区の王道グルメ【もつカレー】!


sakuyaoi.png


『みなと町でも桜は咲くら』は、静岡県静岡市の観光、グルメを紹介しているブログ。
パワースポットや景勝地、お土産などジャンルごとに紹介されているので、静岡市巡りを考えている看護師さんは一度アクセスしてみてはいかがでしょうか?

ブログの中で今回ピックアップするのは、こちら《『金の字 本店』静岡市清水区の王道グルメ【もつカレー】発祥の老舗!》という記事。
静岡最強のソウルフード、"もつカレー"について紹介されていますよ!

管理人のさくやちゃんさんが向かったのは、なんと"もつカレー"発祥の老舗名店です。
さまざまなアレンジレシピが考案されている中、元祖"もつカレー"に舌鼓を打つ彼女。
記事によると、"もつカレー"は名古屋のご当地グルメ"どて煮"からインスピレーションを受けて作られたようです。
濃い味噌でじっくり煮込んだ柔らかいもつ、そこにカレーのスパイスを加えた"もつカレー"はまさに"どて煮"が進化したグルメといえそうですね。

彼女曰く、ベースのたれには野菜のセロリが入っているのだとか。
味噌の甘みとカレーのスパイス、セロリの独特な苦みが融合されたタレにたっぷり浸かったもつは絶品に違いありません♪
記事の中で彼女は、その"もつカレー"の味をしっかりと伝えているので、気になる方はチェックしてくださいね。

管理人のさくやちゃんさんは、静岡県の非公認ご当地キャラクターとして、静岡県のあらゆるスポット、グルメを紹介する活動をされています。
可愛いそのキャラクターにも癒されそうですよ!

【参照元】
https://www.sakuyaoi.com/entry/kinnoji



(2)宮崎県のチキン南蛮店【味のおぐらチェーン瀬頭店】に行ってみた


happylife-yokolab.png


『ハッピーLife☆よこらぼ』は宮崎が大好きな家族、よこファミリーが運営しているブログです。
宮崎のおすすめスポットやグルメ、イベント情報などが多数掲載されているので、宮崎に旅行に行く予定のある看護師さんはぜひ覗いてみてくださいね。

例えば、《宮崎県の老舗チキン南蛮店【味のおぐらチェーン瀬頭店】に行ってみた》は、「宮崎のご当地グルメを堪能したい!」という看護師さんにピッタリの記事♪
地元の皆さんに愛されている"チキン南蛮"の老舗、「味のおぐらチェーン」の紹介が行われています。
ここで取り上げられている瀬頭店は、宮崎駅から徒歩10分程度の場所にあり、旅行中でも足を運びやすいのが嬉しいですね。

店舗は、一昔前のファミリーレストランを彷彿とさせる佇まい。
その外観を見て、思わず懐かしさが込み上げてくる方も多いのではないでしょうか?
ウキウキ気分で店内に入り注文をお願いすると、ほどなくして名物の"チキン南蛮"が運ばれてきます。
タルタルソースがたっぷりとかかっており、見るからに美味しそう!
甘めのタレとの相性もバッチリで、一度食べだすとお箸が止まらなくなってしまうんだとか。

記事を参考に、ぜひ宮崎のソウルフードを味わってみてくださいね。

【参照元】
https://happylife-yokolab.com/ogurasegashira/



(3)滋賀県代表ご当地グルメ「近江ちゃんぽん」食べてきたよ


anotherfield.png


魚介ベースのスープに、野菜の甘みと旨味が麺に絡み合う深い味わい…。
想像するだけで舌が欲してしまいそうなこのグルメ、何だか分かりますか?

そう、滋賀を代表するご当地グルメ"近江ちゃんぽん"です!
それを紹介しているのが、こちら《滋賀県代表ご当地グルメ「近江ちゃんぽん」食べてきたよ》という記事。
筆者は"近江ちゃんぽん"を求め、1963年に創業された長い歴史を持つ、「ちゃんぽん亭総本家・長浜店」に向かったそうです。
今回筆者が注文したのは一番人気の"ちゃんぽん"で、豚肉と野菜がたっぷり入っていて、見ただけでもお腹いっぱいになってしまいそう!
なお、「ちゃんぽん亭総本家」の"近江ちゃんぽん"はお酢を入れて食べるのが通の食べ方だそうで、さっぱりと食べたい方にぴったりだといえそうです。

"近江ちゃんぽん"は他にも、チゲやゆず塩、味噌、あんかけといった変わり種もあるといいます。
オーソドックスな"近江ちゃんぽん"を味わうのも良し、変わり種近江ちゃんぽんに挑戦するのも良しですね♪

記事は『洗面器のカニ』というブログの中にあります。
気になる看護師さんは、一度ブログに足を運んでみてはいかがでしょうか?

【参照元】
http://another-field.com/?p=7632



(4)スープ入り焼きそばの名店こばや食堂 極上の一杯を堪能してきた


break01.png


『ネット生活で収入と自由な人生を手に入れる』は、40代のブレイクさんが管理人を務めるブログです。
株式投資やビットコイン投資、アフィリエイトなどを実践している彼のブログには、ネットで収入を得たいという方が参考にしたくなる情報がたくさん掲載されています。
その他、趣味や映画に関する話題も豊富なので、共通の趣味を持つ看護師さんはぜひ覗いてみてくださいね。

今回は、ブレイクさんが那須塩原方面へドライブしたときに立ち寄った店舗と、その人気メニューについて書いてある記事を紹介したいと思います。
それがこちら、《スープ入り焼きそばの名店こばや食堂 極上の一杯を堪能してきた》です。
「こばや食堂」は地元でも人気の高い大衆食堂で、混雑時には行列もできるほど。
ブレイクさんは、平日の早い時間帯に訪れたため、すんなりお店に入れたそうです。
注文したのはもちろん、"スープ入り焼きそば"。
醤油ベースのあっさりスープと、焼きそばのソースの味が絶妙にマッチしていて、病みつきになる味だったそうですよ!

最後までその味を楽しむのもいいですが、ブレイクさんのおすすめは残り3分の1程度になったところで味変を行うこと。
テーブルに置いてある唐辛子入り酢を少し加えるだけで、これまでとはまた一味違う美味しさに出会うことができるそうですよ。
"スープ入り焼きそば"だけでも未知の味なのに、さらにそこで味変をして楽しめるのは嬉しいですね♪

グルメを楽しみたい看護師さんはぜひ、隅々まで熟読してみることをおすすめします。

【参照元】
https://break01.com/2017/10/25/スープ入り焼きそばの名店こばや食堂-極上の一杯/



(5)富山ブラックを本場富山の「喜八」で食べてきた


keikenchi.png


『経験知』は、サーバー構築からブログ運営、マネタイズまで1人で行うオールインワンブロガーとして活動する管理人さんのブログ。
ここでは、Web制作・アウトドア・旅行・趣味など、幅広い記事が豊富にラインナップしています。

その中から、ご当地グルメ記事として注目したのがこちら、《富山ブラックを本場富山の「喜八」で食べてきた》
"富山ブラック"とは、醤油をベースにした真っ黒なスープが特徴的な富山のご当地ラーメンのこと。
記事内では、管理人さんが"富山ブラック"を食べた店舗、「喜八」の外観と丁寧な実食レビューが綴られています。

管理人さんによると、元々"富山ブラック"は労働者の塩分補給のために塩分強めに作られたラーメンらしく、スープの味はしょっぱいのだそう。
普通なら舌がしびれて食べられないようなしょっぱさにもかかわらず、不思議と食べ続けられたといいます。
また、「喜八」の"富山ブラック"に盛られているチャーシューの量は多く、麺と平等に食べ進めても最後に余ってしまうほどなのだとか!
ガッツリ食べたい気分のときには嬉しいポイントといえそうですね♪

さて、すごくしょっぱいのに箸が進む…という、謎を秘めたご当地ラーメンの"富山ブラック"。
興味がある看護師さんは、レビューにしっかりと目を通してみてくださいね。

【参照元】
https://keikenchi.com/toyama-black-kihachi



(6)B級グルメ「津山ホルモンうどん」地元の人が行くお店『三枝』


uto-blog.png


岡山のご当地グルメの一つに挙げられるのが、"津山ホルモンうどん"です。
プリップリで歯ごたえ抜群のホルモン、甘辛タレに絡んだうどんがベストマッチ!
B-1グルメで受賞歴もあるということから、「一度食べてみたい」と県外から多くの人が津山市に訪れるほど魅力的なグルメとのことです。

そんな"津山ホルモンうどん"を紹介しているのが、こちらの記事《B級グルメ「津山ホルモンうどん」地元の人が行くお店『三枝』》
筆者のうーとさんが訪れたのは、津山市にある「三枝」という店舗です。
「三枝」は"津山ホルモンうどん"の伝道師が経営していたり、珍しい"塩ホルモンうどん"があったりと、なにかと気になる店舗といえそうですね。

うーとさん曰く、"津山ホルモンうどん"に使ううどんは基本2玉。
噛むほどに肉汁がじゅわ~と出てくるホルモンとシャキシャキの玉ねぎ、それらをうまく調和してくれるうどん麺がたっぷり入っているというのは嬉しいですよね♪
きっと、味も量も満足の一言に尽ることは間違いないでしょう!

記事では他にも、店内の雰囲気やその他メニューなど、写真付きで記載してくれています。
「お腹を満たしてくれる美味しい料理が食べたい」という看護師さんは、時間を見つけて目を通してみては?

執筆者であるうーとさんが運営するブログ『桃色と灰色のしましま』は、健康や美容、子育て、読書など幅広いカテゴリを揃えていますので、興味を持った看護師さんはぜひアクセスしてみるといいでしょう。

【参照元】
https://uto-blog.com/mie



(7)愛媛県今治のB級グルメ【焼豚玉子飯】を食べに行ってきた!!!


uxirisu.png


チャーシュー×半熟玉子×ご飯が極上のハーモニーを奏でる"焼豚玉子飯"は、愛媛県今治市を代表するB級グルメですが、その味は食材からも想像できるように、間違いのない美味しさなのだそうです。

『ウィリスの宇宙交信記』に宇宙や天体観測、雑記などを綴っているウィリスさんも、そんな"焼豚玉子飯"に魅了された一人。
彼は、ブログの中の《愛媛県今治のB級グルメ【焼豚玉子飯】を食べに行ってきた!!!《大黒屋飯店》》という記事にその感想と写真をアップしていますが、甘辛ソースと玉子がしっかりと絡まったチャーシューとご飯は、読み手の食欲を掻き立てます!

ウィリスさんによると、"焼豚玉子飯"を美味しくいただくためには、注文時にマヨネーズありを選択し、器の中の食材をまんべんなく混ぜ合わせて食べるのが最もベストな食べ方なのだとか。
チャーシューも半熟卵も単品で食べても申し分ない味ですが、すべての食材が絡み合うとさらに旨味が増すのでしょうね。

リーズナブルで庶民的なB級グルメを愛する看護師さんは、ぜひ今治市の名物料理に注目してみてください。
甘辛いタレが効いた"焼豚玉子飯"は、モリモリと食が進みそうですよ♪

【参照元】
http://www.uxirisu.tokyo/entry/2018/03/25/180000



(8)呼子はイカ好きならイカないわけにイカん理由


lifefull.png


イカ好きな人なら素通りできないグルメ記事を発見したので、イカが好きな看護師さんにご紹介♪
《呼子はイカ好きならイカないわけにイカん理由》という記事は、佐賀で食べられるという新鮮な"イカの活き造り"について綴られています。

筆者の松浦雅峰さんも、イカ好きの一人。
美味しいイカを求め、佐賀県唐津市呼子町にある「海鮮門 いか太郎」に訪れたときの感想を発信しています。
記事によると、呼子の漁港周辺にはイカ干しマシンが至るところで回っているそうで、観光としても楽しめそうですよね♪

店舗に入店した彼は、もちろん"活き造り定食"を注文しました。
彼の前に出てきたのは、見るからに新鮮で、透き通ったイカの姿!
なんとこのイカ、吸盤が指にくっつくという体験もできるそうですよ。
また、彼はこのイカを食べた感想として「今まで食べたイカとは格が違う」と述べられています。

見た目にも綺麗なイカ料理、イカが好きな看護師さんはぜひ記事を読んでみてくださいね☆

こちらの記事をリリースしているブログ 『lifefull.jp』には、ご当地グルメのほか、IT・デジタル、旅行、文房具など多彩なジャンルを揃えています。
特にデジタルネタは豊富なので、看護師さんの知りたい情報が見つかるかもしれません♪

【参照元】
https://lifefull.jp/gotouchi-gourmet/yobuko-ika.html



(9)豊橋市のご当地グルメ「豊橋カレーうどん」を食べてみました。


hibi-no-kurashi.png


「カレー大好き♡」な看護師さんにぜひご紹介したいのが、愛知県豊橋市のご当地グルメ"豊橋カレーうどん"!
こちらの《豊橋市のご当地グルメ「豊橋カレーうどん」を「めん処 勢川本店」で食べてみました。》の記事には、"豊橋カレーうどん"を食べた感想と魅力がしっかりと綴られています。

一般的なカレーうどんと"豊橋カレーうどん"の大きな違いは、カレーうどんの下にとろろとご飯が入っているとのこと。
カレーを麺でもご飯でも楽しめる、一度で二度美味しい2層構造になっています。

そして、その中で重要視されているのが"豊橋カレーうどん"の食べ方。
まずは、層を崩さないよう上のうどんを食した後、下から出てきたご飯を食べるのが正しい食べ方なのだそうで、"豊橋カレーうどん"の作り手のこだわりが感じられますね♪

筆者のみっぴさんは、「炭水化物に炭水化物…」とはじめは懐疑的な印象を持っていたそう。
しかし、実際に食べてみて考えが一変し、「思った以上に美味しかった!」「また食べたい」と絶賛しています。
みっぴさんの舌を唸らせた"豊橋カレーうどん"の全容を知りたい方は、記事をチェックしてみてくださいね!

みっぴさんのブログ『暮らしと』には、日常の暮らしのこと、生活に役立つ情報、美容系、おでかけネタなど、読み応えのある面白記事が多数掲載されています♪
空いた時間にアクセスして、自分好みの記事を探ってみては?

【参照元】
http://hibi-no-kurashi.com/toyohashi-carry-udon/



(10)根室名物・エスカロップを食べてきた


solaniwa.png


日常の出来事を中心に、健康や食に関する情報、プログラミングのことなどが綴られた記事がラインナップしている『青空庭園』は、横浜市在住の文月かずなさんが運営しているブログ。
その中には、北海道の根室市が誇る郷土料理の食レポがありました!
それがこちらの記事《根室名物・エスカロップを食べてきた》です。

文月さんは北海道の納沙布岬へ行った帰りに、温かい食事を求めて根室市の洋食屋の「どりあん」に寄りました。
そして、そこで出会ったのが、炒めたライスの上に薄切りトンカツが乗り、ドミグラスソースがかけられた"エスカロップ"だったといいます。
"エスカロップ"はお肉が薄いため、見た目ほど重い感じはなく、デミグラスソースとの相性はバッチリなのだとか。
「揚げ物が食べたいけど、胃もたれが気になる…」そんな看護師さんも安心して食べられそうなメニューですよ♪

根室方面に旅行や研修で出かける機会のある方は、ぜひ文月さんの舌を唸らせたご当地グルメにも目を向けてみてくださいね!
高級料理とは一味違った、その土地ならではの味覚が味わえることでしょう。

【参照元】
https://solaniwa.net/escalope-by-dorian-nemuro/



(11)【これはいい!】奈川のとうじそば ~仙洛(せんらく)


samcamp.png


『SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !』は、アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエなど、いくつもの肩書を持つSAMさんが運営しているサイト。
キャンプレポやキャンプ術、料理レシピ、食べ歩きレポなど、読み応えのある記事が満載ですよ!

その中から、ご当地グルメ情報として注目したのが《【これはいい!】奈川のとうじそば ~仙洛(せんらく)》の記事。
紹介されている長野県松本市奈川の"とうじそば"とは、そばを竹で編んだカゴに入れ、つゆと具が入ったお鍋の中でゆがいて食べるご当地グルメのことです。
記事では、この一風変わった食べ方が印象的な"とうじそば"を初めて食べたときのレポートが綴られています。

SAMさんが"とうじそば"を食べたのは、「仙洛」という店舗。
実際に"とうじそば"を頼むと、お揚げ・しいたけ・お野菜がたっぷりのつゆが入った大きなお鍋とガスコンロが登場します。
竹カゴにそばを入れ、しゃぶしゃぶしている写真を見ると、なんとも不思議な気持ちになりそうです。

ここでSAMさんは"とうじそば"の味を「素朴ながら味わい深い」「いくらでもいける」と絶賛しており、さらに「奈川に"とうじそば"を食べに行くだけでも価値がある」とまで語っています。

インパクトも美味しさも兼ね備えた奈川名物"とうきそば"を食べに、一度長野県松本市を訪れてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://samcamp.exblog.jp/28406060/



(12)瓦そばを発祥の地 下関豊浦のたかせ本館で食べてきたですよ。


ikanosuminaga.png


そば好きの方にぜひ注目してほしいご当地グルメの記事を見つけました!
山口県出身のイカのすみながさんが執筆した《逃げ恥でも登場した瓦そばを発祥の地 下関豊浦のたかせ本館で食べてきたですよ。》という記事です。

山口県には"瓦そば"というローカルフードがあるそうで、イカのすみながさんはその発祥の地である下関市豊浦町にある「瓦そば たかせ本館」を訪問しました。
そして、古き日本家屋を思わせる店内で、熱々の瓦にのった茶そばと錦糸卵にお肉がトッピングされた料理、"瓦そば"を食することに。
記事にはその食レポが綴られていますが、インパクトのあるビジュアルといい、一般的なそばとは一線を画す食感といい、写真を見るだけで食欲がそそられそうです!
しかも、イカのすみながさんが注文した平日限定のランチセットには、うなぎのお茶漬けも付いていたのだとか。
山口県にお出かけ予定のある看護師さんは、注目してみてはいかがでしょうか?

また、この記事が掲載されているブログ『わたしとSurfaceとSwitchと』には、山口県に関する情報の他、お金と節約術やガジェットレビューなど、多彩なジャンルの記事がラインナップしています。
ぜひスキマ時間にアクセスして、あなた好みの記事を探してみてくださいね♪

【参照元】
https://www.ikanosuminaga.com/entry/2018/06/04/235900

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!