再確認しよう!5S活動とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3266_TOP_テキストなし.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


職場環境の改善についての標語を「5S」といいます。5Sを取り入れている病院は多くありますが、これに取り組むと具体的にどのような影響があるのでしょうか?5S活動とは何なのか、また取り入れることでどんな効果があるのか、改めて見ていきましょう。

728_90_3.png


病院内における「5S」の意味


3266_1_病院内における「5S」の意味.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


「5S」とは職場環境の改善あるいは維持のために用いられる標語のことで、次の5項目を指します。

・整理:不要な物を取り除いていくことで、本来必要なものをすぐに見つけることができます。身の回りを整理することで作業を効率化し、不要な手間を省くことができます。

・整頓:業務で利用するものを決まった位置に置くなど、配置を工夫することで作業効率の向上に繋がります。また定位置にものを保管することで、紛失などのミスを防ぐこともできます。

・清掃:常にきれいな状態を保つことで、異常がないか点検しやすくなります。
また、日常的にクリーンな環境を意識することで、汚れや不衛生なところがないか常に確認でき、安全管理にも繋がります。

・清潔:整理・整頓・清掃の3つの状態を維持することです。
作業環境や病院内を常に綺麗にしておくことで、作業効率の向上だけでなく医療ミスの防止や感染症予防にも繋がります。5Sの中でも、医療現場においては「清潔」が特に重視されます。

・躾(しつけ)(「習慣」とすることも):5Sの効果を発揮するために、以上の4項目を習慣化させることです。
職場環境を改善しながらこれらを維持していくことで、病院内全体の意識向上につながります。全員が高い意識をもって業務に取り組むことができれば、業務ミスや事故を減らすことができます。

この5項目を徹底することで職場環境が整い、職員の本来のモチベーションを最大限に発揮して業務に取り組むことができるようになります。その結果、作業効率や業務の質が向上すると考えられているのです。

「5S」が病院においてもたらす効果


3266_2_「5S」が病院においてもたらす効果.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


5S活動を徹底することで、病院全体での意識を底上げすることができます。
たとえば整理・整頓を徹底しておけば、本来必要なものだけが見えてきます。それが結果として、業務における負担を減らすことに繋がるでしょう。日々多忙を極める看護師にとって、業務の効率化はとても重要です。

また清掃を意識することで、衛生面や安全面維持のためにどうすればいいか、看護師や医師どうしで話し合う機会も自然と増えるでしょう。その結果、職員どうしのコミュニケーションが増え、職場の雰囲気も良くなる、といった効果も期待されます。人間関係の悩みが離職や転職の原因となるケースも多い看護師ですが、5Sを徹底している病院では、このような人間関係のトラブルも起こりにくいと言われています。

5S活動を徹底すれば、患者にとっても安心して治療に専念できる環境が実現できます。病院で働く看護師・医師のためだけでなく、患者さんのためにも5Sを取り入れてみましょう。

5Sの効果を発揮するには「習慣化」が大事


3266_3_「習慣化」が大事.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


5Sの本来の効果を発揮するために大事なことは、「習慣化すること」です。せっかく5Sを取り入れても、短期間取り組んだだけでは、業務にいい影響を与えるほどの改善は期待できません。

「整理・整頓・清掃・清潔」に習慣的に取り組み、自然と維持できるようにしましょう。そのためには、問題が見つかればその都度改善し、看護師や医師が同じ意識を持って業務に取り組むことが大事です。

5Sが習慣化できるようになれば、これまで感じていた業務負担が改善されたり、医療者どうしのコミュニケーションが円滑になったりといった効果が期待できます。それは、医療現場で起こりうる問題を予防することにも繋がるのです。

今のうちから病棟環境を整えよう!


3266_4_今のうちから病棟環境を整えよう.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


5Sを意識した環境づくりに取り組むことで職場環境が改善でき、ひいては患者さんのためにもなります。特に日々多忙を極める医療現場においては、これを意識して業務に取り組めているかによって、業務効率や仕事の負担が大きく左右されるでしょう。

4月になると新人看護師が入職してきますね。新人看護師を万全な体制で受け入れるためにも、今のうちから5Sをベースにした職場環境を整えておきましょう。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!