ナースときどき女子

記事を読む

ハテナース

看護技術Q&A

ママナースが意外と冷たい!?妊娠中に職場で経験した苦労と感動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3367_TOP_ママナースが意外と冷たい!?妊娠中に職場で経験した苦労と感動.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


妊娠がわかった後も勤務を続け、マタニティトラブルに耐えながら看護師として仕事をしている人もいるのではないでしょうか。

看護師はただでさえ不規則でハードな業務のうえに、妊娠中の体調の変化により、体力的・精神的につらい思いをしている人も少なくないでしょう。

今回は、マタニティ時期の勤務でナースが経験した苦痛や、ちょっとほっこりしたエピソードをまとめてみました。

728_90_3.png


マタニティ看護師最初の試練・体力が持たない


3367_1_マタニティ看護師最初の試練・体力が持たない.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


まず、妊娠して最初に訪れる試練が「体力の限界」です。

個人差はありますが、つわりがひどい人にとって看護師の業務をこなすことはかなりハード。加えて、つわりは匂いによって誘発されやすく、患者さんの清拭やオムツ交換、嘔吐物の処理などを行うとき、思わず気持ち悪くなってしまうことも。

つわりがひどい人は勤務中のマスクが必須です。

また、食欲が低下するので十分な栄養を補給できず、立っているとフラフラしてしまうこともあるでしょう。
貧血によるめまいやふらつきが悪化することもありますね。体はしんどいけれど、人手不足で夜勤を免除してほしいと言えるような雰囲気でもないため、夜勤にも入らざるを得ない……ということも。
平和な夜勤であればいいのですが、緊急入院が入ってしまうことや、患者さんの急変があると一気にバタバタしてしまいます。

そんな状況が続くとつわりもどんどん悪化し、勤務中に座り込んでしまう人もいます。

また、体がきつくて仕事もはかどらず、毎日残業。それが続き、とうとうナースステーションで気を失ってしまったナースもいました。

このようにマタニティ看護師はまず、体力が持たないという問題にぶつかります。

経験者はむしろ容赦なし? 非協力的でイライラ


3367_2_経験者はむしろ容赦なし? 非協力的でイライラ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


女性が多い職場であることのデメリットとも言えますが、マタニティ看護師に対して先輩たちは容赦ありません。

「自分たちも働きながら妊娠・出産を経験してきたんだ」と、フォローもしてくれないなんてことも。
周りのフォローもなく、妊娠前と同じような業務を強いられるケースもあるのです。

また、フォローしてくれないのは看護師だけではありません。

ある時つわりによる吐き気で気持ち悪くなり、とっさにその場にしゃがみこんでしまったナースがいました。
そんな時、通りかかった医師が「妊婦だからって甘えるな」と言い放ったのです。

そのナースはそれがショックで、2ヶ月後には退職することに。
このように、マタニティ看護師を取り巻く環境はときに厳しいのが現状です。

思いやりが沁みる…あったかエピソード


3367_3_思いやりが沁みる…あったかエピソード.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


マタニティ看護師に対する風当たりが強い一方で、優しい言葉をかけてフォローしてくれる人もいます。

続いて、気遣いがうれしいあったかエピソードを紹介していきますね。

・同じ妊娠経験者のナースが細かくフォローしてくれた。「私もつらかったことあるから遠慮しないで頼ってね!」
と声をかけてくれて思わず泣いてしまった。

・同僚が夜勤を交代してくれたり、重い患者さんや物を運ぼうとしたとき、先輩や後輩が助けてくれた。

・妊娠・出産後、復職したばかりの先輩から声をかけられたときに思わず涙がぽろり。
妊娠して涙もろくなったこともあり、先輩の前でたくさん泣いてしまいました。
つわりと闘い、周りの冷たい視線を感じながら仕事をしていたときだったので、なおさら先輩の言葉が心に沁みました。自分の状況を理解してくれる人がいるというだけでとても心強かったです。

つらいときに心の支えになってくれるのは、なんと言っても一緒に働く同僚でしょう。

中にはあまりにもつわりがひどくて勤務ができそうにないとき、率先して夜勤を代わってくれるナースもいます。

さらに、体の大きな患者さんの移動介助を手伝ってくれたり、ストレッチャーを押すのを手伝ってくれたりして、とても助かったという声も聞きますね。

マタニティ看護師は、なかなか自分から手伝ってほしいと言えないもの。
マタニティ看護師がこのように困っていたら、率先して助けてあげてくださいね。

周囲のフォローがあればマタニティ看護師も活躍できる


3367_4_周囲のフォローがあればマタニティ看護師も活躍できる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師の業務は複雑・多様化している一方で、十分な人手を確保できないところが多く、マタニティ看護師にかかる負担は増える一方です。

ときには心無い言葉で傷つくこともあるでしょう。

しかし、患者さんや同僚から優しい声をかけられうれしくなることもあります。
お腹をさすってもらうことや、「元気な赤ちゃんを産んでね」と声をかけてもらえることもあって、大変な仕事の中でも力が湧いてくるのです。

まだまだマタニティ看護師が肩身の狭い思いをしながら働いていることも多いですが、周囲のちょっとした助けがあれば、妊娠していても無理なく仕事をこなすことができます。

もしあなたの職場にマタニティ看護師がいたら、優しく声をかけてあげてくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!