お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

ナース必見!こんなときどうする?知っているようで知らないマナー特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1627_top.jpg


今回は、ビジネスシーンやプライベートで疑問が浮上しやすい“マナー”について特集を組みました。社会人として知っておくべきマナーをシチュエーション別に紹介しているので、この機会にぜひ疑問を解消してくださいね。


cta_banner_070.jpg


(1)葬儀の服装って子供はどうする?年代別にふさわしい服装を解説!


喪主24時.jpg


葬儀に参列する際、「自分たちの喪服はあるけど、子どもにどんな服を着せれば良いかわからない」と、慌てた経験を持つ看護師さんもいるのではないでしょうか?
冠婚葬祭マナーの中でも葬儀マナーに関しては、なかなか人に聞きづらいもの。
そこで今回は、葬儀での子どもの服装について解説している《葬儀の服装って子供はどうする?年代別にふさわしい服装を解説!》という記事に注目してみました。

この記事の筆者である喪主24時さんによると、子ども用の喪服は販売されているそうですが、購入はあまりおすすめしないとのこと。
おすすめしない理由として、成長に伴い1回しか着れなかったり、転んで破ってしまったりすることを挙げています。
また、子どもが喪服を着ていると、人によっては「用意がよすぎてまるで死ぬのを待っていたようだ」と捉えられることもあるのだとか。
そのため、親族から服装について特に指示がないというときは、喪服はむしろ着ないほうが無難と喪主24時さんは述べています。

それでは、子どもを葬儀に参列させる場合、どのような服装が好ましいのでしょうか?
記事には、子どもの年代別に葬儀にふさわしい服装がアドバイスされているほか、服装マナーの詳細についてもわかりやすくまとめられているので、詳しく知りたい方はぜひチェックしてくださいね。

なお、上記の記事はブログ『喪主24時』にて掲載中。
葬儀のことからお墓のことまで、弔事に関する情報を発信しているので、突然の訃報に慌てないためにも一読することをおすすめします。

【参照元】
⇒https://mosyu24.com/fukuso/3157/



(2)法事後のお食事(お斎)の席順マナーと実体験からのアドバイス


生活の羅針盤.jpg


『生活の羅針盤』は、T.Masudaさんが運営するブログ。
ヘルスケアや学習情報、葬祭マナーなど、幅広い分野の情報が網羅されているので、気になる看護師さんはぜひチェックしてくださいね。
そんな、暮らしに役立つ情報満載のブログから今回は、《【体験談】法事後のお食事(お斎)の『席順マナー』と『実体験からのアドバイス』》という記事を紹介します。

こちらの記事で取り上げられているのは、法事後の食事“お斎”における席順マナー。
T.Masudaさんによると、お斎においても上座・下座があり、席順を考える上で最も重要な鍵となるそうです。
ちなみに、絵画や骨董品が飾られている場所、遺影に近い場所がお斎の上座で、出入り口に最も近い席がお斎の下座とのこと。
しかし、料亭によって部屋の形状が異なるため、いざ座ろうとするとわからなくなる人もいるかもしれません。
そのような場合に備えて、基本的に上座は部屋奥の席で下座はその逆方向と覚えておくと、異なる環境でも困らずに済むそうです。

また、お斎の席順マナーについては、遺族が下座に座るということを守れば、それ以外の席順はあまり気しなくても問題はないのだそう。
その際、施主が参列者へ上手にお席を誘導することが重要だと綴っています。

そのほか、記事では住職が参加・不参加時の対応方法や施主へのアドバイスなどを詳しく解説。
隅々まで目を通すことで席順マナーが身に付き、緊張することなくお斎に臨めるでしょう。

【参照元】
⇒https://www.tm-life-agent.com/entry/memorial-service-seat-order



(3)親への結婚挨拶のマナー!服装は?手土産は?


TakapuBlog.jpg


そろそろ結婚を…とお考えの看護師さんにおすすめの記事を見つけました!
たかぷさんのブログ『Takapu Blog』に掲載されている《親への結婚挨拶のマナー!服装は?手土産は?万全の準備をして臨もう》という記事です。

こちらの記事では、お互いの親へ結婚の挨拶に行くアポイントメントをとるところから、おいとまするまでの間に心がけることを紹介。
その中で、先に挨拶へ行くのはどちらの親からか、場所や服装、手土産の有無などについて詳しく触れられています。
一生に一度の大舞台なので、記事のようなお手本があると心強いかもしれませんね。

また、最も大切な結婚の許可をもらう挨拶については、適切ではないフレーズを例と理由をあげて説明。
中には、意外に感じる一言もあるかもしれません。
しかし、結婚はデリケートなことなので、入念に準備をしたほうが良いお返事がもらえるのではないでしょうか。

記事の中でたかぷさんは、相手に好印象を与えられるのは、自然体な姿を見せることだとアドバイスしています。
どうしても緊張しがちなシーンですが、記事を参考にすることで、ナチュラルなあなたを演出できるかもしれませんよ。

【参照元】
⇒https://takapublog.com/wedding-greeting-etiquette/



(4)【エレベーターのマナー】乗り方や上座下座について3分で学ぼう


たぬきちの仕事術.jpg


営業職と管理職の経験があるという、たぬきちさん。
自身が運営するブログ『たぬきちの仕事術』には、社会人の多くが抱えやすい人間関係やスキルアップ、仕事上の悩みを解決に導くためのヒントを豊富に掲載しています。
中には、ビジネスシーンで役立つマナーの記事もあり、今回は《【エレベーターのマナー】乗り方や上座下座について3分で学ぼう!》という記事をピックアップしてみました。

エレベーターを待っているとき、目上の人と遭遇すると、乗降順やエレベーター内での上座・下座が気になることはありませんか?
エレベーターは乗る人よりも降りる人が優先されることは多くの人が知っていると思いますが、目上の人と一緒に利用するときには、エレベーターにあらかじめ人が乗っている場合と無人の場合とで、ほかにも気をつけるべきポイントがあるそうですよ。

また、エレベータは操作ボタンがあるほうが下座になり、奥のほうが上座になるため、もしも、目上の人が操作ボタン側に乗ってしまった場合は、「交代いたします」と声をかけるのが礼儀なのだとか。
上記の記事にはこれらをはじめ、操作ボタンを押し間違ったときの対処法や、エレベーターを利用する来客のお見送りのコツなど、知っておくといざというときに役立つマナーが綴られているので、ぜひ一読してみてくださいね!

些細なことでもスマートにこなせるようになると、社会人としての株が上がるのではないでしょうか。

【参照元】
⇒https://tanukichiblog.com/business-manner-use-elevator/



(5)転勤時のやることリストを公開!転勤時の社内マナー4選!


ゆったりカメ夫婦ブログ.jpg


複数の診療科目を有する医療機関に勤めていたり、関連施設がたくさんある医療法人に在籍していたりすると、部署異動や転勤を命じられることもあると思います。
しかし、そんなときは、マナーを守って転勤の準備をしないと評価を落としてしまうことになりかねません。

そこで、ここでは、『ゆったりカメ夫婦ブログ』の中から、『転勤時のやることリストを公開!転勤時の社内マナー4選!』という記事に注目してみたいと思います。

この記事を執筆したカメ助さんは、過去に270kmも離れた地域に転勤になったことがあるそうで、そのときは引っ越し準備と並行して社内でも仕事の引き継ぎや挨拶回りなど、多くのことに追われたそうです。
しかし、気持ち良く次のステップを踏み出すためには、今いる部署の人にも、移動先の人にもマナーを守って接することが重要だったとのこと。
特に下記の4点については気を配ったといいます。

・異動先への電話挨拶
・引き継ぎに向かうときの手土産の用意
・異動先への訪問挨拶
・現在の部署でお礼回り

記事では、これらを行うときのポイントについても詳しく触れているので、転勤の可能性がある看護師さんは、ぜひ一読してみてはいかがでしょう。
転勤の辞令が下りると、バタバタと動かなくてはならないので、事前に何をすべきかを知っておくとスムーズに行動できますよ。

【参照元】
⇒https://kamefufu.com/work/tenkinlist/



(6)【地鎮祭のお祝い・お礼マナー】参加者へは手土産が必要なの?


イツキのブログ.jpg


株式会社はっぴいプラスの所属プランナーの一人として活躍中の、藤井イツキさんが運営するサイト『一条工務店とイツキのブログ』
こちらには、プランナーだからこそ言及できる記事が充実しており、特にこれから家を建てるかどうか検討中の看護師さんは、サイトに飛んでみることで役立つ情報をキャッチできるかもしれません。

たとえば、今回のテーマにもマッチした《【地鎮祭のお祝い・お礼マナー】参加者へは手土産が必要なの?》もその1つです。
ここには、施工の無事と安全、そしてその土地に建てた家に住むことになる家族の繁栄を施工前に土地神様へ祈る、地鎮祭のお祝いマナーについて書かれています。

さて、地鎮祭に参加することは、多くの方にとって、一生にあるかないかだと言っても過言ではないでしょう。
そのため、いざ参加することになった場合、お祝い品を持っていかなくてはいけないのか、何を持っていけばいいのか、お祝い金がいいのかなど、気になることは多いと思います。

しかし、藤井さんによると、地鎮祭は神事になることから、基本的にお祝い品やお祝い金は必要ないんだそう。
もしそれでは気が引けてしてしまうのであれば、お酒や季節の果物、菓子折りがいいとのことですよ。

記事では、さらに深く掘り下げて、上記の事柄についてまとめられています。
参加時の服装についても触れられていたので、こちらも併せて見落としのないように、じっくりと目を通してみてください。

【参照元】
⇒https://www.smart-daisuke15.com/archives/5711



(7)飛行機のリクライニングシートのマナー〜倒すタイミングは?


闘う嫁のマナーノート.jpg


頻繁に飛行機に乗るという看護師さんの中には、リクライニングシートのエチケットについて疑問に思っている方もいることでしょう。
本来ならば、倒せるはずの座席のシートですが、タイミングを見誤ったり、周囲への配慮が欠けていたりすると、それが元となって機内トラブルに発展しかねません。

そこで、トラブル回避のためにも一読していただきたいのが、こちらの《飛行機のリクライニングシートのマナー〜倒すタイミングは?前の人にシートを戻してほしい時はどうする?》という記事です。
ここでは、筆者の祐希さんが、リクライニングシートの正しい使い方を解説してくれています。

たとえば、機体が離陸してすぐと着陸前、そして食事中はシートを倒してはいけないのだそう。
非常時の緊急避難の妨げになるほか、後ろの座席の人が食事をしにくくなるからだと言います。

また、記事ではどこまでシートを倒していいのかや、後ろの座席の方への声掛け、リクライニングシートを戻してほしい場合の対応など、マナーとして知っておくべき事柄についても言及。
詳細について知りたい方は、ぜひ本文で確認してみてください。
これらのマナーを心得ておくことで、長時間のフライトであっても快適に機内で過ごせるはずです。

今回紹介した記事は、『闘う嫁のマナーノート』に掲載中。
ブログには、マナー関連や生活に役立つ豆知識などが所狭しと豊富に綴られているので、ランダムに検索して読んでも楽しく知識を得られることでしょう。

【参照元】
⇒https://yomemanners.com/8193.html



(8)【これは迷惑】演奏中に気をつけたいクラシックコンサートマナー


アトリエミライ.jpg


『アトリエミライ』は、日常マナーと国際マナー(プロトコール)をスクールで4年間学び、インストラクタークラス認定資格を取得している、とりのキウイさんが運営するサイト。
サイトには、食事やビジネス、冠婚葬祭など、暮らしのさまざまな場面でのマナーが綴られており、どれもわかりやすく解説されています。

その中から、今回は《【これは迷惑】演奏中に気をつけたいクラシックコンサートマナー》という記事にスポットを当ててみました。
あらゆるコンサートの中でも、特にクラシックコンサートではマナーが求められるもの。
観客一人ひとりが楽器の音に耳をすましており、空間を五感で楽しんでいるため、より周囲に気を遣わなければなりません。
それを踏まえて、とりのキウイさんはコンサート会場で注意すべき迷惑行為の例を挙げています。
その一部が以下の通り。

・パンフレットの紙の音
・演奏中のおしゃべり
・アクセサリーの音
・強すぎる香水の香り
・スマホの音

項目を見ると、ちょっとした音や香りでも、その場の空気を乱してしまうのが窺えます。
クラシックコンサートを気持ちよく安心して楽しみたい方は、ぜひ一読しておいた方が良いでしょう。

また、演奏中の入退場・演奏中の拍手といった注意点や、演奏者に喜ばれるプレゼントについても言及されています。
気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね!

【参照元】
⇒https://atelier-mirai.link/classical-concert-meiwaku/



(9)お茶出しのマナー「右からだっけ? 左からだっけ?」に悩む方へ


禅の視点.jpg


職場や自宅の来客へお茶を出す際、「何も考えずに出している」という看護師さんもいるのではないでしょうか?
普段何気なく出しているお茶ですが、実はちゃんとしたマナーがあるということを、仏教用語や経典訳文、葬儀に関する情報などを発信するブログ『禅の視点 - life -』の中の《お茶出しのマナー「右からだっけ? 左からだっけ?」に悩む方へ》という記事で紹介されています。

正しいお茶の出し方を解説しているのは、禅・曹洞宗僧侶でありながらエッセイストとしても活動する、ブログ運営者の佐藤隆定さん。
記事によると、お茶の出し方には両手で出したり、相手の右から出したり、相手の最上位者から出したりと、細かいマナーがあるそうです。
また、佐藤さんは、相手に失礼なくスマートにお茶を出すために、最低限のマナーを覚えることに加え、[スムーズに][さりげなく][礼節をわきまえて][臨機応変に]の4つを念頭に置くことが重要だと述べています。

記事には、お盆の置き場所からお湯の温度に至るまで、お茶の出し方に関するあらゆるマナーが紹介されているので、興味のある方やお茶出しのマナーを身に付けたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【参照元】
⇒https://www.zen-essay.com/entry/otyadasi-manner



(10)フランス料理とイタリア料理のテーブルマナーの基本


美食の便利帖.jpg


日本では、お箸の使い方を身につける機会はあっても、近年、国内でお店が増えつつあるフレンチやイタリアンでのテーブルマナーを習う機会はなかなかありません。
そのため、テーブル上にカトラリーが並べられていると、身構えてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回、『フードライター浅野陽子の美食の便利帖』の運営者である浅野陽子さんが、《フランス料理とイタリア料理のテーブルマナーの基本、フードライターが徹底解説!》という記事の中で、フレンチやイタリアンでのテーブルマナーについて語ってくれていたので注目してみました。

記事によると、浅野さんが特に気になっているのは、パスタを出されたときのカトラリーの使い方なのだそうです。
フォークだけでなく、スプーンと一緒に出されることが多いため、ついついスプーンの上でパスタをフォークに巻きつけてしまいがちですが、これはテーブルマナーとしてはNGだと言います。
正解は、フォーク1本のみを使ってお皿の上で少しずつ巻きつけ、すすらずに一口で食べること。
ソースが跳ねてしまう、一口で食べにくいといった理由もあるかもしれませんが、これを機に、ぜひフォーク1本で食べることを意識付けてみてくださいね。

ちなみに、記事にはこのほかにも実用性の高いテーブルマナーや、ナイフとフォークで食べにくいときのお助けポイントなど、数多くの話題が取り上げられています。
いざというときに緊張してしまわないためにも、テーブルマナーをしっかりと身につけておきましょう。

【参照元】
⇒https://asanoyoko.com/table-manners/french-and-italian



(11)引越しの挨拶をしないのはもったいない!印象の良い手土産と挨拶


ゆるい家事で時短.jpg


主婦歴25年のずぼらさんが運営する『ゆるい家事で時短する主婦のブログ』には、冠婚葬祭のマナーをはじめ、家事や子育てなど、暮らしの中で必要な知識がぎっしり詰まっています。

その数ある記事の中から今回注目したのが、《引越しの挨拶をしないのはもったいない!印象の良い手土産と挨拶の言葉》という記事。
近年はプライバシーを重視する世間の風潮から、引っ越しをしてもご近所に挨拶をしない人が増えている傾向にあります。
しかし、ずぼらさん曰く、引っ越しの挨拶をしないのは機会損失なのだとか。
引っ越しの挨拶は面倒であり不安要素としても捉えられがちですが、むしろご近所さんの情報を堂々と収集する数少ないチャンスだと言います。
そう述べた上で、本文では引っ越しの挨拶のポイントやマナーについて解説。

たとえば、引っ越しの挨拶をするポイントとして、マンションやアパートの場合はできる限り多くの部屋に伺った方が良いそうですよ。
その理由については、本文に詳しく綴られているので、そちらで確認してみてください。

また、引っ越しの挨拶は突然訪問することであり、短い間でも相手の貴重な時間を割いて会ってもらっているため、手ぶらはNGとのこと。
そこで、記事では持参する手土産として最適なものをアドバイスしてくれています。
ほかにも、住人が不在だったケースの対応や、引っ越しの挨拶の言葉についても言及。
今後、引っ越しすることを考えている方は、地域のコミュニティと円満な関係を築くためにも、記事をくまなくチェックすることをおすすめします。

【参照元】
⇒https://www.kansatsudiary.com/moving-greeting


cta_banner_070.jpg