お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

オペ室看護師直伝!やってよかった勉強法、教えます!【間接介助編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4464_TOP.jpg


手術室看護師と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、直接介助看護師でしょう。「メス!」と言われてパシッと手渡す姿が印象的です。一方、間接介助看護師は何をしているのでしょうか。執刀医の「汗」を拭いてばかりではありません。実は、直接介助よりも間接介助の方が知識や技術、そして経験が必要です。今回は、間接介助の勉強方法をご紹介します。


部屋を徹底的に知る


まずは、手術ができる部屋を準備します。行われる手術の種類が多い病院では、手術ごとに部屋をセッティングし直さなければなりません。例えば、脳腫瘍摘出術の部屋には手術顕微鏡やナビゲーションシステムなどが必要です。一方で、下腿の開放骨折の骨接合の部屋には、X線が必要です。

手術部位の左右等を考慮して、医療機器の配置や配線、麻酔器の配管等を準備します。また、術中ポジショニングのために必要な体位固定具や除圧、圧力分散用具を使用しやすい場所にあらかじめ用意します。加えて、輸液輸血ルートやCVカテーテルやスワンガンツカテーテル、各麻酔や処置に使用する物品を準備します。

完璧な部屋を準備するためには、手術全体と流れを理解していないとできないのです。施設によっては、部屋準備リストや体位別の必要物品などがまとめてあるでしょう。覚えるというより理屈を理解すれば、手術の流れを覚えていくと同時に使いやすい部屋のセッティングができるようになります。

資料がなければ、とにかく手術前の部屋に置かれているもの、配置と配線を細かくメモして、後に手術の流れと照らし合わせましょう。


患者さまとのやりとり


4464_1.jpg



直接介助看護師は、術前に患者さまとご挨拶をする程度しか関わることができません。しかし間接介助看護師は、麻酔導入や覚醒時は一番近くで接することになります。手術を受ける患者さまは、少なくとも不安や恐怖を抱えていらっしゃいます。時には冷静でいられないこともあります。万が一、患者さまが怪我をしてしまうことがないように安全を確保します。

間接介助看護師は、患者さまが少しでも苦痛なく安心して手術に挑むことができるように声かけやタッチングをしながら、脊椎麻酔や硬膜外麻酔施行の体位保持や全身麻酔導入の介助を行います。たとえ緊急手術で初対面であっても、患者さまにとって信頼できる存在である必要があります。

患者さまの手術の記憶は、間接介助看護師とのやりとりがすべてと言っても過言ではありません。先輩看護師のテクニックから学べることがたくさんあります。また、介助しながら患者さまの全身状態の観察も欠かせません。


手術ポジショニング


手術には、さまざまな体位があります。たとえば、一概に側臥位といっても肺切除術、腎摘出術、脳腫瘍摘出術など、手術部位によりまったく異なってきます。側臥位が指すのは、患者さまが横を向いていることだけです。それぞれの手術内容に合わせて、固定具や除圧、耐圧分散用具などの組み合わせを覚えていきます

執刀医の指示を受けながら、安全に長時間の手術に耐えられるように、順番に患者さまの身体を動かしてポジショニングをしていきます。ポイントは、ポジショニングには順序があるということです。首が固定されているのに、身体を回してしまうと危険ですよね。動かす場合は、必ず「右腕を持ち上げます」など声に出して事故を防止します。

ポジショニングによって、術中の視野や手術のやりやすさが決まります。また、不適切なポジショニングは、手術台からの落下や固定具の圧迫によるコンパートメント症候群、失明、重度の褥瘡など決して軽視できないトラブルを引き起こしてしまうという報告があります。

ポジショニングの後には、ルート類や配線などが身体に触れていないかを含めて、必ず手術台をローテーションしながら適切なポジショニングがとれているか確認します。


直接介助看護師、外科医の補助


4464_2.jpg



手術がスタートしたら、直接介助看護師と外科医の補助が始まります。「滅菌物やインプラントを展開して」「足台ください」「検体摘出しました、ゲフリールに提出してください」「電気メスの出力を変更してください」「汗ふいて」などさまざまなことに対応します。

術野を側から見ながら、次に必要なものを予測して素早く対応できるように構えます。手術の流れとその時にやること、手術記録や書類の書き方を覚えていきます。また、直接介助看護師は、ガーゼや器械が体内残存をしてしまうことを防ぐためにカウントを行います。声をかけあって、臓器が閉じる前にすべてのカウントが合っていることを確認します。

手術がイレギュラーな展開になった場合(大幅に術式の変更があったり急変が起きたりした場合)は、手術室のリーダーに報告をします。


麻酔科との連携


麻酔科との連携で、間接介助看護師がメインになるのが出血量のカウントです。ガーゼに付着した血液や、吸引した血液量を測量します。直接介助看護師の経験があると、出血がいつもより多いことや、行われる処置により出血が予測されることがわかります。

それらの情報は、輸血や補液を適切に判断するために重要です。直接介助の経験を活かして、出血量をカウントするタイミングや出血量の解釈について学びましょう。


病棟看護師への申し送り


手術記録を示しながら、手術室で起こった重要なポイントや、摘出した検体の所在などを端的にまとめて伝えます。使用した麻酔薬の副作用の出現があれば、対応して申し送ります。



間接介助は、手術全体を理解していないと対応できません。麻酔科が機長、患者さまがゲスト、直接介助看護師と外科医がパフォーマーだとしたら、間接介助看護師はたった1人の乗組員のようなものだと感じます。

まずは部屋の準備、そして手術開始に伴って流れを覚えていきます。安全に効率よく動くために、それぞれの作業の理由付けや理屈をきちんと押さえることがポイントです。



Writer…suke

Illust…Mana.Ishiguro
Twitter:@mana__iu

cta_banner_070.jpg