ママさんナースたちの強い味方!?院内保育って実際どうなの?いいところ・困るところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2004_TOP_ママさんナースたちの強い味方!?院内保育って実際どうなの?いいところ・困るところ.jpg


ママナースにとって、仕事をしている間子供をどこで預かってもらうか・・・は常につきまとう悩みです。

仕事と育児の両立は簡単なものではありませんが、安心して預けるところがあれば、ママもナースとして仕事に本腰を入れることができます。

潜在看護師と呼ばれる人が増えている原因は、ママになったナースが安心して子供を預けられる場所が不足しているのも原因といわれています。

そこで注目したいのが、ママナースの強い味方となってくれるはずの、院内保育です。実際の院内保育はどのようになっているのか、ご紹介します。


院内保育ってどんなところ?



院内保育とは、ナースやその他病院で働くスタッフを中心として、子供がいる人でも働きやすい環境を整えるために設置されている保育所です。病院が直接運営をしている場合もあれば、病院が保育事業者に委託をして運営をしていることもあります。病院が直接運営している場合は、保育士は病院が直接雇用するか、小児科のナースなどになりますが、委託して運営をしている場合は保育事業者が雇用している保育士が面倒をみてくれます。


保育園との違いについて



院内保育に預ける場合と通常の認可保育園に預ける場合、それぞれ特徴があります。

預かってもらえる時間


認可保育園は月曜日から土曜日まで、そして時間も朝9時から17時までぐらいが通常の時間帯です。プラスで預かってもらえる時間を延長できることもありますが、基本的に限度があります。では院内保育はどうかというと、働くママナースのためということもあり、施設によって異なってしまうものの、基本的には24時間、いつでも預かってもらうことができるところが多いです。

必要な費用


認可保育園も院内保育も月額制となっていて、年齢や収入によって違いは発生しますが、多くの場合、院内保育で預けた方が安くすむ例が多いです。院内保育では、かなりの破格で預かってくれるところもあります。福利厚生を大事にしている病院などでは比較的安いです。しかし、中には通常の保育園と同等の値段のところもありますので、金額はシッカリご確認を。


院内保育のメリット


2004_院内保育のメリット.jpg


院内保育で預けることによるメリットといえば、やはり時間帯に融通が利くところです。ナースにつきものなのが夜勤です。子供のためにと夜勤がない仕事を探すナースも多いですが、院内保育で24時間預かってもらえるとなれば、夜勤の仕事もすることができます。ナースとしても夜勤の方が収入も増えるということもあり、特にシングルマザーで頑張っているナースにはとても心強い味方です。

さらに、今保育園に入れないという悩みを抱えている働くママたちはとても多いです。院内保育なら認可保育園とは違い、比較的すんなりと入ることができたという声も多く聞かれます。

もう一つありがたいのは、子供の近くにいられるという点です。子供に何かがあったときでもすぐに駆けつけることができるので、安心して仕事に取り組めます。

またこれも院内保育園によりますが、熱が出たり、具合が悪いときの対応が、一般の保育園よりもサポートしてくれるというケースです。少しの熱ですぐに呼び出されると、ナースとしてはなかなか大変ですよね。「座薬を入れて休ませていますので、ゆっくりお迎えに来てください」など対応と報告をしっかりしてくれる院内保育だとありがたいですね。


院内保育のデメリット



院内保育がデメリットとして、病院が運営している場合、預かってもらえる時間を延長できるから・・・と残業をせざるを得なくなる、という点を上げる人も多いです。通常の保育園なら、お迎えの時間があるから、という理由で帰宅もしやすいのですが、院内保育だとそういうわけにいかなくなってしまいます。

院内保育は常に通える保育園とは違い、親が休みの時は預けられないというルールを設けているところもあります。そうなると日によって行かない日と行く日がバラバラになってしまうため、保育園で何かを学ぶというよりは、親が仕事をしている間に預かってもらう場所、となってしまいます。保育園でしっかりと色々経験させたいと思っている親は、少し不満を感じるはずです。

他には敷地が広くないというケースも。ただし、児童に対し職員が多く、公園などに頻繁につれていってもらえるところもあるようです。

また、一番声がおおかったのが、職場の人間関係=子供のママさん関係になってしまうこと。噂が広がりやすく、職場の上下関係が、ママさんたちの上下関係になっているケースもあるようです。


まとめ



平日は認可保育園、夜間や日祝は院内保育というように使い分けで利用することも可能となっています。もちろん、その分費用はかかりますが、子供にとっても、働くママにとっても味方となってくれる院内保育を探して、上手に活用し、親子が快適に過ごせる方法を見つけられるといいですね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!