装着するだけでラクになる!----ナース服に響かない腰痛ベルト5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2028_TOP_装着するだけでラクになる!----ナース服に響かない腰痛ベルト5選.jpg


看護師は、患者さんの介助をしたり、移乗をしたりと、身体に負担のかかる仕事も多く、なかなか座ることができないときもありますよね。また中腰の姿勢で処置などを行うこともあり、何かと身体に負担がかかっています。

こうした行動を繰り返していると、背中や腰を中心に負担がかかってきます。腕や足などは一時的な筋肉痛で済みますが、腰を痛めてしまうと治りづらく、仕事やプライベートにも支障がでてきてしまいます。

そこで今回は、看護師さんにおすすめの腰痛ベルトをピックアップして紹介したいと思います。


1. MIZUNO 腰部骨盤ベルト


スポーツ用品ブランド・MIZUNOの骨盤ベルトです。二重になったベルトを引くと、腰がしっかりと締めつけられ、簡単にサポートができる設計になっています。ワイドタイプ、メッシュタイプ、ノーマルタイプと、シチュエーションや腰痛の程度によって選ぶことができます。

ベルトは体幹部分をしっかりとホールドし、急な動作でもずれずにしっかりと腰を固定。運動量の多い看護師さんはもちろん、患者さんへの介護ケアや介助サポートが多いお仕事にもおすすめです。

MIZUNO 腰部骨盤ベルト

2. ノーブル バックレスキューベルト


背中側にプレートが入っており、腰まわりを面全体の力でサポートしてくれる製品です。ぎっくり腰になりやすい方や、腰全体を安定的に押さえたい方、ベルトのみのサポーターに不安がある方にもおすすめです。

ノーブル バックレスキューベルト

3. 腰痛保護ベルト さら~っとコルセット


急性腰痛から慢性的な腰痛まで、幅広い腰痛のタイプに対応できる腰痛ベルト。骨盤矯正から自然な腰回りの強化にも役立つアイテムです。

付け心地が良いことに定評があり、全体的にソフトな素材が採用されているので、下着の上にも問題なく装着ができます。二重のベルトによって腰まわりを安定的にホールドします。

重厚そうな見た目ながら厚みはなく、ベルトとプレートの力でしっかりと腰をホールドしてくれるのが特徴です。腰とお腹の両方にチタンが使われており、保温性にすぐれている一方で、メッシュ素材でムレ防止の機能もついています。

腰痛保護ベルト さら~っとコルセット

4. ZAMST ZW-5 腰サポーター


腰まわりを適度にホールド・サポートしつつ、運動もしやすいよう柔軟性を高めている製品です。

運動に特化した腰痛ベルトのため、つけ心地が快適で締めつけ感が強すぎず、自然に腰痛対策ができることがポイント。補助ベルトを外しても器具がじゃまにならず、制服の下でも浮きすぎないのが魅力です。

ZAMST ZW-5 腰サポーター

5. ZAMST ZW-4 腰サポーター


ZAMSTの腰用サポーターで、ZW-5よりもさらにスリムになった製品です。

腰まわりを適度にホールドしながら、体の柔軟な動きにも対応できるという特徴があります。ZW-5よりも細身につくられているので、より軽快で緩急のある動作に対応できます。

ZAMST ZW-4 腰サポーター


腰痛ベルトの選び方


2028_腰痛ベルトの選び方.jpg


腰まわりに装着するベルトやサポーターは、厚みが少ないものの方が付け心地が良く、制服の下でも浮いて見えません。

しかし、あまりにも薄すぎるものは腰へのホールド力が期待できず、途中で外れてしまったり、腰痛への改善効果が得られにくいことも。

腰痛ベルトは自分の腰幅や腰まわりに合うものを選び、できるだけ軽量で幅広、かつ柔軟性のあるものを選ぶようにします。反対に、締めつけ感が強すぎたり、重たくて装着しづらいものなどは、かえって仕事の邪魔になる可能性があります。


腰痛ベルトにはさまざまな製品が揃っていますが、使用頻度や装着するシチュエーション、ご自身の体型、腰痛の程度などによって比較し、実際に試着をして選ぶことが大切です。

価格やコストパフォーマンスなどはもちろんですが、一番は仕事中に支障がない付け心地で、しっかりサポートされているかということ。

製品のサイズ・重さ・厚み・素材・付け心地・ムレにくさなどさまざまなポイントを比較して、最適な製品を選んでみてくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!