システムや製品の提供を通して医療従事者の業務を支える企業

2022.8.5

医療従事者は本務に伴うさまざまな作業があり、時として本務よりその作業に時間がかかることもあります。
また、作業への苦手意識やトラブルなどから、ストレスや精神的な負担を感じるケースがないとも言い切れません。

そこで本記事では、保健師さんの事務作業をサポートするシステムを開発した企業、レジに関するスタッフの負担軽減を図れる製品を手掛けた企業、看護師さんの点滴管理の簡易化に役立つ製品を提供する企業を紹介します。

「作業の負担を減らして効率的に仕事がしたい」「患者さんと寄り添う時間を増やしたい」という医療従事者の方は、ぜひそれぞれの企業に注目してみてください。

目次

株式会社アイテックス

IT分野の創造力と技術力を活かして、顧客が抱える問題を解決に導く株式会社アイテックス。顧客に満足してもらえるような、より良いサービスの提供に努めている企業です。

事業はシステム環境の構築から運用・保守まで対応し、自社開発のみならずアウトソーシングおよびソリューションと幅広く展開しています。

特定保健指導システム 「WelNets」

保健師の仕事は事務作業が多く、それにばかり時間がとられてしまい、保健指導に注力できないケースもあるのではないでしょうか。
そうした事務作業にかかる負担を軽減するべく、同社が開発したのがWelNetsです。

同システムは、スケジュール画面上に指導状況や内容がアイコンと色で表示されるため、直感的にわかりやすいのが特長。詳細を確認したいときは、対象の日時のスケジュールを開けば、対象者情報や指導情報、支援情報が表示されます。

▲スケジュール画面/画像提供:株式会社アイテックス

また、多数の健診システムと連携でき、特定健診のCSVデータを取り込むことにより対象者の情報を登録することが可能です。
CSVデータがない場合でも活用できるように、個別での手入力にも対応しています。

そして、自動でスケジューリングしてくれることも、同システムの魅力的なポイントです。
あらかじめ保健指導のコース内容を登録しておくと、初回面談日を入れるだけで支援の種類や支援形態、実施日が最終評価日まで設定されます。
保健師さんが自ら調整しなくて済むため、作業に大きく時間を取られることはなくなるでしょう。

そのほか、シンプルで指導内容の入力作業の簡便化を図った登録機能、対象者を選択して一括で個別の決済データを作成し、かつ企業や団体ごとの請求書・明細書を発行できる機能、過去の特定健診や指導データを保持できる機能などが備わっています。

「もっと事務作業の負担を減らしたい」「保健指導に力を入れたい」という保健師さんの思いは、同社のシステムを利用することで叶うかもしれません。

▲請求画面/画像提供:株式会社アイテックス
詳細情報

ハヤレジ株式会社

近年のITやテクノロジーの進歩は目覚ましく、医療業界にも電子カルテや遠隔診療などIT化の波が押し寄せています。

そうした状況の中、2020年1月に設立されたのがハヤレジ株式会社です。
同社は「ヘルステック(医療×IT)を通じて医療の質の向上に貢献する」という経営理念のもと、最新技術を駆使して生み出した製品を通し、医療業界の発展を後押ししています。

クリニック向け自動精算機「ハヤレジ」

▲画像提供:ハヤレジ株式会社

人と人の対面のレジ作業においては、いくら気をつけていても問題が起きないとは限らないのが現状です。
たとえば、クリニックでは請求金額の打ち間違いや金銭授受のミス、レジ締め作業での残業などが挙げられるのではないでしょうか。

そこでクリニックでのレジに関する問題解決を図り、スタッフのストレスや負担の軽減を目指すのが、同社が企画から開発までを手掛けたハヤレジです。

同製品は、患者さん自身が精算するセミセルフ方式にも対応したレジで、電子カルテ・レセコンとの連動、もしくはバーコード運用で請求情報を取り込むことが可能。レジに請求金額を打つ必要がなくなるため、金額の打ち間違いを解消できます。

また、その際はセミセルフレジと連携させることにより、金銭授受のミスも起こらなくなります。
金銭の誤差が出なくなり、その結果としてレジ締めにかかる時間を短縮できるため、残業の削減にもつながってくるでしょう。

▲画像提供:ハヤレジ株式会社

このように、いくら機能性が良くても画面がわかりにくく操作が煩雑だと、かえって新たなトラブルを引き起こしかねません。
その点、同製品は画面がシンプルでわかりやすく、誰もが直感的に操作できるのが魅力です。

レジ作業で何か問題が起きると、スタッフだけでなく患者さんもストレスや不安を感じてしまう場合があるかもしれません。
お互いがより快適にやり取りするためには、同製品のような存在が有用となってくるのではないでしょうか。

詳細情報

株式会社ドリテック

1997年6月の設立当初、それまで馴染みのなかったキッチンタイマーの製造販売からスタートした株式会社ドリテック。現在は時代や顧客のニーズに合わせ、日常生活を豊かにする製品を手掛けています。

キッチンタイマーはもちろんのこと、料理用はかりや体重計、非接触型体温計などのさまざまな計測機器から、電気ケトルやIH調理器といった生活用品まで分野を広げ、さらなるサービス向上を目指している企業です。

看護師さんの必需品「TT-101点滴タイマー」

▲画像提供:株式会社ドリテック

点滴管理では正確な計算で点滴速度を合わせることが大切ですが、それに苦手意識を抱えている看護師さんもいるのではないでしょうか。
作業が立て込んでいるとさらに焦ってしまい、さらにうまくいかなくなる悪循環に陥ることもあるかもしれません。
そこで有用なのが、同社が提供するTT-101点滴タイマーです。

同製品は、点滴モード・タイマーモード・電卓モードの3つのモードを完備。各機器をそれぞれ用意することなく、1台で完結できるのが特長です。
点滴モードは、情報を入れるだけで滴下速度を自動計算できるうえ、計測を始めるとLEDランプの点滅と音で滴下速度がわかり、計算も速度の管理も簡便になるのが魅力と言えるでしょう。
また、タイマーモードでは99時間の長時間設定、電卓モードでは加減乗除計算・べき乗計算・四則定数計算に対応しています。

本体は携帯しやすいスリムなデザインで、衣服のポケットやナースポーチにすっぽりと収納可能。ストラップを通せる穴が2ヶ所用意されているため、首にかけての持ち運びもできます。
ボタンは押しやすい独立式で、誤作動防止のためのキーロック機能がついているので安心です。

そのほか、バックライトやライト、本体の側面の目盛り、アラームとバイブの切替、音量切替など状況によって仕様を変更できるうれしい機能が充実しており、看護師さんの円滑な業務を支えてくれるでしょう。

▲画像提供:株式会社ドリテック
登録は1分で終わります!

この情報はお役に立ちましたか?

無料でさらに聞いてみる

「看護のお仕事」を使うと、より詳しく話を聞くことができます。どんな転職先があるのか等も事前に知ることができます。