頑張るナースに向いているダイエット法?!食事にプラスして食べて痩せる注目の”帳消しダイエット”とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2704_TOP_食事にプラスして食べて痩せる注目の帳“消しダイエット”.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


最近、食事にプラスして食べることで痩せる「帳消しダイエット」というものが話題なのをご存知ですか? 体力もしっかりつけておかなければならないナースのみなさんには、食べるものをプラスするダイエットって気になりますよね。

今回は、帳消しダイエットをヒントに、ナースが続けられるダイエット方法について考えて見たいと思います。


なぜダイエットは続かない?


2704_1_なぜダイエットは続かない?.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


ダイエットでせっかく結果が出ても、油断していたら前より太ってしまった!? ということはありませんか? ダイエットを習慣にして続けるって難しいんですよね。
それは「無理なダイエットをしているから」という部分が大きいのかもしれません。

まずはダイエットが続かない理由を検証してみましょう。

【目標達成で甘くなる】


短期間に痩せるダイエット。これはかなり無理をしないといけないですよね。
「けれど『いつまで』という目標があるので頑張れる」という側面もあります。
でもその期限が過ぎてしまうと、急に頑張る気持ちがなくなってしまうのです。

目標体重なども同様で、設定目標をクリアすると満足してダイエットへの意欲が消えてしまったり、「頑張ったご褒美に」とたくさん好きなものを食べてしまったり…ということもあるようです。

目標設定は大事ですが、「キープし続けられる目標設定」にしないとリバウンドしてしまうのかもしれませんね。またご褒美をあらかじめ何をどのくらいと決めておくと、必要以上に食べ過ぎるのを防げるかもしれません。

また「季節ごとに着たい服を“痩せている体重に合わせて”購入しておく」など、目標に工夫を加えるとモチベーションを継続できるかもしれませんよ。

【偏った食生活で支障が出る】


もうひとつ無理に、ひとつの食材だけを食べたり、食べてはいけないものを作るといった「偏った食生活を行うダイエット」があります。こうしたダイエットは痩せることには成功しても、別のデメリットが出てくることがあるようです。

たとえばお肌が荒れてしまったり、髪の毛が抜けやすくなったり、免疫力がなくなり病気になりやすくなるなど、栄養が偏ったためにトラブルが発生するのですね。

逆に「お肌にいい食材」を調べてみると、今のダイエット食がNGだったと気づいてダイエットを止める方も少なくないようです。

偏った食事のダイエット方法は、短期で痩せる目標達成にはよくても、継続するには向かないかもしれませんね。痩せることはできても他にトラブルが出てきてしまうのは、健康にもよくないですので、身体が資本のナースには向かないと言えるかもしれません。

【ストレス】


一番多いのがストレスが溜まり、ダイエットを続けられなくなるいうもの。

ダイエットのせいで体質的にもバランスが崩れてイライライしやすくなっていますし、精神的にも「好きなものを我慢」「他の人は痩せていてうらやましい」など、ダイエットによる精神的ストレスに追い詰められて続かないこともあります。

強い目標を持っている人でも、ダイエットには停滞期がありますので、ぜんぜん体重が落ちない期間は辛く、ストレスを感じてしまう方も少くありません。

またダイエットとは関係無い部分の人間関係や仕事などでストレスを感じると、自暴自棄になり、ダイエットを破ってしまうということもあります。

ストレスは平常の自分の思考をできなくしてしまうため、ダイエットのような自制心の必要なものを継続するには大きな問題となるのです。
つまり過度の無理は継続するダイエットには向かないんですね。


ナースの傾向


2704_2_ナースの傾向.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


下記はナースによく見られる、ダイエットが続きづらい人の理由です。

・「食べておける内に食べなきゃ」と思う
・早食いになってしまう
・3食規則正しく取るのが難しく、間食が多い
・夜勤明けの食欲が止まらない!
・ストレスで食べてしまう
・睡眠がしっかり取れていない

ナースの仕事上、仕方ない部分もありますよね。
でもこれらのうち、改善できるものを見直すだけで、ダイエットにつながるかもしれません。
例えば「食べるうちに」ではなく、「お腹が空いた時に食べれる環境なら食べる」という意識に変える。「早食い」をゆっくり噛むようにするのも、同じかもしれません。

仕事上、3食規則正しい食事は難しいと思いますので、無理はしない。
夜勤明けの食欲も、食べるものやバランスを考えて食事を取るなどするといいかもしません。
また食事の始めは、いきなり食べたいものを食べるのではなく、できれば野菜やフルーツ、スープなどで少しお腹を満たしてから食事に入るのもいいですね。

ストレスで食べてしまうのはなかなか自分でコントロールするのが難しいので、これも食べるものを選び、量を取りすぎないことが大事です。我慢しすぎるのも、かえってストレスになるので、まったく食べてはダメと決めつけずに、何をどういう順番で食べるかを少しプラスしてみてください。


食べて痩せる!?帳消しダイエットとは


2704_3_帳消しダイエットとは.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


今、話題の食べて痩せる帳消しダイエットは、栄養管理士として数々の書籍を執筆されている伊達友美さんが提唱しているダイエット方法で、栄養バランスが偏った食事をした際に「足りない栄養素を補う食品をプラスする」ことで全体の栄養バランスを整える、というダイエット方法です。

食事のバランスを整えるというダイエットは、定期的な流行がありますよね。
ひとつの種類のものだけを食べるというダイエットも流行りますが、お肌の調子やお通じなど、いろいろ総合して考えても、バランスを整える方法は健康にも良いのではないでしょうか。

ただし、足りない栄養素ばかりに目が行くと、不必要な糖質や資質、炭水化物などを多く摂取してしまうこともあるようです。
たとえば「ビタミンを取ろう」とフルーツを食べすぎて「糖分の取り過ぎ」になってしまうということがないように注意してください。足りない栄養を取るための食材には、他にどんなものが入っているのかをチェックすることも大切なようです。


参考:ダイエット女王ブログ 食べて痩せる伊達式生活


おわりに


2704_帳消しゴミ箱.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


体重が増えすぎると、腰や膝への負担がおおくなって辛いですよね。逆に自分にとって理想の体重でいられると服も着こなせて、健康で過ごせるので、気分よく過ごせます。

短期で頑張るダイエットが必要な時もあるかもしれませんが、できれば無理をせず、偏らず、バランスのいい食事と適度な運動で継続できるくらいのダイエットを「習慣」にすることが理想ですね。

ナースはどうしても夜勤などで生活サイクルが乱れたり、食事時間や量も狂ってしまうことがあります。
そんな中でも自分の食事内容を見直して、「ビタミンやミネラルが足りていないな」、「食物繊維が必要だな」などの意識を持って、身体にも心にも嬉しいダイエットができるといいいですね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!