インフルエンザが流行する季節!看護師さんが出来る予防法とかかってしまった場合の対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2713_TOP_インフルエンザが流行する季節.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


はじめに
そろそろインフルエンザが流行する季節になってきましたね。特に看護師さんはインフルエンザを発症した患者さんと密に接する機会が多く、一人発生したらいつの間にか病棟内でアウトブレイクしていた、なんて事もあると思います。

そんなことにならないために、今回は看護師さんが出来る予防法と、かかってしまった場合の対処法を体験談も交えてご紹介したいと思います。


看護師さんたちが勤務中に出来る予防法


2713_1_看護師さんたちが勤務中に出来る予防法.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


1.こまめに石鹸での手洗いや手指消毒を行う


最も基本的な事ですが、石鹸での手洗いはインフルエンザウイルスだけでなく、さまざまな感染症予防にも有効です。最近では、看護師さん一人一人が手指消毒用アルコールボトルを持ちながら勤務している病院もあります。

石鹸での手洗いが出来ない環境や、すぐに手洗いの時間が取れない場合はアルコールでの手指消毒も推奨されています。手洗いや手指消毒の具体的は実施方法は、WHO(世界保健機構)が推奨している方法を参考にしていただければと思います。

2.マスクを着用し、こまめに水分摂取を行う


気道粘膜の乾燥が起きると、防御機能が低下するためウイルスが繁殖しやすい環境になります。ウイルスは乾燥した場所を好むため、湿度は50%~60%を保つようにすると良いとされています。
職場に加湿器を設置出来れば最良ですが、困難な場合はマスクを着用し、こまめに水分補給を行い、気道を湿潤環境に保つようにしてください。

3.十分な睡眠と栄養を摂取


睡眠不足が続いたり、栄養バランスの悪い食事を摂取していると免疫力の低下が起こりやすくなります。特に、夜勤勤務を行う看護師さんは、生活リズムが崩れる為、より一層、インフルエンザ予防には注意が必要です。


インフルエンザを発症してしまった場合


2713_2_インフルエンザを発症してしまった場合.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


インフルエンザを発症してしまったら、まず第一に他者へうつさない事が大切になります。インフルエンザの多くは、飛沫感染によって発症します。自宅休養中も、マスクを着用し周りの人へうつさない事が大切です。また、安静にして十分な睡眠と栄養をとり、体調がしっかり回復して出勤可能日になってから出勤するようにして下さい。

インフルエンザ発症後の症状としては、予防接種を受けているかいないかで、症状の出方が著しく変わってきます。基本的に医療従事者は毎年予防接種を推奨されていますが、摂取していなかった場合は、症状が重症化しやすいというデーターが出ています。


インフルエンザに効くオススメの回復食


2713_3_インフルエンザに効くオススメの回復食.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


症状時期に合わせた簡単にできるオススメメニューをいくつかご紹介します。

■発症直後
発症直後は食欲がないことが多い為、無理して摂取する必要はありませんが、発熱による脱水が起きているので水分補給が大切になります。のど越しがよく、摂取できそうなものを摂取するようにして下さい。
・スポーツ飲料、ウィダー㏌ゼリー、ヨーグルト、お味噌汁など。

●直ぐに作れる簡単レシピ●
・生姜入りミルクココア
Cpicon 寒い日や風邪気味に☆ミルク生姜ココア★ by まなげ★

■解熱後
解熱してくると少しずつ食欲が回復してくる時期です。かなり体力を消耗している為、高蛋白質、ビタミン類、ミネラル、緑黄色野菜などの栄養価が高く、消化の良いものを摂取すると良いです。

●直ぐに作れる簡単レシピ●
・モロヘイヤと里芋のねばッと具沢山スープ
Cpicon モロヘイヤと里芋のねばっと具沢山スープ by Fujiレシピ

・かばちゃのポタージュ鍋
Cpicon かぼちゃのポタージュ鍋 by ♡おはな♡

・イカとセロリ炒めガーリックバター醤油
Cpicon いかとセロリ炒め✿ガーリックバター醤油 by **rose**

・長ネギと玉ねぎとツナのコチュジャン炒め
Cpicon 長ネギと玉ねぎとツナのコチュジャン炒め by ぽっぽぺぺ


まとめ
インフルエンザが流行するこの時期は、気温の変化も感じやすくなり、体調を崩しやすくなります。上記で紹介した基本的な方法を意識して過ごし、インフルエンザに負けない体を作っていけるといいですね。

もし、インフルエンザになってしまったら、他者へうつさないよう十分な注意を払い、水分と回復メニューでムリのない栄養補給をしながら安静にして、早く復活してくださいね。


参考資料
厚生労働省 インフルエンザQ&A 
WHO 手指衛生ガイドライン(新潟県立六日町病院)

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!