梅雨や台風の季節がつらい!?天気が悪いと機嫌が悪いのは気象病?その実態について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2871_TOP_梅雨や台風の季節がつらい.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


昼夜の気温差や月間の寒暖差が顕著に表れる季節の変わり目。何だか天気も不安定で、体の調子が悪いと感じることはありませんか? 台風が近づくとめまいがする、雨の気配が近づくと何だか頭痛がする。
自分だけでなく、看護師仲間や先輩もどこかご機嫌ななめ…。天気の悪い日に決まって欠勤する同僚もいたりして、余計にストレスでイラつくことも…。

もしかしたら、それは気象病かもしれません。
今回は気象や天気の変化で起きる不調のメカニズムについて考えてみたいと思います。


728_90_3.png


気象病の症状とは


2871_1_気象病の症状.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


天気の変化が影響して体調が悪くなることは「気象病」と総称され、このところ広く知られるようになってきました。代表的な症状が、原因ははっきりしないけれど、天気の変化と呼応して不定愁訴が起きるもの。めまいや肩こり、イライラや不眠といった調子の悪さなどがこれにあたります。特に普段から自律神経に敏感な人が感じる症状のようです。

もうひとつが天気の影響で、痛みまで発生してしまう「天気痛」です。もともと偏頭痛や関節痛に悩んでいた人が、さらに気象の変化によってより強く痛みを感じるのだといいます。

気圧の変化が呼び水になる!?


2871_2_気圧の変化.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


気象病の引き金となるのは、天気の変化によって起こる気圧や気温の上下、それから湿度変化だとされています。
なかでも注意したいのが気圧の変化です。平衡感覚に関係している内耳が、変化した気圧を脳に伝えるために敏感に反応してしまい、めまいにつながりやすいという説が有力となっています。

片頭痛についても気圧の変化が悪さをしています。 気圧の変化が原因で興奮・緊張を司る交感神経と、リラックスを司る「副交感神経」のバランスが乱れるのです。結果、交感神経が興奮し、収縮した血管が拡張することにより、より刺激され、痛みが強くなってしまいます。

天気の影響を受けやすい人


2871_3_天気の影響を受けやすい人.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


それでは、気象病になりやすい人とはどんな人でしょうか。

1. 乗り物酔いしやすい人
2. 不眠がちな人
3. のぼせを感じる人
4. 天気によって昔の傷が痛む人
5. 寒暖差に弱い人
6. 女性

1については、めまいと同じく、平衡感覚をつかさどる内耳が関係して乗り物酔いが起こるため、内耳が敏感な人です。

2~5は、いずれもストレスの影響を受けやすく自律神経が乱れやすいタイプの人が当てはまります。6は、女性のほうが自律神経が乱れやすいともいわれています。
以上のような症状を抱えるタイプの人は、特に注意したほうがよさそうです。

ストレスに負けないような健康状態を保つ


2871_4_ストレスに負けない.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


症状が出やすい季節は、低気圧の影響を受ける春や秋、梅雨時、そして台風が日本付近に接近する夏の終わりから秋にかけてとなります。こういった時期には自律神経のバランスを整えるため、軽い運動をしたり、十分な睡眠をとることをおすすめします。

めまいがおきやすい人は、内耳の血流をよくする成分を持つ酔い止め薬を飲むと症状の改善につながります。全体的に規則正しい生活を心がけ、食事にも気を配り、ストレスに負けないような健康状態を維持することが大切です。

天気痛外来の専門医の紹介


2871_5_天気痛外来の専門医.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


天気痛を専門にしているドクターがいるのをご存知でしょうか。愛知医科大学病院の「痛みセンター」内に所属している佐藤純医師です。
天候の変化、とくに気圧の変化による頭痛などの受診者が多いそうです。こちらを受診するためには、医師の紹介状が必要となるほか、つねに半年待ち状態だそうです。それだけ多くの方が、「気象病」「天気痛」に悩まされているということですね。

もちろん普通の外来でも相談は可能です。症状がひどく、日常生活に支障をきたすという方は、医師の診断を受けてみるといいですよ。

天気痛Dr. 公式ホームページ

まとめ


日本では昔から「おばあちゃんの膝が痛くなったら、明日は雨」などと、天気と体調の関係を意味する言葉が伝わっています。気象病は、四季折々の変化が楽しめる国に住んでいる日本人ならではの症状だともいえます。

雨の日には勤務中に古傷が痛んだり、天気に気分が左右されたりする患者さんもいるかもしれませんね。表立っては見えない症状ですが、そのあたりの知識を持っておくだけでも、患者さんに丁寧な対応ができるかもしれません。

また自分は天気によって体調が悪くなると思っている方も、あまり天気ばかりを気にせずに、好きな音楽を聴いて、おいしいものを食べるなど、自分を労わってあげることが大切ですよ。少し難しいかもしれませんが、気象病を気に病み過ぎずに上手くつきあっていけたらいいですね。

参考:舟久保 恵美さんのFacebookページ

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!