看護師の視点で考える「病院と自宅で患者さんの環境にどんな違いがある?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2464_TOP_看護師の視点で考える.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


2025年には団塊の世代の方たちが75歳以上になるため、厚生労働省では「地域包括ケアシステム」に向けて取り組みがされていますね。要介護状態になっても、住み慣れた地域で生活できるように、その地域に応じてシステムを構築していくことが必要とされています。

今後はより在宅医療の重要性や必要性がさらに問われ、病院を退院後に自宅で医療や看護ケアを受ける方が増えてくることが予想されます。またご高齢の患者さんや、ターミナル期の患者さんが、家族と過ごせる時間を大切にするために、退院後に訪問看護などのサービスを利用する場合もあります。

そこで今回は、看護師の視点で「病院と自宅で患者さんの置かれている環境」について考えてみたいと思います。

728_90_3.png


病院での患者さんとご家族


2464_1_ 病院での患者さんとご家族.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


医療機関に勤務する看護師さんのなかには、病院での患者さんの状況しか知らないという方もいるかもしれないですね。

まれに病棟勤務と訪問看護を両立されている看護師さんもいらっしゃいますが、割合としては病棟での患者さんとのコミュニケーションの方が多いのではないかと思います。

病院では治療のための検査などがあり、1日の生活リズムも自宅での環境とは違うため、病院での環境が患者さんにとって精神的なストレスになることもありますね。しかし一方で、病院に入院することによって、症状が強く状態が安定しない場合に医療従事者がいることで、いつでも治療や看護ケアを任せられるという安心感もあります。

それは患者さんのご家族にとっても同じで、病院で病状が安定するまで必要な治療を行う方が、自宅にいるより「安心」と考えるご家族は多いものですね。

在宅での患者さんとご家族


2464_2 _在宅での患者さんとご家族.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


在宅で最期を過ごすためには、 いつでも気軽に医師や看護師を呼べるわけではないので、看護や医療の知識がないご家族がケアをすることになります。ご家族にとって、患者さんに対するケアが精神的なストレスやプレッシャーになり、困難と感じる部分もあるかもしれないですね。でも患者さんは、自宅で過ごすことによって、一番安心できる場所にいられるという「心地良さ」を手に入れることができます。

ご家族にとっても、患者さんが「最期の時間を自宅で過ごしたい」という希望があれば、自宅で容態が急変したとしても、「お互い安心できる環境」で最期の貴重な時間を過ごすことができます。

患者さんとご家族それぞれとの関わり方


2464_3 _患者さんとご家族それぞれとの関わり方.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


病院では、医師や看護師が協力し患者さんの治療や看護ケアを行います。患者さんとご家族との関わる時間も多く、 お互いにとって意思疎通のしやすい環境といえます。

一方在宅では、医療従事者がいつもいるわけではないので、患者さんやご家族と情報交換をし連携することが重要になります。医師や看護師は、訪問看護の際に患者さんやご家族にお話をきちんと伺い、患者さんの容態や病気の進行度、体調に関する情報、生活状況などを細かく聴き取っていく必要があります。

在宅での看護ケアの場合、病院と比べて患者さんと関わる時間は限られているため、患者さんご自身だけでなくご家族との意志疎通も重要になりますね。

まとめ


いかがでしたか?患者さんとそのご家族にとっては、「病院よりも自宅の方が落ち着く」など安堵感を重視されるケースも多いため、病院と自宅のどちらが患者さんにとって「安心できる環境なのか」は、患者さんやご家族がご自身で決めることが重要になります。

看護師は患者さんやご家族の意思を尊重し、「病院や在宅」どちらの環境を選択しても、必要な医療や看護ケアが受けられるように環境を整えていくことが大切になりますね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!