新人ナースを泣かせない、新人ナースに泣かされないプリセプターになるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3363_TOP_新人ナースを泣かせない、新人ナースに泣かされないプリセプターになるには.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師3年目になると、後輩に指導をするプリセプターを任されますよね。3年目というと基本的な業務は行えるものの、まだ経験が浅い時期です。

自分が果たしてプリセプターになれるのか、後輩を指導できるのかと不安になる人もいるかもしれません。

今回はこれからプリセプターになる人に向けて、新人ナースを受け入れる前の心構えや対策についてお伝えします。

728_90_3.png


完璧なプリセプターになる必要はありません!


3363_1_完璧なプリセプターになる必要はありません.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


責任感の強い人は、完璧なプリセプターにならなければいけない、後輩の前で失敗は許されない、などと自分を追い詰めてしまいがちです。

しかし、完璧なプリセプターになる必要はありません。まずはプリセプターとして選ばれたことを誇りに思い、自信にしていきましょう。

これからプリセプターになる人は、研修を受けて指導方法や注意点などを学ぶことになっていると思います。やみくもにやれと言われているわけではなく、きちんとしたマニュアルがあるので心配しすぎる必要はありません。

また、師長や先輩方と相談したり連絡を取ったりと、プリセプター自身にもフォローがつくため安心して指導を行うことができます。

スタッフ全体で新人を育てていくというイメージですね。ひとりで責任やプレッシャーを感じたりする必要はないのです。

教えたことが学んだこととは限らない?


3363_2_教えたことが学んだこととは限らない.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


新人を指導していると、教えてもできないことがたくさんあり、「教えたことがなんでできないの?」とイライラしてしまうこともあるでしょう。
プリセプターが新人に泣かされるというのはよく聞く話です。

そこで知っておきたいのは、教えたことと本人が理解してできることは必ずしも一致しないということです。
どんなに優秀な新人でも、一人前に仕事ができるようになるまで最低1年はかかります。

新人はほとんど何の経験も積んでいない状態で、ゼロからのスタートであるということをしっかり理解しておくことが大切です。
それに加えて必要なのは根気と忍耐です。できるまで繰り返し指導を続けることが大切です。

新人が何かミスを起こしたときは、結果自体ではなく「なぜ失敗したのか」という点に着目しましょう。
次に失敗しないようにするにはどうするかということを、忙しい業務の中であっても丁寧に振り返ることが大切です。

真剣に聞いて答えを待つ姿勢が基本


3363_3_真剣に聞いて答えを待つ姿勢が基本.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


プリセプターとして新人に教えるべきことは山のようにあります。また、できないことにイライラして、時に新人を責めたくなってしまうこともあるでしょう。

ですが、一方的にプリセプターが話していては新人が考えていることを把握できませんし、新人自身も教わったことを整理できません。

新人として成長しているなあと感じる人は、プリセプターとしっかり連携し、コミュニケーションが取れている場合が多いですね。

単に先輩と新人というだけでなく、一緒に仕事をするパートナーとしての関係ができているイメージです。

プリセプターとして指導をすることは大切な役割ですが、まずは担当の新人に関心を持ち、真剣に話を聞く姿勢を示しましょう。聞く姿勢が見られると相手も話しやすくなります。

緊張して言葉にするのに時間がかかることもありますが、プリセプターが忙しい、時間がないなどといった態度を表すのは良くありません。プリセプターは心の余裕を持つようにしましょう。

フィードバックはポジティブに!


3363_4_フィードバックはポジティブに.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


人は褒められることで能力を発揮するものです。振り返りを行うときに「あれがダメだった、なんでできないのか」などマイナスなことばかりを言い続けると、相手は落ち込み萎縮してしまいます。

フィードバックを行うときにはポジティブな内容を、角が立たない表現で伝えることを心がけましょう。

改善点を伝えるときでも「これは良かったよ。でも、もっとこうすると良くなると思う」というように、相手が前向きに受け止められるような声かけを行ってみてくださいね。
伝える内容は同じでも、表現や伝え方で受け止め方はだいぶ変わるものです。

とはいえ、言うべきことは毅然とした態度でしっかり伝えましょう。新人も自分のために言ってくれていると感じることができれば、萎縮してしまうことはありません。

新人に心を開いてもらい、何でも話せる存在になることがとても重要です。

新人に教え・教えられ、尊敬されるプリセプターを目指しましょう


3363_5_新人に教え・教えられ、尊敬されるプリセプターを目指しましょう.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


プリセプターの役割は、新人が報告・連絡・相談をしやすい環境を整えることです。新人の一番大切な仕事はこの「報・連・相(ほうれんそう)」と言っても過言ではないくらいです。

これができないことでミスが起こったり、仕事ができるようになるまで時間がかかったりということも考えられます。
そのため、まずは新人の気持ちを尊重し、良好な関係を築くことが非常に大切なのです。

また、仕事に対する姿勢など新人から学ぶこともたくさんあります。
自分が新人だった頃を思い出しながら、その頃と比べてできるようになったことや、これから克服すべき課題を見つけ、自分自身の成長にも繋げていきましょう。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!