【看護の日】「忘れられない看護エピソード」表彰式に行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3452_TOP.jpg


こんにちは、編集Sです!

5/12は看護の日。

毎年この日に向けて、日本看護協会が「忘れられない看護エピソード」を募集しているのを知っていますか?
今年(2019年)も、なんと2,629作品の応募があったそうです。

そのうち、最優秀賞など20作品が決定!
5/11に、表参道にある日本看護協会ビルJNAホールで表彰式が行われました。

今回は、その様子をレポートします!

728_90_3.png



3452_1.jpg


会場は表参道ヒルズの目の前!

看護の日のノベルティ配布や、キティちゃんとの写真撮影が行われていました。

3452_2.jpg


編集部も便乗。
キティちゃんのポージングが完璧です。

3452_3.jpg



3452_4.jpg


明治から現代にかけてのナース服がズラリ。
昔は「黒衣」なんですね。

3452_5.jpg


今年の「看護の日」PR大使、女優の須藤理彩さん。

初めての出産のあと、母親としてのプレッシャーに押しつぶされそうになったとき、優しい言葉をかけてくれた看護師さんとのエピソードを話してくださいました。

3452_6.jpg


特別審査員は、脚本家の内館牧子さん。
受賞作品について、「脚本家が頭を捻っても、このようなセリフはなかなか出てこない」と講評されました。

また、看護師の労働問題についても言及。
「看護師さんにはいつもいてほしいけど、休んでもほしい。両立ができる社会の実現に期待している」と、おっしゃっていました。

3452_7.jpg


須藤さんによる、最優秀賞作品の朗読。
涙、涙のエピソードで、編集部も思わずホロリ…。

今回表彰が行われたのは、以下の作品。

■最優秀賞
【看護職部門】
「部屋の模様替え合戦」(後藤史保子さん)

【一般部門】
「お母さん」(藤本清美さん)

■内館牧子賞
【看護職部門】
「坊主頭とドライヤー」(佐々木淳子さん)

【一般部門】
「真っ白なジグソーパズル」(三品麻衣さん)

受賞作品は、日本看護協会のホームページで読むことができます。
(ページ下にリンクを貼ってます。ぜひ読んでみてください!)

3452_8.jpg


授賞式の様子。

さらに、内館牧子賞の「真っ白なジグソーパズル」が、看護師シンガーソングライター瀬川あやかさんの手によって楽曲化されました。

3452_9.jpg



看護も音楽も諦められなかった、という瀬川あやかさん。
とってもパワフルな歌声でした。



3452_TOP.jpg


受賞された皆さん、おめでとうございます!

3452_10.jpg


また、第2部では須藤理彩さんと看護師のトークセッションもありました。

医療型短期入所施設に勤める大多和まどかさん、NICUで勤務する認定看護師、阿部知佳子さんが登壇。

「お母さんはひとりぼっちじゃない。看護師、保健師、訪問看護師などをもっと頼ってほしい」
「病気だけでなく、普段の健康や体調管理など、気軽に相談してほしい」と語りました。


今年の看護の日は、ナイチンゲール生誕から199年。
なんと来年はナイチンゲール生誕200年の記念の年になります。

ぜひ、日本看護協会のサイトで作品を読んで、あなたの「忘れられない看護エピソード」を振り返ってみてくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!