お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

アウトドア派なナースへ!キャンプを心から楽しむためのヒントが得られる記事特集☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4279_top.jpg


日常を離れ、自然のなかで食事や宿泊をするキャンプは爽快感たっぷり!ここでは、キャンプがより快適になるお役立ち記事を紹介します。いざというときの知恵や便利なグッズ、それらの活用方法などの情報が満載です。キャンプがもっと楽しくなる、そんなワクワク感をぜひGETしてくださいね♪

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。


(1)テントの試し張りって必要?より安心してキャンプを迎える為に


Misoji×Camp.jpg


不慣れな環境や作業さえも、楽しみのひとつである野外キャンプ。
しかし、楽しい反面、失敗してはいけない作業があると、ブログ『Misoji×Camp』の運営者みそおさんは言います。
ここでは、その作業について書かれた記事《テントの試し張りって必要?より安心してキャンプを迎える為に》に注目しました。

記事によると、野外キャンプに行くにあたって大切なのは、テントの設営手順を把握しておくことだそうです。
なぜなら、キャンプ当日に現地で初めてテント張ると、上手くできなかったり誤って道具を壊したりして、泊まれなくなる恐れがあるからなのだとか。

本当にそんな失敗があるの?と思う人がいるかもしれませんが、これはみそおさん本人の体験に基づいた教訓らしいですよ。
実はみそおさん、デイキャンプでテントの試し張りをした際、いざ立ち上げるときにフレームが折れてしまったとのこと!
普段の生活で言うなら家が壊れてしまうのと同じで、そのショックは大きかったようです。
こんなハプニングを避けるためにも、テントの試し張りを強くオススメしています。

また、記事には、試し張りの詳しいチェック項目やそのほか気をつけたいことなども掲載されているので、目を通してみてはいかがでしょう?
キャンプがより楽しく、より安全になるポイントを手に入れてくださいね♪

【参照元】
⇒テントの試し張りって必要?より安心してキャンプを迎える為に | Misoji×Camp



(2)キャンプで使えるロープワーク(基本的な3つの結び方)


ソロキャンブログ.jpg


ブログ『ソロキャンブログ』からは、キャンプをするなら知っておきたいロープワークについて解説されている《キャンプで使えるロープワーク(基本的な3つの結び方)※画像あり》という記事をご紹介しましょう。

ここでは、テントやタープの設営の際に覚えておくべき基本的な結び方として、船を岸につなぎ留めるもやい結び、ロープの長さを自由に調整できる自在結び、木や薪などにロープを巻き付ける巻き結びの3つを挙げています。
これらの結び方には、高強度で解けにくい、ロープのみで長さ調整ができるなど、それぞれに特徴があるのだとか。

記事の筆者曰く、ロープワークをマスターすることで、キャンプの際困らずに済むそうです。
何度も結び直したり、適当に結んでしまって解けなくなってしまったりという手間が少しでも解消されるなら、ぜひ習得したいですよね。
記事には、それぞれの結び方が写真とともに解説。
また、設営・撤収の際時短につながるロープのまとめ方や、タープ設営に役立つ便利アイテムも紹介されているので、こちらも併せてご覧ください。

これからキャンプを始める看護師さんはもちろん、休日はキャンプで自然を満喫しているという看護師さんも、隅々まで記事に目をとおしてアウトドアライフを楽しんでくださいね!

【参照元】
⇒キャンプで使えるロープワーク(基本的な3つの結び方)※画像あり | ソロキャンブログ



(3)【ペグ】種類と特徴を理解して正しく打ち込む!抜けると危険!


☆こうキャンブログ☆.jpg


キャンプでテントやタープを張る際、ロープを地面に固定する道具として用いられるペグ。
そんなペグの種類や打ち方を理解していないと、ペグが抜けてテントやタープが飛んだり、壊れたりして危険な目に遭ってしまいます。

そこで、目を通しておいてほしいのが『☆こうキャンブログ☆』に掲載されている《【ペグ】種類と特徴を理解して正しく打ち込む!【抜けると危険!】》の記事。
ここでは、ペグの種類と特徴、そして正しい打ち方が書かれています。

ペグの種類として挙げられているのが以下の通り。
■ピンペグ
■ネイルペグ
■V・U字ペグ
■X・Yペグ
■プラスチックペグ
■鍛造ペグ

中では、ペグの概要と得意な地面・苦手な地面の特徴がまとめられているので、ひと目でどんなペグなのかを確認することができますよ!
また、大型のテントやタープを張る際に必要なペグの長さについても触れているので、キャンプ初心者の方は必見です。

そして記事後半では、正しいペグの打ち込み方や初心者におすすめのペグ、筆者自身のペグの使い方が紹介されています。
ペグの基本的な情報が網羅されているので、安心してキャンプを楽しみたい方は最後までしっかりチェックしてみてくださいね。

【参照元】
⇒【ペグ】種類と特徴を理解して正しく打ち込む!【抜けると危険!】 | ☆こうキャンブログ☆



(4)雨の日キャンプには7つもメリットが!より楽しむ対策も。


ぱらふぁむキャンプ.jpg


雨が降っている場合、天気がぐずついているからと、屋外でのキャンプを諦めてしまっていませんか?
そんな方に読んでもらいたいのが、こちらの《【初心者向け】雨の日キャンプには7つもメリットが!より楽しむ対策も。》という記事。
キャンプ関連のお役立ちブログ『ぱらふぁむキャンプ』を運営するぱらさんが、キャンプ初心者向けに雨の日の対策を紹介してくれていました。

記事には、全部で8つの雨対策が挙げられており、たとえば、みんなが集まる団らんスペースに、テントごと覆える大きなタープを張ると、雨を避けてテントへ出入りできるとのこと。
ただし、どこか1ヶ所に傾斜を付けてタープを張らないと、水が溜まりやすくなってしまうので、倒壊を防ぐためにも水の逃げ道を作る必要があると言います。
また、テントの下に敷くグランドシートも、床面の汚れ対策にうってつけなんだとか。
準備するサイズは、テントからはみ出さないものを選ぶと良いようです。
そのほかにも、テントの設営場所や準備する用具、ペグを抜けにくくする方法など、雨の日ならではの具体的な対策が提案されています。
雨だからこそ楽しめることもあるとのことなので、ぜひ記事中のアドバイスを参考に雨の日キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【参照元】
⇒【初心者向け】雨の日キャンプには7つもメリットが!より楽しむ対策も。 | ぱらふぁむキャンプ



(5)100円ショップの道具で燻製器を作成~燻製してみました


日常を記事にしたブログ.jpg


キャンプの楽しみの一つといえばキャンプ飯。
屋外での調理は、細かいことを気にせず豪快に行えるので、BBQをしたり、ダッチオーブンで煮込み料理を作ったりして、いつもとはひと味違った食事を楽しむことができます。
また、煙が気になる燻製のような料理もキャンプならチャレンジしやすいのも魅力でしょう。
そこで、ここでは登山やキャンプ、商品レビューなどの記事が掲載されている『日常を記事にしたブログ』の中から《100円ショップ(ダイソー)の道具で燻製器を作って燻製してみました~》)という記事に注目してみたいと思います。

この記事を執筆したmasaさんは、燻製作りに興味があったものの、専用の道具を揃えなければならないことがネックになり、手が出しづらいと感じていたそうです。
ところが、燻製チップやそのほか必要な道具が100円ショップで売られていることを知り、燻製作りを行ってみることに…。
すると、思いのほか簡単に作ることができ、低コストでも十分な満足感を得られたと語っています。

なお、上記の記事には材料やmasaさんが試した方法が紹介されているので、燻製作りにチャレンジしたい、キャンプ飯を満喫したいという看護師さんは、ぜひ熟読してみてくださいね!
masaさんの方法だと、道具は600円ほどで揃うそうなので、割と気軽に挑戦できるかもしれません。

【参照元】
⇒100円ショップ(ダイソー)の道具で燻製器を作って燻製してみました~ | 日常を記事にしたブログ



(6)【購入レポ】初めてのシェラカップはユニフレームがおすすめ!


CAMP LIFE.jpg


ひー坊さんが運営するブログ『CAMP LIFE』には、キャンプに関する情報が盛りだくさん!
お子さんが生まれたことをきっかけにファミリーキャンプを始めたというひー坊さんが、キャンプアイテムレビューやキャンプ飯レシピなどの情報を発信しています。
どれも楽しく読める内容になっているので、興味のある看護師さんは目をとおしてみてはいかがでしょう。

そんな読み応え満載のブログから今回取り上げるのは、《【購入レポ】初めての シェラカップ はユニフレームがおすすめ!そのポイントを詳しく紹介 CAMP-LIFE》という記事。
ここでは、ユニフレームの“シェラカップ”について解説されています。

記事によると、シェラカップとはキャンプや登山などで使用する金属製のカップで、マグカップのほか、調理器具としても活用できるそうですよ。
ひー坊さんが購入したというシェラカップはチタン製で、飽きのこないベーシックなデザインが特徴的なのだとか。
食器としての機能はもちろん、直火にかけたり洗いやすかったりとさまざまなメリットがあるそうです。

ひー坊さんが、ファミリーキャンプにうってつけのアイテムと絶賛するユニフレームのシェラカップ。
その他の特徴や詳細については、記事にてご確認くださいね。

【参照元】
⇒【購入レポ】初めての シェラカップ はユニフレームがおすすめ!そのポイントを詳しく紹介 CAMP-LIFE | CAMP LIFE



(7)ベルモント焚き火台 【TOKOBI】使ってみた感想!!


ナマケモノキャンパー (通称ぽっけ).jpg


まずはテントやランタン、食器にと、初心者キャンパーがある程度の道具を揃えた後に入手したいものの1つに、焚き火台があります。
これまで、レンタルでバーベキューコンロを使っていたという方も、そろそろ本格的な道具を揃えてみるのもいいかもしれませんね。

そこで一読してもらいたいのが、レジャーに役立つ情報が満載のブログ『ナマケモノキャンパー(通称ぽっけ)』の中の記事《ベルモント焚き火台 【TOKOBI】使ってみた感想!!》です。
記事では、筆者のぽっけさんが、イチオシする焚き火台について語ってくれていました。

その焚き火台とは、ベルモント(belmont)が製造販売する“TOKOBI”。
ぽっけさんによると、このTOKOBIは総合的に使いやすく、かなり使い勝手がいいようですよ。
たとえば、コンパクトさが挙げられています。
小さく折り畳めるため、ボックスの中にきれいに収納できる上、組み立ても簡単なんだとか。
さらに、燃焼効率も良く、薪を設置する箇所がメッシュ素材で風がよく通るので、火が付けやすいと言います。

そのほかにも、このTOKOBIには魅力があるそうで、記事では実際の使用感や気になること、オプションパーツにも言及。
ぽっけさんが、焚き火料理にも最適だと述べるこちらのTOKOBI、詳細が気になる方はぜひ記事にアクセスして購入前の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
⇒ベルモント焚き火台 【TOKOBI】使ってみた感想!! | ナマケモノキャンパー (通称ぽっけ)



(8)【ポータブル電源 PowerArQ2開封レビュー】


えびかにの泥沼キャンプ.jpg


キャンプサイトやキャンプする場所によっては、電源が整備されていないことも珍しくないようです。
そこで、快適なキャンプのために持っておくといいのが、ポータブル電源。
このアイテムがあれば、たとえば夏の暑い日には扇風機を回したり、冬の寒い日には電気毛布で暖を取ったりと、大活躍してくれることでしょう。

今回は、そんなポータブル電源の1つ、SamartTapの“PowerArQ2”について、ブログ『えびかにの泥沼キャンプ』を運営するえびかにさんが紹介していたので、フォーカスを当ててみたいと思います。
えびかにさんが、ポータブル電源を購入するにあたって基準としたのは、使用時間と見た目と安心感の3つ。
PowerArQ2はころんとした可愛いデザインが特徴で、倒すことで収納できる持ち手がついているため、車に積み込む際の置き方に悩まずに済むと言います。
また、購入後2年間はアフターサービスが受けられるという安心感も、大きなポイントだったとのことです。

そのほか、PowerArQ2には多彩な魅力があるようで、こちらの記事《【ポータブル電源 PowerArQ2開封レビュー】ファミリーキャンプで大活躍!?Smart Tapシリーズ パワーアークの最新モデルをご紹介します!》に詳細が綴られていましたよ。
ポータブル電源の購入を考えている看護師さんは、どうぞお見逃しなく!

【参照元】
⇒【ポータブル電源 PowerArQ2開封レビュー】ファミリーキャンプで大活躍!?Smart Tapシリーズ パワーアークの最新モデルをご紹介します! | えびかにの泥沼キャンプ