お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

【看護師の本音調査】『シゴトもう辞めたい』派 VS 『それでもやっぱり続けたい』派

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
241_TOP_向き合う靴.jpg

http://www.photo-ac.com/


看護師のみなさんからのご相談にのっている中で、「看護師辞めたくないけど、もう無理!」という声や、「看護師辞めたけど、戻りたい」という声を伺うことがよくあります。
この両極端な言葉が聞こえてくる理由はなぜなのでしょうか?
そして、実際に、看護師を辞めた方がいいのか、続けたほうがいいのでしょうか…。
今回は、看護師の叫びとも言えることテーマを、みなさんの声から考えてみたいと思います。

目次


『本当にもう看護師、辞めたい!』派の意見
『それでもやっぱり看護師、続けたい!』派の意見
結論!!看護師の仕事を続けるべきか、やめるべきか

『本当にもう看護師、辞めたい!』派の意見


・人間環境がひどすぎる!


「女だけの世界って集団心理に左右されますよね。「できない看護師」と一度レッテルを貼られたら、 なかなか払拭することが難しいです。たとえ自分が標的じゃなくても、誰かをみんなで陰口叩く輪に入らなかったら、今度は自分の番かも…と思うと怖いです。男性も普通にいる職場に行きたいです」。

・労働環境が悪すぎる!


「私は3交代なんです。日勤、深夜、休み、準夜とかあると、休みもまったく休んだ気がしないし、深夜、準夜、日勤とかもう身体的に限界です。もちろん残業も当たり前…。家に帰ると一瞬で出勤時間になってるんですよ。何かしようにも寝てしまって。それなのに疲れも取れていません。もう限界」

・プライベートが欲しい!


「友達からよく旅行に行こうって誘われますが、連休が取れないので行けません。たまに友達に会っても、いったいこの人たちはいつ仕事してるんだろうって思うくらいプライベートが充実してるんですよね。私の唯一のプライベートはほとんど“お一人様”だから、あんまり人には言えないんです」

看護師のみなさんは日夜頑張っていて、精神的にも肉体的にもかなりお疲れなんですよね。
『本当にもう辞めたい』派の方は、職場や労働環境の改善が必要なのであって、看護師のお仕事自体が嫌というわけではないのですね。

『それでもやっぱり看護師、続けたい!』派の意見


・誰かがやらなきゃならない仕事


「仕事が大変でも得られるものは大きいと思います。困っている方を直接、お手伝いすることができ、それにお礼を言ってもらえるなんて、とても嬉しいし、誇りが持てる仕事だと思います。看護師は今、不足しています。誰かがやらなきゃいけないなら、資格を持っている自分が頑張るべきです」

・看護師以外じゃ、生活できない


「私は看護に高い志とかはないですけど、そういう看護師もいますよ。志がなくても仕事は仕事として、ちゃんとやっています。看護師はやっぱり収入がいいし、全国どこに行っても求人があるのがいいところだと思います。仕事が大変なのは当たり前。生活のために、私は看護師続けますよ!」

・他の仕事では味わえない役割り


「看取りをさせて頂いた患者様に『あなたでよかった』と言われました。先日、退院された患者様の娘さんが、お礼に私の絵を描いてくれました。誰かのために私にできることがある。それでお給料までもらえている。自分の存在価値を感じて生きていける仕事ってすごくいいなと思います」

看護師は、病の人にとって必要な存在。だからこそ大変だけど、感謝されたり、自分の存在価値を感じられ、その分、報酬としてのお金ももらうことができるんですよね。『それでもやっぱり続けたい』派の方は、看護師である誇りや喜びを感じられている方がおおいようですね。

結論!!看護師の仕事を続けるべきか、やめるべきか


『本当にもう辞めたい』派、『それでもやっぱり続けたい』派、それぞれ意見や経験談を聞いて、あなたはどう感じられましたか?

看護師の仕事自体は、大変でも“やりがい”があると感じられているようですね。そして、辞めたい方は、労働環境や職場環境がよければ、看護師を辞めたいわけではないのだと感じました。

しかし、看護師不足といわれる現状は、古い慣習や長く続いた常識により、なかなか改善できていません。また日本全体の労働人口が減っており、今後も看護師の不足状態は続きそうです。

それでも最近では、看護師確保のために今までの古い常識を捨て去り、新しい看護師の働き方を推進している事業所が増えてきているのも事実です。この動きが進めば、将来、看護師さんは今よりもっといい条件でお仕事できるようになるはずです。

国や地方自治体、看護協会などの政策や働きかけも大切ですが、現場を動かしている現場の人間ひとりひとりが、「今までの看護師の労働環境の常識は変えるべきだ」という認識を持ち、それを周囲と共有することがとても大切ですよね。

人間関係の問題に関しては、転職するなどして環境を変えることで改善できます。次で失敗しないために、検討したい事業所の雰囲気や管理者の人柄、働いている人の口コミなど、事前情報を転職サイトに聞くのはとてもオススメです。

多くの勉強をし、つらい実習を乗り越え、頑張って取得した看護師資格です。
資格があるからこそ、あなたには人を助けることができます。
もちろん心と体が壊れるほどつらいのであれば、無理して今の状態で看護師を続けなくてもいいと思います。

でも、できることなら、“働きやすい環境づくり”や“いい条件で働ける場所”を見つけて、無理をしないで看護師として活躍できることが一番いい道なのではないか…、今回の調査からは、そんな回答が見えたような気がします。