産後の復職した看護師さんにオススメ!育児と仕事を両立しながらできる骨盤矯正!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
産休後に復職した看護師のみなさん、育児と仕事の両立お疲れ様です!産前産後って体型変わりますよね?
そこで今回は、産後の復職した看護師さんでもできる骨盤矯正ダイエットの方法をお伝えしたいと思います!
1208_TOP_骨盤.jpg

http://www.photo-ac.com/




★骨盤矯正が必要なわけ★


骨盤を矯正するとダイエットになるという話を聞いたことがある方も多いかと思います。出産をすると骨盤は開きやすくなっている状態なので、戻してあげる必要があります。骨盤が開いたままだと、内蔵が落ちてお腹がぽっこり出てしまいます。

また体のバランスが悪く、体幹がしっかりしないために、ダイエットには向かない体になってしまう可能性があるんですよ。

骨盤をしっかり矯正し、正しい姿勢できれいな身体と、動きやすい身体作りをしたいですよね。


★お仕事中にエクササイズ!★


産後はホルモンバランスが崩れやすく、体調がすっきりしなかったり、疲れやすくなったりしてしまいます。人間ひとりを産んだのですから相当な負担になっているんです。

それでも頑張ってお仕事に復帰された看護師さんは、仕事から帰ったらヘトヘト。でも、あかちゃんは待っていてはくれませんので、育児も大忙し。

そこでお仕事中や通勤中に骨盤矯正ができれば便利。とは言えど白衣を着たら産後だろうが産前だろうが忙しいのが看護師のお仕事です。そんな中でもできる骨盤矯正とはどんなものでしょうか。

■通勤電車で座れなかったときに…■


通勤電車で座れたらシッカリお休みを取りましょう。育児と仕事の合間のお休みにしてくださいね。
でも、もし座れなかった時は、ダイエットにその時間を有効活用してみてください。


方法は簡単。背筋を伸ばして姿勢をただし、腹筋(特に下腹)をへこませ、キープ! たったこれだけ。道具もいらないし、周りにも気づかれません。

この方法の良い点では、例えば「ひと駅区間だけ頑張ってみる」など、区切りや目標を決めて頑張れるところ。見慣れた流れる車窓の景色で「あともう少し」と計ることもできるから、目処を立てて努力できるんですよ。

■書類を書きながら…■


仕事中、せわしなく動きまわる看護師さんですが、書類を書いている時だけは身体は使いませんよね。そこをうまく利用して、立ちながら書類を書くついでにできるエクササイズがあります。

骨盤まわりにうきわを描くように、腰を回していきます。右回り、左回りとバランスよく行ってくださいね。
注意して欲しいのは、周囲の視線。ひと目につかないようにお願いします。


★お家で無理なくできる骨盤矯正★


白衣を脱いで帰宅して、「今日も頑張った~」と休みたいところですが、産後の看護師さんにはあかちゃんが待っているので、今度はママに戻って大忙し。そんな育児中にどんな骨盤矯正ができるのでしょうか。

■家事の合間に、子供と遊ぶ時に■


小さな子を見守る時間。家事をしたいけど、子供から目を離せず見ている必要があって動けない時もありますよね。そんな時こそチャンスです!

座った状態で足を前に伸ばし、おしりで前後に歩きます。たったこれだけですが効果はとてもあるんですよ。座った状態で少し前に出て、後ろに下がればいいので、部屋の中で行えるし、子どもとの距離も近い状態でできるが嬉しいですよね。

■寝る前に45秒からできる体幹トレーニング■


骨盤を矯正することと、それを支える筋力をつけることが大事です。どんなに骨盤矯正しても、筋肉がなければまた元に戻ってしまうのです。

そこで寝る前に45秒でもいいのでできる体幹トレーニングがオススメ。
あお向けになった状態で膝を曲げます。足は床についていて大丈夫です。

そこからお尻を上に持ち上げ、胴体がまっすぐになるようにお腹とお尻にチカラを入れます。
横から身体をみると「へ」の時になるように。これを45秒間キープ!

これだけで体幹が鍛えられます。できる方は45秒を3回行ったり、同じ姿勢でつま先をあげたり、片足をまっすぐに持ち上げキープしたり、時間を1分にしたりなど、強度を上げていくこともできますよ。地面につくかかとの位置が胴体から遠いほどきつくなります。


★便利グッズを有効活用★


「育児と仕事が大変でエクササイズはきびしい」という方もいて当然ですよね。本当は整体などプロの手で施術してもらうのが理想ですが、時間がなく難しい時は、骨盤矯正グッズを使用してはいかがでしょうか?

オススメは骨盤矯正ベルトです。自分のサイズに引き上げて固定ができるのでオススメ。ご自宅で使用できます。

また骨盤矯正のサポートをしてくれるレギンスなどのインナーは、仕事用で活用できます。

骨盤をサポートしてくれるので、入浴介助や体位変換など身体を使うお仕事のときの腰への負担を軽減し、安定させる効果も期待できますよ。


以上、産後復職して頑張っている看護師さんにオススメしたい骨盤矯正の方法をご紹介してきました。
看護師の仕事も育児も大変だけど、両立をしている看護師のみなさんには本当に頭が下がります。

産後は無理は禁物ですが、「あの時しっかり骨盤矯正しておけばよかった」と後で後悔しないためにも、自分ができる範囲で骨盤矯正を行ってみてはいかがでしょうか?

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!