看護師の健康は睡眠の質が大事!就寝時間と起床時間を管理してくれる便利なアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1258_TOP_花柄のワンピースの女性の手.jpg

http://allthefreestock.com/


JNHS(日本ナースヘルス研究)が30歳以上の女性看護職員39,371人を対象に行った調査によると、看護師の睡眠時間は6.4時間が平均。

これに対し総務省統計局のデータでは、一般女性の睡眠時間は7.35時間が平均とのことで、やはり看護師は睡眠時間が少ない傾向にあります。


長さよりも質が大事


1258_プールに浮かぶ女性.jpg

https://unsplash.com/



十分な睡眠時間も大切ですが、もっと重要なのは睡眠の質です。つまり、ちゃんと熟睡できているかが非常に大事なポイントになるのです。

看護師は限られた睡眠時間で、いかに熟睡できるかが重要。熟睡できずに日々を過ごしていると、健康に様々な被害を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。

看護師は体力勝負。また、免疫力が弱まると体調不良を起こしやすくなります。


脳の働きが低下する


判断が鈍り、作業効率が悪くなり、集中力が欠け、ミスを起こしやすくなる可能性も…


ストレスが溜まりやすく精神的に不安定


質の悪い睡眠は脳の疲労回復を妨げストレスが緩和されないため、メンタル不調の原因。


老化現象が早まる


1258_頭をかかえる女性.jpg

http://allthefreestock.com/


質の悪い睡眠が成長ホルモンの分泌を邪魔し、新陳代謝の低下をまねき、老化を早めます。


心臓に負担をかける


全身に血液を送る役割がある心臓。熟睡できなければ心臓に負担をかけ、ひたすら働かせ続ける状態なので、心臓病や心筋梗塞などのリスクを高めてしまうんです。


記憶力が低下する


1258_落ち込む女性.jpg

https://unsplash.com/


覚えることも多い看護師。記憶力が低下した状態での業務は見落としも多くなるでしょう。


覚めるタイミングも重要


目覚めは、眠りが浅い状態(レム睡眠)のときに起きるのがベスト。眠りが深い状態(ノンレム睡眠)で起きてしまうと、まだ脳が眠っている状態なので好ましくありません。

眠りが深い状態で起きると睡眠慣性を起こしやすくなり、しっかり寝たつもりでも頭がボーっとしたり眠気が強く残ったりして体は疲労を感じたまま。

質の良い睡眠の妨げにもなるので起きるタイミングも重要になってくるわけです。けれど、眠りが浅い状態を見極めてタイミングよく目覚めるのは難しいですよね。


快眠サイクル時計


そこでオススメしたいアプリが「快眠サイクル時計」。睡眠中のレム睡眠とノンレム睡眠をiPhoneの加速度センサーが分析し、眠りが浅い状態のときにアラームで起こしてくれる優れもの。

また、眠りの深さや浅さ、睡眠時間をグラフ化してくれるので、毎日の睡眠状態をチェックできます。寝言やイビキを録音できる機能付きで、眠っているときの状態を音声で確認できるのも特徴。


さらに、眠りを促す全10曲のオリジナル快眠ミュージックもアプリに収録されており、心地よい睡眠に役立つ便利なツールです。

日頃から質の良い睡眠のために熟睡できる習慣を心がけ、眠りが浅い状態で目覚めるのが大事。質の悪い睡眠は健康に悪影響を及ぼしますし、くれぐれも注意してくださいね。

睡眠時間が短い看護師は、質の良い睡眠で健康を管理することが大事。ぜひ今後に役立てて、ライフスタイルの向上を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!