お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

クリスマスが待ち遠しい看護師さんに提案!当日がもっと楽しくなるアイデア特集♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもから大人まで誰もが楽しめるクリスマス。イルミネーションが点灯したりクリスマスソングが流れたりと、この時期になると心がウキウキしますよね♪そんなクリスマスが待ち遠しい看護師さんへ、ここではクリスマスをより楽しくするための記事をご紹介します。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。

目次

(1)簡単でおしゃれなクリスマスのキャンドルアレンジメントの作り方

ブログ『バラと小さなガーデンづくり』は、バラが好きで勉強中だというあいびーさんにより定期的に更新されています。
その中から、今回は手作りのクリスマスキャンドルの作り方が紹介されている記事《ベニシアさん直伝!簡単でおしゃれなクリスマスのキャンドルアレンジメントの作り方》に注目してみました。

記事によると、準備する材料はバスケット、アルミの皿、吸水性スポンジ、長めのキャンドル、針葉樹や常緑広葉樹、赤い実など。
あいびーさんは、ドイツトウヒや松といった針葉樹に加え、ヤツデやビワなどの常緑広葉樹、赤い実がキレイなヒペリカムを準備したそうですよ。
これらの瑞々しい葉や枝、実を使って、ほかにはない目にも鮮やかなクリスマスキャンドルが作れると言います。

具体的な作り方としては、アルミの皿を受け皿に吸収性スポンジを置き、そこに針葉樹やキャンドル、飾りとなる赤い実などを刺していくようです。
仕上げに松ぼっくりやリボンを飾り付けると、華やかさがプラスされるのだとか。
ただし、全体のバランスとボリュームが均等になるように飾るには、少しコツが要ります。
立体感のある見栄えが良いクリスマスキャンドルを作りたい看護師さんは、ぜひ記事中に散りばめられた作成のヒントを見逃さないようにしてくださいね!

【参照元】
ブログ名:バラと小さなガーデンづくり
紹介記事:ベニシアさん直伝!簡単でおしゃれなクリスマスのキャンドルアレンジメントの作り方

(2)800円で完成!100均「ダイソー」で作るクリスマスリース

ハンドメイド作家として活躍中のみきさんが紹介してくれているのは、100円ショップの材料だけを使ったクリスマスリースの作り方。
運営する『ハンドメイド作家のブログ』の中の《800円で完成!100均「ダイソー」で作るクリスマスリース》という記事に、具体的な作り方が綴られています。

みきさんによると、なんと800円ほどの材料費でクリスマスリースが完成したそうですよ!
購入した材料は、土台となるリースベースやヒイラギの造花、アレンジワイヤー、クリスマスオーナメントなど全部で8点。

作り方は、リースベースはつる性の植物に模したものを使い、そこに5cmほどの長さにカットしたヒイラギの造花をアレンジワイヤーで反時計周りに結びつけていきます。
途中、全体のバランスを見つつ、松ぼっくりや実がついた造花、クリスマスオーナメントを飾ると雰囲気たっぷりのリースが完成です!

記事には、みきさんが実際に購入した材料や作り方の手順、仕上げ方などがアドバイス付きで丁寧に解説されています。
同時に、作る工程と完成品の写真も添付されているので、不器用さんやセンスあるリースを作りたい方は、ぜひ記事にアクセスしてみてくださいね。
そして、オリジナリティ溢れる自分好みのクリスマスリースを作ってみてはいかがでしょうか。

【参照元】
ブログ名:ハンドメイド作家のブログ
紹介記事:800円で完成!100均「ダイソー」で作るクリスマスリース

(3)【100均DIY】材料4つ!毛糸で3D雪だるまを作っちゃおう

たすほさんのブログ『100円ママ〜100均大好きママのお役立ち情報〜』には、親子で楽しめるクラフト情報が満載!
しかも、100均ショップで揃えられる材料を主に使用しているので、リーズナブルに作れるというのも嬉しいポイントです。
そんなブログの中から、クリスマスシーズンにピッタリの記事を見つけたので紹介します。

ピックアップするのは、毛糸で作る立体的な雪だるまについての記事《【100均DIY】材料4つ!毛糸で3D雪だるまを作っちゃおう!》です。
揃える材料は、毛糸、風船、工作用ボンドなど。
毛糸で作ると言っても、膨らませた風船に毛糸を巻きつけていく方法なので、編み物ができない方でも安心ですよ。

まずは、雪だるまの頭と体の土台になる風船を大小膨らませます。
そこへ毛糸を巻きつけてボンドで固定。
あとは、毛糸が完全に乾燥したら風船から外して組み立てるだけです。

なお、ボンドついては記事にいくつかの使用方法が紹介されているので、作る際はそちらを参考にしてくださいね。
たすほさん親子が作った、とってもチャーミングな完成品の写真も必見ですよ。
見ているだけで心が温かくなりそうな毛糸の雪だるま、ぜひチャレンジしてみては?

【参照元】
ブログ名:100円ママ〜100均大好きママのお役立ち情報〜
紹介記事:【100均DIY】材料4つ!毛糸で3D雪だるまを作っちゃおう!

(4)タペストリーツリーにニトリのオーナメントを飾りつけ

『SAKURASAKU』は、ラクに家事をこなし、楽しく過ごせる暮らしづくりを目指すsakuさんのブログ。
掃除・洗濯・収納・子育てなどのカテゴリがあり、生活に役立つ耳寄り情報が多数ラインナップしています。
そんなブログから、クリスマスにぴったりなアイデアとして、部屋のスペースを取らずにツリーを楽しめるタペストリーツリーが紹介されている《【クリスマス準備】タペストリーツリーにニトリのオーナメントを飾りつけ》という記事に注目してみました。

sakuさんは、タペストリーツリーに飾り付けをするために、オーナメントを引っ掛けるためのボタンを縫い付けています。
その際、オーナメントのアクセントとして、ボタンの色や形を変えてみても楽しめるとのこと。
記事内には、実際にお子さんがボタンにオーナメントを引っ掛けている様子がアップされており、とても楽しそうです。

さらにsakuさんは、タペストリーツリーにLEDのケーブルライトを引っ掛けて、ツリーを点灯させています。
キラキラ光るツリーを見て、子どもたちは大喜びだったそうですよ♪
加えて、お子さんが作った折り紙の作品も飾られており、オリジナリティ溢れる素敵なツリーが完成しています。

「部屋が狭くてツリーを飾るのは難しい」という方は、ぜひタペストリーツリーを使ってクリスマスを盛り上げてくださいね!

【参照元】
ブログ名:SAKURASAKU
紹介記事:【クリスマス準備】タペストリーツリーにニトリのオーナメントを飾りつけ

(5)クリスマスストッキングをハンドメイド

Kanaさんのブログ『MOMMY KANA HANDMADE』には、料理・手芸・日曜大工など、手作りで日常を楽しむ情報が満載!
どれもKanaさん自身が手作りしている様子や工程が詳しく掲載されているので、ハンドメイド好きな方はもちろん初心者の方も楽しめそうです。
そんな中から、今回のテーマにぴったりの記事《クリスマスストッキングをハンドメイド》に注目してみました。

Kanaさんが住むアメリカでは、寒い時期になると街全体が一気にクリスマスを楽しむ雰囲気になるとのこと。
お家でもそのワクワク感をアップさせるべく、キュートなクリスマスストッキングを手作りしたと言います。

材料は、クリスマスっぽい柄の表生地と裏生地に使う余り布、飾り用の刺繍糸、リボンなど。
工程はいたってシンプルで、ソックス形の型紙をもとにカットした布を縫い合わせていくだけです。
縫う際に注意が必要な箇所がいくつかありますが、写真付きで詳しく説明されているので分かりやすいですよ。

また、完成品をインテリアやツリーの小物として飾ったり、子どもや友人へプレゼントしたりすることで、より楽しさが増すのだとか♪
子どもも大人もハッピーになるクリスマス、今年は上記事を参考に手作りグッズで彩ってみてはいかがでしょう?

【参照元】
ブログ名:MOMMY KANA HANDMADE
紹介記事:クリスマスストッキングをハンドメイド

(6)スノースプレーの注意点と使い方|子供も大人も楽しむクリスマス

今話題のものや事など、さまざまな時事ネタを取り扱い深堀りして発信しているのは、サイト『しきの部屋』を運営する四季さん。
季節のイベントも人一倍楽しむそうで、こちらの記事《【ダイソー】スノースプレーの注意点と使い方|子供も大人も楽しむクリスマス演出》では、お家で過ごすクリスマスをより効果的に演出するための窓の飾り付け方を教えてくれていました!

記事によると、準備する材料はスノースプレーとマスキングテープ、型紙シートの3つのみで、全て100円ショップで揃うのだとか。
これらの材料を使って、窓にぼかしを入れるようにスノースプレーを吹きつけることで、まるで雪のような装飾が施せると言います。

スノースプレーを上手に使うポイントは、少しずつ吹き付けること。
3秒以上同じところにスプレーせず、数回に分けて噴射するとダマにならないのだそうです。
また、型紙シートは使うたびに付着した粉を拭き取ってから再度スプレーするとキレイに仕上がるようですよ。

ただし、スノースプレーで窓のデコレーションをする際にはいくつか注意点があります。
本文に詳しく綴られているので、ぜひくまなく目を通してみてくださいね。
そして、毎年クリスマスツリーは飾り付けしても、窓はそのまま飾らず殺風景という看護師さんは、記事を参考にチャレンジしてみては?

【参照元】
ブログ名:しきの部屋
紹介記事:【ダイソー】スノースプレーの注意点と使い方|子供も大人も楽しむクリスマス演出

(7)クリスマスカードを手作り。刺繍とフェルトでそれっぽく!

日本国内では、クリスマスの時期になるとさまざまな種類のクリスマスカードが販売されますが、たまには手作りしてオリジナリティを出してみるのも良いかもしれませんよ。
ここでは、毎年クリスマスカードを交換しているという『まいにちきろくノート』を運営中のとまとさんが、手作りのクリスマスカードのアイデアを教えてくれていたので注目してみました。

とまとさんがクリスマスカードを作るうえで用意したのは、厚紙や紙袋、フェルト、刺繍糸など。
まず、厚紙をカードサイズにカットし、それに合わせてカットした紙袋に下書きしていきます。
そして、その下書きに沿ってフェルトを貼り付けたり、刺繍を施したりしたあと、最後に裏を隠すように厚紙を貼り付けて整えたらできあがりです。
作業時間は、デザインさえ決まれば1時間ほどとのことなので、スキマ時間にも作りやすいのではないでしょうか。

こちらの記事《【追記あり】クリスマスカードを手作り。刺繍とフェルトでそれっぽく!【しかしまさかのスペルミス!】》に、詳しい作り方が掲載されています。
クリスマスを盛り上げるためのアイデアに悩んでいる看護師さんは、ぜひ読んでみてくださいね。
温もり溢れるクリスマスカードは、渡す側だけでなく、もらう側の心も和ませてくれることでしょう♪

【参照元】
ブログ名:まいにちきろくノート
紹介記事:【追記あり】クリスマスカードを手作り。刺繍とフェルトでそれっぽく!【しかしまさかのスペルミス!】

(8)子供が喜ぶアドベントカレンダーを手作りしたよ。

育児が楽しくなるアイデアを発信しているブログ『ままとごはん』
自身も2児の母でもある立花マチ子さんが綴る記事は、どれも親しみやすく大人気です!
その中から今回は、クリスマスのワクワク感がアップする《子供が喜ぶアドベントカレンダーを手作りしたよ。作り方と中身のアイデアを紹介!》に注目してみました。

カレンダーの中に小さなお菓子を忍ばせたアドベントカレンダーは、クリスマスまでのカウントダウンを楽しむアイテムとして日本でも人気が高まっています。
そのカレンダーを家で手作りしたという立花さんによると、実は意外と簡単にできるのだとか。
準備する材料は、折り紙、マスキングテープ、紐、お菓子など。
まずは、折り紙をマスキングテープで留めながら袋状に折っていきます。
そこへお菓子を入れ、袋の口をマスキングテープで留めて表にカウントダウンの数字を記入。
あとは、それぞれに紐をつけて部屋に飾れば完成です!

折り紙の色や数字の字体、飾り方などを工夫することで、オリジナリティがさらにアップ♪
また、手作りだと、子どもの年齢やきょうだいの数によってお菓子を調節できるというメリットもあるそうですよ。

さて、可愛らしく仕上がったアドベントカレンダーですが、気になる子どもたちの反応はどうだったのでしょう?
作り方の詳細と併せて、ぜひキュートなエピソードにも目を通してみてくださいね。

【参照元】
ブログ名:ままとごはん
紹介記事:子供が喜ぶアドベントカレンダーを手作りしたよ。作り方と中身のアイデアを紹介!

(9)【クリスマスレシピ】おうちでできる美味しいシュトレンの作り方

世界には色々なクリスマスの楽しみ方があります。
たとえば、ドイツでは伝統菓子のシュトレンをクリスマスシーズンに食べるのが定番です。

そのシュトレンを毎年作っているというのは、元パティシエのacoさん。
運営するブログ『ARECORE : アレコレ』の中の記事《【クリスマスのレシピ】おうちでできる!美味しいシュトレンの作り方》では、おうちで簡単に作れるようにアレンジしたオリジナルのレシピが公開されていました。

記事によると、通常シュトレンを作る際にはマジパンを入れるようですが、acoさんのレシピではカロリーを抑えるためにマジパンは使用せず、手間がかかることを考え中種を作る工程も省かれています。
お菓子作り初心者の看護師さんも、材料さえ揃えればそれほど気負わなくても楽しく作れそうですよ。

作る手順は、フルーツとナッツの準備から生地作り、発酵、成形、焼成、仕上げまで8つの工程に分けられています。
それぞれの工程で、写真を交えて上手に作るためのヒントが記載されているので、初めて作る場合もアドバイス通りに作れば大丈夫!
今年のクリスマスは、手作りのシュトレンを囲んでいつもとは違った楽しみ方をしても良いかもしれませんよ。

【参照元】
ブログ名:ARECORE : アレコレ
紹介記事:【クリスマスのレシピ】おうちでできる!美味しいシュトレンの作り方

(10)ジンジャークッキーのレシピ【ツリーに飾ろう】

たまごさんが運営する『北のねこ暮らし』は、愛猫との暮らしの中で得た知識や気付きなどを発信するブログ。
猫の栄養管理や猫グッズのレビューなど、愛猫家はもちろん、これから猫を迎えたいという方も楽しめる内容になっているので、興味のある看護師さんは覗いてみてくださいね。
そんな猫愛溢れるのブログからは、クリスマスツリーにオーナメントとして飾る猫の形のジンジャークッキーのレシピをピックアップしてみました。

記事《ジンジャークッキーのレシピ【ねこ森町のクリスマス】【ツリーに飾ろう】》によると、ジンジャークッキーは魔除けの意味を持つことから、クリスマスに無病息災を願って食べると良いのだそうです。
ジンジャークッキーに必要な材料は、無塩バター・砂糖・はちみつ・卵・薄力粉・ジンジャーパウダー・シナモンパウダーの7つ。
スパイスが苦手な方は、ジンジャーパウダーやシナモンパウダーの分量を少し控えて作っても美味しくできるそうですよ。

本文には、生地の仕込みからアイシングまでの工程がわかりやすく記載されているので、お菓子作り初心者さんでも安心してチャレンジできるでしょう。
飾ってかわいい、食べて美味しいジンジャークッキーのオーナメント。
玄関やお部屋などに飾って、楽しいクリスマスをお過ごしください。

【参照元】
ブログ名:北のねこ暮らし
紹介記事:ジンジャークッキーのレシピ【ねこ森町のクリスマス】【ツリーに飾ろう】

(11)カナダのサンタさんに出した手紙の返事が届きました!

看護師さんの中には、「サンタさんに手紙を出してみたい」とお子さんに言われ、困った経験を持つ方もいるのではないでしょうか。
また、自分が出してみたいと思ったこともあるかもしれませんね。
そこで、ここではサンタさんに手紙を出したという実体験が綴られた記事を取り上げてみたいと思います!

該当するのが、ひよこママさんが運営する『みがるに暮らす』で発信中の、《カナダのサンタさんに出した手紙の返事が届きました!手紙の内容や届いた時期のこと》です。
記事によると、サンタさん宛の手紙は世界各国で受け付けられているそうですが、特にお返事をもらいやすいのはカナダのサンタさんなのだとか。
ひよこママさんのご家庭では、発送がギリギリになってしまいクリスマスまでにお返事は届かなかったものの、翌年の元旦にはしっかり受け取れたそうですよ♪
実際にどのようなお返事が届いたのかは、上記の記事に飛んで確かめてくださいね。

ちなみに、カナダのサンタさんへ手紙の出し方が別途の記事で紹介されていたので、こちらも併せて読んでみてはいかがでしょうか。
サンタさんへ手紙を出したり、お返事をもらったりする特別感やワクワク感は、楽しいクリスマスの一翼を担ってくれるはずです。

【参照元】
ブログ名:みがるに暮らす
紹介記事:カナダのサンタさんに出した手紙の返事が届きました!手紙の内容や届いた時期のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加