お酒好きの看護師さんへ♡格別の一杯を楽しむときの参考になるブログまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒を楽しむ.jpg


飲むと楽しくなったり、嫌なことを忘れさせてくれたりする"お酒"。看護師さんの中には、そんなお酒が大好きという方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、美味しいお酒を飲む際に、知っておきたいマナーやレシピなどが載ってる記事を集めてみました♪


(1)おしゃれな手作り酒「サングリア」の作り方!宅飲みやBBQに♪


おしゃれな手作り酒「サングリア」の作り方!宅飲みやBBQに.jpg


爽やかな口当たりと、飲みやすさで人気上昇中のサングリアは、フレーバードワインの一つ。

ワインが好きな看護師さんの中には、サングリアのファンもいるのではないでしょうか?

サングリアは、ワインにフルーツを漬け込んだお酒で、作り方は意外と簡単!
フルーティーなお酒が好きな方は《おしゃれ過ぎる手作り酒「サングリア」の作り方!宅飲みやBBQにも最適。》という記事を読んでみてください。
フルーツたっぷりで、見た目もおしゃれなサングリアの作り方が紹介されていますよ♪

また、上記の記事を執筆したまさとさんのブログ『まさトーーク』には、料理やスイーツのレシピも掲載されています。

「コレは!」と目を引く料理があったら、ぜひサングリアと一緒に作ってみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://www.masato1995.com/entry/sangria



(2)バックスフィズ -カクテルレシピのノウハウ-


バックスフィズ -カクテルレシピのノウハウ-.jpg


「度数が低くて、ジュースのように飲みやすいお酒が好き♡」という方は、《バックスフィズ -カクテルレシピのノウハウ-》という記事をぜひ読んでみてください。

オレンジジュースをシャンパンやスパークリングワインで割るお酒、「バックスフィズ」の作り方やカクテル名の由来、美味しく飲むコツなどが紹介されています。

バックスフィズはアルコール度数6%~8%で、さっぱりとした口当たりなのが特徴。
苦味や渋みのあるお酒は苦手な方におすすめですよ。

この記事が掲載されているのは、「カクテルでつながる」をテーマに、出張型BARサービスを展開している『4MIX COCKTAIL』のサイト。

その中には、4MIX COCKTAILが提供しているサービス内容とともに、色々なカクテルの記事やお酒に関する専門知識も綴られています。

お酒好きな看護師さんは、一読の価値があるのではないでしょうか。

【参照元】
http://www.4mix-cocktail.com/wp/blog-171.html



(3)芋焼酎+トマトジュースで作る「芋ディマリー」を試してみた!


芋焼酎+トマトジュースで作る「芋ディマリー」を試してみた!.jpg


PC、アニメ・漫画、生活のお役立ち情報などが綴られているブログ『ましろぐ』

その中に、芋焼酎を使ったカクテルを紹介した記事を見つけました!

タイトルは《芋焼酎+トマトジュースで作る「芋ディマリー」を試してみた!》

ブログの管理人さんは、お酒のことが書かれている漫画を読んでおり、その中の珍しいカクテルに注目!

漫画内のレシピをもとに、ブラッディマリーの芋焼酎版、"芋ディマリー"を作られました。

いったいどんなカクテルができたのでしょう。

以外な組み合わせのカクテルが気になる方は、ぜひ上記の記事をチェックしてみてくださいね。

トマトの甘みと酸味が楽しめる焼酎カクテルに、ハマってしまうかもしれませんよ。

【参照元】
http://www.mashilog.com/entry/imo-tomato-Cocktail-takunomi



(4)ホット梅酒のレシピ集 牛乳割りは寒い日や眠れない夜におすすめ


ホット梅酒のレシピ集 牛乳割りは寒い日や眠れない夜におすすめ.jpg


『猫好き栄養士の気まぐれNEWS』には、食べ物、家事、ヘルスケアなどの記事が数多く掲載されています。

ブログの管理人さんは栄養士の資格をお持ちなので、飲食に関する記事は特に充実!
一見の価値がありますよ。

例えば、《ホット梅酒のレシピ集 牛乳割りなら寒い日や眠れない夜におすすめ》という記事には、梅酒をホットで楽しむためのアイデアを紹介。

梅酒をホットミルクや紅茶で割ったり、ホット梅酒にすりおろし生姜をプラスしたりするアレンジレシピが載っています。

ロックやソーダ割りのイメージが強い梅酒ですが、一手間プラスするとまた違った楽しみ方ができるんですね。

身体を温めたいときや、いつもの飲み方に飽きたときにぜひお試しあれ!

【参照元】
http://www.funnews.pink/archives/1546.html



(5)牛すじとこんにゃくの味噌煮込み


牛すじとこんにゃくの味噌煮込み.jpg


『おうちでかんぱ~い♪』は、料理に関する記事がたくさん掲載されているブログです。

管理人のぴくるすさんは、洋酒も日本酒も大好きなブロガーさんだから、ブログ内にはお酒に合いそうな料理が満載♪

美味しいお酒を飲むためには、"おつまみ"にもこだわりたいという方は、注目ですよ!

特に、《牛すじとこんにゃくの味噌煮込み》という記事は、家呑み派の方におすすめの内容。

おつまみの定番、牛すじとこんにゃくの煮込みが紹介されています。
濃い味付けにすれば、煮崩れした部分をご飯にかけても美味しくいただけるとのこと。

「晩酌のお供は何にしよう…」と迷ったときは、ぜひ参考にしてくださいね!

【参照元】
http://ouchi77.blog.fc2.com/blog-entry-985.html



(6)煮物で攻め込む


煮物で攻め込む.jpg


こちらの《煮物で攻め込む》というタイトルの記事も、お酒がすすむおつまみを紹介した記事♪

酒の肴や日々の出来事が、イラストや写真とともに綴られているブログ、『われは稲モノ味なモノ』の管理人うすかるさんが、寒い冬にピッタリの煮物系おつまみを紹介されています。

ホクホクの肉じゃが・おでん風の蕪とお揚げの煮物・めかぶと焼きたらこの和えものは、美しく盛り付けられており、彩りも鮮やか!
3品とも美味しそうだから、日本酒や焼酎がグイグイ飲めちゃいそうです。

上記以外にも、うすかるさんのブログ内には、家呑みにピッタリのレシピが多数公開されています。
あなた好みのメニューを見つけて、ぜひマネしてみてはいかがでしょう。
いつもの一杯が、更に美味しくなるかもしれませんよ♡

【参照元】
http://soramin2013.blog.fc2.com/blog-entry-1371.html



(7)チャンポンして悪酔いしちゃうのは飲み過ぎだから?


チャンポンして悪酔いしちゃうのは飲み過ぎだから?.jpg


「ビールをいくら飲んでも次の日に残らないけど、色んなお酒をちゃんぽんして飲むと、かなりの確率で二日酔いになってしまう」
そう感じている方はいませんか?

ブログ『生ビールブログ-とりあえず生!-』の管理人であるタカバシ ショウヘイさんも、そのように感じている一人。

特に日本酒やワインを飲むと、次の日に残りやすいそうです。
なぜ、飲むお酒の種類によって、次の日の体調に差がでてくるのでしょう?

タカバシさんは《チャンポンして悪酔いしちゃうのは飲み過ぎだから?》の中で、持論を展開されています。

内容が気になる方は、ぜひ記事をチェックしてみてはいかがでしょう?

これから退職祝いや送別会など、飲み会の多いシーズンを迎えます。
大事な席で粗相しなくて済むように、まずは自分と相性の良いお酒を知ることが大切かもしれませんね。

他にも、ブログには美味しいお店の情報や、ビールにまつわる記事が満載です。
ぜひ、そちらも一緒に覗いてみてくださいね♪

【参照元】
http://draftbeer.jp/knowledge/health/42569



(8)新入社員が会社の宴会で失敗しないための飲み会マナー!


新入社員が会社の宴会で失敗しないための飲み会マナー!.jpg


3月・4月は歓送迎会やお花見など、職場での飲み会が増えるシーズン。
そこで、お酒の席で守るべきマナーや、二日酔い対策をまとめた記事をご紹介します!

記事のタイトルは《新社会人が覚えておきたい!新入社員が会社の宴会で失敗しない飲み会マナー!》

新社会人に向けて書かれた記事ですが、宴会に出席する機会のある方は、老若男女を問わず参考になるはずです。

目を通しておくと、「やってしまった!」と頭を抱えたくなるような失敗を回避できるのではないでしょか?

この記事は、主婦ならではの生活の知恵や耳寄りな情報を集めたブログ『主婦のネタ帳』に掲載されています。
節約術、料理、美容をはじめ、様々なジャンルの記事がラインナップしているので、あなた好みの情報がキャッチできるかも♪
看護業務の合間や家事のスキマ時間を利用して、アクセスしてみてくださいね。

【参照元】
http://wiim.jp/410/



(9)会社の飲み会で気遣い上手になるには|お酒の席でのマナー


会社の飲み会で気遣い上手になるには|お酒の席でのマナー.jpg


こちらの《会社の飲み会で気遣い上手になるには|お酒の席でのマナー》も、職場の宴会におけるマナーについて書かれた記事です。

ブログ『上機嫌な毎日!』の管理人midreamさんは、会社の飲み会でお酌に精を出していたときに、「お店の人じゃないんだから」と周りに指摘されたんだとか。

そこで、若手は飲み会でどう立ち振る舞うべきなのかを考え、アドバイスしてくれています。

midreamさん自身が経験したことを踏まえて書かれた記事だから、職場の飲み会に出席するときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

職場の宴会は、上司や先輩と打ち解けられる絶好の場。
周りへの配慮を行いつつも、楽しい時間を過ごしたいものですね。

【参照元】
http://joukigen.com/archives/590.html

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!