いつまでも「キレイ」を保ちたい☆美意識高めのナースに捧ぐ、自宅で簡単セルフケアまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_96603356.jpg


仕事を頑張るだけでなく、女性としての魅力にも磨きをかけたい看護師さん必見☆セルフでできる心身のケア方法を紹介した記事をまとめました!

ヘルシーレシピや美容法を生活に取り入れて、身体の内と外から「キレイ」を追求しましょう♪


(1)薬膳的今日のおかず・・・春の和え物を2つ


薬膳的今日のおかず・・・春の和え物を2つ.jpg


『薬剤師さいこ こつこつ学ぶ』を運営しているのは、国際薬膳師・国際中医師のさいこさん。
薬膳学校で講師として活躍する傍ら、サイト内で中医学のコラムや薬膳レシピ、弁証論治トレーニングについて綴っています。

そんなさいこさんのブログの中から、「食」のセルフケアの参考にしてほしいレシピ記事を発見しました!

その記事タイトルは《薬膳的今日のおかず・・・春の和え物を2つ》
記事には、陽気をほどよく発散させるという「辛温解表類・辛涼解表類」の食材を使った和え物が紹介されています。

涼しげな薬膳料理は、夏直前に体の調子を整えるのに一役買ってくれそうですよ♪
主にツァンツァイ(パクチー)や青シソなど風味の強い薬味が入った和え物レシピが挙げられているので、お好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://saikoko.com/2017/03/10/薬膳的今日のおかず・・・春の和え物を2つ/#



(2)金針菜ときのこのラーメン~リラックス薬膳~


金針菜ときのこのラーメン~リラックス薬膳~.jpg


「最近、心が休まらない…」
そんな看護師さんにおすすめしたいのが、《金針菜ときのこのラーメン~リラックス薬膳~》の記事。

薬膳のスペシャリストであり、料理研究家・コンサルタント・プロデューサーと幅広い分野で活躍する阪口珠未さんが、リラックスに効果的な薬膳レシピを教えてくれます。

特に女性に多いとされるのが血の不足"血虚"の症状。
血虚により、不眠やマイナス思考を引き起こしやすくなるのだそうです。
そんな中、血を補う食材として推奨されているのが「金針菜」。
阪口さんは、この金針菜を使った"金針菜ときのこのラーメン"レシピを掲載しています。

金針菜には心身を安定させる作用があるセロトニン様物質も含まれており、自身のストレス耐性を高めてリラックスするのにも最適なんだそうです。
「しっかり眠れない」「イライラしやすい」
そんな時に、ぜひ作ってみてはいかがでしょう?

阪口さんのブログ『薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン』には、他にも心身を整える薬膳料理・スイーツが多数掲載されています!
薬膳をいつもの食事に取り入れて、日頃から心と体をしっかりケアしましょう☆

【参照元】
http://kanpokitchen.com/news/金針菜ときのこのラーメン/



(3)美も健康も腸が重要♡腸内細菌を元気にするSmart Food


美も健康も腸が重要♡腸内細菌を元気にするSmart Food.jpg



掛水沙知さんは、セルフケアで輝く毎日を創る『ネオナチュラルライフ』を提案しているMYTHΘS SALONとSmart Food協会のインストラクター。

渋谷や南青山のサロンで、アロマテラピー、免疫力アップにつながるSmart Food講座などを開講しており、一生もののセルフケア実践方法を生徒さんたちにレクチャーしています。

「Smart Foodって、どんなものなの?」
「一生もののセルフケア方法でどんなことを学べるの?」
といった疑問や関心が湧いた方はぜひ、こちらの記事《美容も健康も腸が重要♡腸内細菌を元気にするSmart Foodスイーツ》に目を通してみてください。
掛水さんがSmart Food講座で指導している身体の仕組みや腸内フローラの改善方法、料理実習の内容が紹介してあります。
この記事を読むと、食生活の大切さを改めて知ることができますよ!

また、彼女が綴るブログ『赤ちゃんから大人まで あなたの人生にずっと寄り添うセルフケア♪アロマとSmart Foodで創るNeo naturalな暮らし♡』に掲載されている他の記事も読み応えがあります。
アロマや身体にやさしいフードレシピなども公開されているので、参考にしてみてはどうでしょう。
健康や美容に役立つ情報を得ることができますよ♪

【参照元】
http://earthbeauty.hatenablog.jp/entry/2017/04/25/000000



(4)超簡単&ヘルシー!クリーミーな「ロー・チョコムース」レシピ


超簡単&ヘルシー!クリーミーな「ロー・チョコムース」レシピ.jpg



「痩せたいけど、スイーツに目がない♡」
という看護師さんに、おすすめの記事を見つけました!
ブログ『南国シンプルライフ』の中にアップされている《超簡単&ヘルシー!クリーミーな「ロー・チョコムース」レシピ【砂糖不使用】》というタイトルの記事です。

記事内には、クリームの代わりにアボガドを使ったチョコムースのレシピが載っています。

アボガドには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているのに、コレステロール値はゼロ。
だから、ダイエット中の方も安心して食べられるそうですよ♪

仕事やスポーツで疲れた日は、なんとなく甘いものが欲しくなりますよね。
そんなときに我慢ばかりしていると、ストレスが溜まってしまいます。

たまにはヘルシーなスイーツを作って、自分にご褒美をあげましょう。
そうすれば、つらいダイエットを乗り越えて、健康的なボディラインを手に入れられるかもしれませんよ☆

【参照元】
http://www.karinkalife.com/entry/2017/04/22/070500



(5)スーパーフード「マキベリーパウダー」を使ったスイーツレシピ


スーパーフード「マキベリーパウダー」を使ったスイーツレシピ.jpg



『女子リキ@スイーツ部』に公開中の記事の中にも、美的欲求とスイーツへの欲求を両方満たすのにおすすめの記事がありました。
《スーパーフード「マキベリーパウダー」を使ったスイーツレシピ3選》というタイトルの記事です。

この記事には、ポリフェノール・鉄分・アントシアニンなどを多く含んだ、マキベリーパウダーを使った下記の3品のスイーツレシピが掲載。

・マキベリーパウダーのスムージー
・レアチーズケーキ マキベリーソースがけ
・マキベリーのふわふわパンケーキ

いずれも写真付きで調理過程から盛り付けまでが紹介されています。
お子さんも喜びそうなスイーツだから、家族みんなで健康&キレイを追求できるメニューですよ♪

「セルフケアを楽しみながら実践したい!」という方は、スーパーフードを上手に活用するのも一つの手かもしれませんね。

【参照元】
http://joshiriki-sweets.hatenablog.com/entry/2017/04/29/070000



(6)グリーンスムージーの作り方


グリーンスムージーの作り方.jpg



育児を機にローフードにハマったというモリナホさんが運営しているサイト『Rawfood Kitchen hanaho』
その中には、モリさんが主催するスイーツ講座やローフードワークショップの案内とともに、ヘルシーレシピの記事も掲載されています。

《グリーンスムージーの作り方》という記事もその一つ。
甘いスムージーが苦手だというモリさんおすすめの、葉野菜たっぷりグリーンスムージーのレシピが載っています。

ミキサーがあればどなたでも簡単に作れるヘルシーメニューだから、野菜不足が気になる方、置き換えダイエットに関心のある方は、ぜひ注目してみてくださいね!
材料を自分流にアレンジすれば、さまざまなバリエーションのスムージーが楽しめますよ♪

【参照元】
http://rawhanaho.jugem.jp/?cid=26



(7)グリーンスムージーレシピの前に知るべきこと


グリーンスムージーレシピの前に知るべきこと.jpg



こちらの記事《グリーンスムージーレシピの前に知るべきこと》にも、スムージーに関することが書かれています。
ローフードによる美容、健康、体調改善支援を行い、心と身体の両方を元気にする美腸教室『元気ラボ』を主催しているくろこさんが、ヘルシーで美味しいスムージーを作るために知っておきたいルールを教えてくれます。

スムージーはいろいろな葉野菜や果物を組み合わせて、自分好みの味を追求できるドリンクですが、果物ばかりを用いたり、牛乳やナッツ類を加えたりすると、健康効果が得られなくなるケースもあるそうです。

味は重要なポイントですが、それが裏目に出てしまっては元も子もありません。
健康に気をつけたい方は、くろこさんのアドバイスに耳を傾けてみてください。
四季折々の葉野菜や果物を使ったスムージーを食生活に取り入れると、暑い夏にも負けない元気な美Bodyが手に入るかもしれませんよ。

【参照元】
http://genkilab.com/greensmoothierules/



(8)アップル・ピーナッツバター・スムージー


アップル・ピーナッツバター・スムージー.jpg



「美容や健康に気をつけているものの、看護業務の合間におやつも食べたい!」
そんな方にぜひ読んでいただきたいのが、ローフードシェフ坂田真理子さんが綴った《アップル・ピーナッツバター・スムージー[ヴィーガン]》という記事。

ロサンゼルスにお住まいの坂田さんが、アメリカ定番のおやつにヒントを得て考案した、アップル・ピーナッツバター・スムージーのレシピを紹介してくれます。
リンゴやバナナの甘味とピーナッツバターの香ばしさがブレンドされたスムージーには、ビタミンC、カリウム、食物繊維、タンパク質などがふんだんに含まれているので、栄養バッチリ!

動物性食品を一切使ってないので、アレルギーをお持ちの方やヴィーガン食に興味のある方にもおすすめですよ。

坂田さんのブログ『mariko sakata』には、上記以外にも身体にやさしいスイーツ系レシピや、ローフードの基礎に関する記事が数多くラインナップしています。

健康ライフを送りつつも、食生活に楽しみを見出したいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://marikosakata.com/jp/vegan-apple-peanut-butter-smoothie/



(9)酵素ですっきり!人参とパイナップルのスムージー


酵素ですっきり!人参とパイナップルのスムージー.jpg



仕事が忙しかったり、疲れが溜まっていたりするとつい食事にまで気が回らなくなってしまうもの。
中には「偏食気味で体重が…」と悩んでいる方もいるでしょう。
そんな看護師さんにオススメなおいしくキレイになれるスムージー記事を見つけました♪その名も、《酵素ですっきり!人参とパイナップルのスムージー》です!

人参に含まれているのが、抗酸化作用に優れたカロテン。美白・美肌に良しとされています。パイナップルには食物の分解作用がある酵素がたっぷりと入っているので、ダイエットにプラスな影響を与えるのだとか♪まさに、女子のキレイを応援してくれるスムージーだといえます!
人参とパイナップルの絶妙な甘さが楽しめる一杯☆ブレイクタイムのお供に作ってみてはいかがでしょうか?

『141select/blog』のサイトには、野菜をたっぷり使った料理レシピが多数掲載されています。バランスの良い「食」を心掛けたい方は、ぜひ他レシピも参考にしてみてくださいね!

【参照元】
http://141company.com/blog/archives/2329



(10)なつめ&クコの実ティー


なつめ&クコの実ティー.jpg



今藤さちよさんは、アスリート薬膳プランナーとしてスポーツをする子どもたちを支えたり、薬膳の講座を開催したりと、薬膳で人々の暮らしをサポートする活動に尽力しています。

彼女が綴るブログ『アスリートの薬膳な食卓』の中の《なつめ&クコの実ティー》の記事には、無理した体のケアにピッタリな薬膳茶が紹介されていました!

会社の同期と飲み明かしてヘロヘロ状態だった息子さんも、このお茶を飲んで「元気になったぞ!」と喜んでいたそうです。

なつめ&クコの実ティーの作り方は、なつめとクコの実をカップに入れて紅茶を注いで蒸らすだけだから、とっても簡単♪
疲れ気味の体を助けてくれるお手軽な薬膳茶を、自分や大切な人のために作ってみてはいかがでしょう?

なつめ・クコの実・紅茶にどのような作用があるかについても詳しく書かれているので、飲む前にしっかり読んでみてくださいね。

その他ブログには、体の症状に合わせた薬膳メニューもアップされています!
「食」で心身を整えたい方は、そちらもぜひ一緒にご覧ください。

【参照元】
http://athleteyakuzen.blog.fc2.com/blog-category-13.html



(11)2017年新緑新月出発ティ


2017年新緑新月出発ティ.jpg



屋外に出ると汗がにじむのに、エアコンが入った室内に入ると寒くて仕方がない。
寒暖の差に体温調節が間に合わず、風邪症状や倦怠感を感じているという看護師さんもいらっしゃることでしょう。

そんなときは、じんわりと身体の内側から温めてくれるハーブティーがおすすめです。
《2017年新緑新月出発ティ》というタイトルの記事には、「なだめる・なめらか」といった語源を持つディルと、しょうがやキウイフルーツを使ったハーブティーのレシピが掲載されています。

ディルをベースにした新緑色の温かいハーブティーは爽やかな口当たりだから、リラックス効果も得られそうですよ♪

また、この記事が掲載されていた高遠智子さんのサイト《高遠智子の元気になるレシピ》には、他にもいろいろなタイプのハーブティーのレシピが公開されています。

卵巣ガンにより余命半年の宣告を受けたのを機に、食を通して闘病生活を克服したオーガニック薬膳料理研究家の高遠さんのレシピは、身体にやさしいものばかりなので、セルフケアの一環として取り入れてみてはいかがでしょう。
心身の疲れを癒やしてくれるかもしれませんよ。

また、以下のような書籍も執筆されていますので、気になる方は手に取ってみてはいかがでしょう。

【高遠智子さん著書】
・食べものだけで余命3か月のガンが消えた
・余命3カ月のガンを克服した私が食べたもの――四季の食材と実践レシピ


【参照元】
http://www.genki-recipe.com/herbaltea/2017/04/post-50.html



(12)セルフ小顔でタルミも解消 あなたに合うエクササイズはどれ?


セルフ小顔でタルミも解消 あなたに合うエクササイズはどれ?.jpg



神奈川県川崎在住の沙羅さんが運営するブログ『カワフィフ』は、健康・美容・料理などの情報や、川崎の地域ネタを発信しています。

その中から今回ご紹介するのは、《セルフ小顔でタルミも解消 あなたに合うエクササイズはどれ?》の記事。
ここでは沙羅さんが、小顔になれる簡単なエクササイズやケア方法を教えてくれます。

セルフ小顔を目指すキーポイントになるのは、口の周りの「口輪筋」。
口輪筋の筋肉を鍛えれば、小顔になるだけでなく、笑顔美人にもなれそうですよ♪
フェイスラインとほうれい線をつまむマッサージ、新陳代謝を上げるスチームケアも紹介されており、顔痩せの期待もできそうです。

憧れの小顔になれる美人習慣、あなたも始めてみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://7haah.com/202.html



(13)気づいて、ほどいて、軽くするヨガを教えています。


気づいて、ほどいて、軽くするヨガを教えています。.jpg



体・心・美容すべてに良い影響を与えるといわれる万能なヨガ。
自分磨きの習い事としても大変人気があります。

浅草橋、都内でレッスンをしているヨガインストラクターの平田紗希さんは、自身のブログ『さきヨガブログ』の中の《【 #さきヨガ】気づいて、ほどいて、軽くするヨガを教えています。》の記事で、教えているヨガのポイントをまとめています。

平田紗希さんがヨガで大事にしているのは「気づいて、ほどいて、軽くする」の3つ。
「気付く」では、まず普段の呼吸をチェックして、自分の精神状態を確かめます。
本来望ましいのは、ゆっくりとした深い呼吸。
自身をケアするためには、無意識に浅く速い呼吸になっていないかを知ることから始まります。
そしてポージングをして、体のクセに気付くことも重要なポイント。
その際、自分の体を探検するような気持ちが大切なんだそうです。

セルフケアで一番大切なのは、自分の状態に気付いて向き合うこと。
呼吸やヨガのポージングでクセを感じることは、自宅でも気軽にできるので、真摯に自身の体をチェックしてみてはいかがでしょう。

また、本格的にヨガを始める場合は、「ほどく・軽くする」の説明も役に立ちます。
ぜひ記事をしっかり読んで、セルフケアの参考にしてくださいね。

【参照元】
http://sakitus-yoga.hateblo.jp/entry/2016/11/09/212158



(14)25_BALASANA


25_BALASANA.jpg



忙しい毎日を送っていると、体と心のバランスを保つ余裕がなくなってしまいますよね。
「ついつい頑張りすぎてしまう」
そんな看護師さんにおすすめしたいのが、ヨガのお休みのポーズ。

こちらの記事《25_BALASANA》には、「チャイルドポーズ」と呼ばれるお休みのポーズが紹介されています。
眉間(第三の目)を下に向けるようにすると、脳を和らげるリラックス効果があるのだそうですよ。

気持ちが張り詰めているときは、少し休息の時間を設けて、チャイルドポーズで体と心のバランスを調整してみてはいかがでしょう?
記事には、ポーズのステップやベネフィットが細かく記載されているだけでなく、わかりやすい動画も付いているので参考にしてみてくださいね!

このヨガ情報を発信してくれたのは、「ニューヨークヨガ」の考案者として都内でレッスンを展開しているMIKA SAIKIさん。
ブログ『YOGAの教科書』には、ヨガポーズ以外にもヨガの哲学思想といった、ヨガ関連の記事が満載です!
気になる方は、ブログ内をくまなくチェックしてみてください。

【参照元】
http://newyorkstyleyoga.com/wp1/pose/25_balasana/



(15)髪の傷みがひどい!原因や予防&自宅で出来るセルフケアは?


髪の傷みがひどい!原因や予防&自宅で出来るセルフケアは?.jpg



美意識の高い看護師さんは、ヘアスタイルへのこだわりも強いことでしょう。
しかし、ヘアカラーやパーマなどを頻繁に行っていると、切れ毛や枝毛、髪のパサツキが気になってしまうもの。

美を追求した結果、髪を傷めてしまったという女性は少なくありません。

そこで、ここではヘアダメージの予防法とケア方法に関する記事、《髪の傷みがひどい!原因や予防&自宅で出来るセルフケアは?》に注目することにしました!
この記事を書いたAkikoさんも、実はダメージヘアに悩んだ一人。
だからこそ、髪が傷む原因を知り、予防をしたり、セルフケアを行ったりすることがいかに大切なのかを知っています。

「髪にハリやコシがない」「すぐ切れる」
といった悩みがある方は、ぜひAkikoさんの記事を参考にして、できることから髪のセルフケアをはじめてみませんか?

髪が健康的になると、ヘアスタイルも決まりやすくなるので、今まで以上におしゃれが楽しくなるのではないでしょうか。

【参照元】
http://sango5460.info/1530.html

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!