地方暮らしも悪くない?都会から地方への転職を打診しているナースが気になるホントのトコロ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_78570858.jpg


地方に移住したい!と感じても、暮らす環境を変えるのはなかなか勇気がいるもの。気持ちよく移住を決断するには、地方暮らしの実情を知ることが欠かせません。

今回は移住を検討する看護師さんのために、地方暮らしを語った記事を集めました!ぜひ、今後の計画の参考にしてみてくださいね。


(1)当たり前じゃないを経験して気付いた宮崎県のいいところ5つ。


当たり前じゃないを経験して気付いた宮崎県のいいところ5つ。.jpg


宮崎県民のタシテクさんは、県外での生活をきっかけに地元の素晴らしさを再認識したそうです。

今自分が置かれている現状と、生まれ育ってきた地元での当たり前の間でギャップが生じて、より特別感を実感できたとのこと。

その、なかなか住んでいると気づきにくい地元のありがたみが、こちらの記事《当たり前じゃないを経験して気付いた宮崎県のいいところ5つ。》からひしひしと伝わってきます。

なんでも宮崎県ではマイカーでの移動がほとんどで、公共交通機関を都市圏ほど利用しないそう。
満員電車に乗車する機会はほぼないそうです。

通勤時の移動時間も他県と比べると短いようで、メリットの1つに移動がラクな点が挙げられています。
また、食べ物がおいしく生活コストも低いといった衣食住に関わるメリットもあるとか。

その他、ブログ『タシテク』には地元愛に溢れた記事から仕事関連の記事までアップされています。
都会暮らしに目処をつけて、のんびり生活できる居心地いい場所を探している看護師さんは、移住計画の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://tashiteku.com/miyazakiken-iitokoro/



(2)札幌に移住してきて後悔したことは?不安は無かったの?


札幌に移住してきて後悔したことは?不安は無かったの?.jpg


『札幌移住ブログ』の管理人みかげさんは、26年間過ごしてきた地元埼玉県から札幌に移住した一人。
ブログには、札幌移住の体験談と地方移住に役立つ知識が綴られています。

地方移住に興味があっても、大きな環境の変化になかなか一歩を踏み出せない人もいるかと思います。そんな迷っている方に見て欲しいのがこちら《札幌に移住してきて後悔したことは?不安は無かったの?》の記事です。

みかげさんが札幌に移住する上で感じた不安や移住する前に考慮すべき注意点が書かれています。

行動を起こす前に、一度目を通しておくことをオススメします。
また、記事では移住する前に後悔する要因をピックアップすることの大切さも語られています。心の整理をきちんと行い、気持ちよく地方移住を叶えましょう!

みかげさんは、札幌移住に踏み切ったことで以前よりも元気に楽しく生きられるようになったそう。ブログには、地方移住のきっかけや札幌の魅力なども詳しく記述されているので、興味がある方はぜひ覗いてみてくださいね♪

【参照元】
http://kihsoti.com/sapporoizyuu-koukai/



(3)長く住むなら移住先は札幌よりも福岡の方が魅力的に思える理由


長く住むなら移住先は札幌よりも福岡の方が魅力的に思える理由.jpg


「福岡市が移住先として気になる」
そう記事で綴っているのは、ブログ『SIMS LAB』の管理人、simさん。

現在は札幌市に移住しているsimさんですが、移住先を決める前に札幌市と福岡市を比較していました。

その記事がこちらの《長く住むなら移住先は札幌よりも福岡の方が魅力的に思える理由》

まず福岡市のメリットとして挙げられているのが、格安な賃貸住宅の豊富さです。
ネット上でエリアを絞って検索しても、多くの物件がヒットするのだとか。

各方面へのアクセスが至便な上、ショッピングにも困らないといった魅力もあり、快適な移住生活ができそうです!
詳しくは記事をチェックしてみてくださいね。

今回ご紹介したほどよい都会の要素がある福岡情報の他、ブログ内では札幌市での移住生活もまとめられています。
地方への転職をお考えの看護師さんは、移住先を決定する前に一度覗いてみてもいいかもしれません。

【参照元】
http://sims-lab.com/archives/51246240.html



(4)子育て移住するなら秋田県がオススメな5つの理由


子育て移住するなら秋田県がオススメな5つの理由.jpg


「できるだけ良好な環境で子どもを育てたい」
親になれば、多くの人がそうした思いを抱くものです。

そんな中、「子育て移住なら秋田県」と公言しているのが《子育て移住するなら秋田県がオススメな5つの理由》の記事。ここでは、通勤・通学時間が短い、不登校率が低い、犯罪発生数が低いなど
秋田県で子育てをするメリットがピックアップされています。管理人さんの秋田愛が伝わってくるこの記事を読めば、「秋田っていいな♪」という気持ちにさせられます。
家族みんなが安心して過ごせる要素が詰まった秋田県。大切なパートナーと子どもたちと幸せな毎日を送るために、移住を検討してみてはいかがでしょう?

ブログ『Sattoga』では、秋田県民の管理人さんがさまざまな地元情報を紹介しています。
秋田の観光地・ご当地イベントや秋田弁情報など面白いネタが満載なので、こちらも要チェックですよ!

【参照元】
https://sattoga.com/archives/1064/



(5)無職、沖縄に移住してきました。【移住 > 仕事】でいいんじゃないのって話。


無職、沖縄に移住してきました。移住 仕事でいいんじゃないのって話.jpg


無職で沖縄移住してきたという、ブログ『ブラオシマ』の管理人、おしまさん。

「稼ぎより移住優先でもいいんじゃないか」
そんな意見がこちらの《無職、沖縄に移住してきました。【移住 > 仕事】でいいんじゃないのって話。》に綴られていました。

おしまさん曰く、「稼ぐためのスキルを上手に応用している人はどこでも通用する」とのこと。

何をしても稼げる人が今の時代に強く、物事の本質とそれをアウトプットしていく複数の手段について、いかに早く切り替え応用するのかがカギとなるようです。
手に職を持っている看護師さんにも参考になる記事ではないでしょうか。

「地方に移住するか迷っている」
そんな看護師さんの迷いを吹っ切るきっかけになるといいですね!

【参照元】
http://www.buraoshima.com/entry/2017/05/17/無職、沖縄に移住してきました。【居住_>_仕事】で



(6)田舎の生活1 移住当時の家計簿


田舎の生活1 移住当時の家計簿.jpg


こちらの記事《田舎の生活1 移住当時の家計簿》では、移住生活で実際にかかった支出について詳しく綴られています。

この記事を掲載したのは、ブログ『◆田舎で生活10年目!◆』の管理人、あまごさん。

記事を覗いてみると、田舎に移住して約10年を過ごしてきたあまごさんならではの経費削減の方法と、田舎暮らしの知恵がふんだんに盛り込まれています!

例えば、当時の家賃はなんと8500円!
都会では想像もできないような激安家賃が、その他の支出で少々足が出てもやり繰りできた理由の1つのようです。

ただ誤算もあったようで、当時の支出を振り返りながら田舎暮らしの注意点とアドバイスを記載されているので、移住する際の一つの目安として捉えてみてはどうでしょうか。

都会とは勝手が違い不便さは少々あるけれども、その分、地方ならではの良いところをたくさん発見できるこちらのブログ。イメージと現実のギャップを埋めるための参考になりそうですよ!

【参照元】
http://www.amagodon.net/entry/2016/06/22/144606



(7)奄美大島に移住して3ヶ月が経ちました。島の生活ってどうよ?


奄美大島に移住して3ヶ月が経ちました。島の生活ってどうよ?.jpg


美しい海に囲まれて、毎日リゾート気分を味わえる島暮らし。そんな生き方に憧れる人にオススメしたいのがこちらのブログ『離島ぐらし ~奄美群島に魅了されたアラサー男の移住日記~』です。

都会生活から抜け出し、奄美大島で暮らし始めた管理人いおんさんが離島移住のリアルを語っています。

こちら《奄美大島に移住して3ヶ月が経ちました。島の生活って実際どうよ?》の記事では、島でしか感じられない風の話、モノを買い揃える上での不便さ、余暇の過ごし方など、離島暮らし3ヶ月目の率直な感想が書かれています。

島の実情を読み進めながら、離島で暮らす自分をイメージしてみてはいかがでしょう?

他にも、ブログにはカメラとドローンで撮影された島の写真がアップされており、奄美大島の美しさを見て感じ取ることができます。

離島移住を真剣に考えるのなら他の記事もしっかり熟読してみてくださいね♪大自然を満喫できる奄美大島のスローライフに、アナタも心奪われてしまうかもしれませんよ。

【参照元】
http://rito-life.com/archives/398



(8)地方移住して丸1年が経った所感。千葉や東京よりも地元感


地方移住して丸1年が経った所感。千葉や東京よりも地元感.jpg


『9o'clock香取正博のブログ』の執筆者である香取さんは、東京から岩手県久慈市に移住したそう。
地方移住して1年が過ぎた今、生活コストの低さと暮らしやすさを実感しているそうです。

その思いが《地方移住して丸1年が経った所感。千葉や東京よりも地元感》に綴られています。

なんでも、東京では知り合いができない状況だったにも関わらず、久慈市に移住してからはどんどん知り合いが増え、今では地元の千葉より顔見知りが多い状態なのだとか!
それほど気さくな関係性を築ける風土が、久慈市にはあるのかもしれませんね。

香取さんの「第二の故郷」である久慈市への地元愛が溢れるこちらの記事、ぜひチェックしてみてください♪
人情に触れたい、地方移住で新たな人間関係を築きたいという看護師さんは、気になる情報が得られるはずですよ!

【参照元】
http://www.katorimasahiro.jp/entry/2017/05/02/132802



(9)大阪から鳥取に移住を決断できた5つの理由と3つの不安


大阪から鳥取に移住を決断できた5つの理由と3つの不安.jpg


以前は大阪住民、現在は鳥取住民の地方移住者目線で移住の実情を綴っている、なりじょしさん。

住み慣れた土地を離れて地方への移住を決断するのは難しいことですが、なりじょしさんは、ある5つの理由で移住を決断したそうです。
その答えが《社会人のぼくが大阪から鳥取に移住を決断できた5つの理由と3つの不安》に記載されています。

移住決断の理由の1つは、都会とは比べ物にならないくらいの鮮度の高い食材が揃っていること。

これは日本海に面している鳥取ならではの魅力です!
その他の理由に加え、地方ならではの気になる点も記載されているので、移住を決断する前に心構えとしてチェックしておくことをオススメします。

また、ブログ『大阪を捨てて鳥取に移住したよ』には、移住者だからこそ突きつめて書ける、大変興味をそそられる事情が網羅されています。地方への移住を検討している看護師さん、お見逃しなく!

【参照元】
https://narijoshi.com/tihou-tottori-ijuu-ketudann



(10)【田舎移住】もう二度と都会に住みたいと思わない3つの理由


【田舎移住】もう二度と都会に住みたいと思わない3つの理由.jpg


海外放浪の旅をライフワークにしているマツヤマカンキさんは、大阪で生まれ育った都会っ子。
しかし現在は田舎に移住し、その魅力を実感しているそうです。

マツヤマさんは、「田舎の方が都会に比べて断然暮らしやすい」と語っています。
一見逆のように感じますが、こちらの《【田舎移住】もう二度と都会に住みたいと思わない3つの理由》を読めば、その言葉の意味がわかります。

価値観は人によって違うものの、視点を変えると田舎暮らしにも大きなメリットがあることがわかります。

この記事は、マツヤマさんが運営する『ういみっく村』に掲載されています。

彼のブログには、上記のようなライフスタイルに関することをはじめ、自身が経験した旅にまつわるエピソードも数多く綴られています。

どれも読み応えがあり、地方暮らしや旅の情報収集としても読み物としてもオススメなので、ぜひアクセスしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://wemmick3.com/dislikecity/



(11)30代でのUターン転職はデメリットが多いんじゃないか?


30代でのUターン転職はデメリットが多いんじゃないか?.jpg


「田舎暮らしに興味がある」
「近い将来、Uターンして地元で働きたい」
そんな風に思ってはいるものの、仕事の有無や暮らしへの不安からなかなか前に踏みだせない方は多いと思います。

特に社会人としてある程度のキャリアを積んできている方は、慎重にならざるを得ないでしょう。

そこで、ぜひ注目してほしいのが《30代でのUターン転職はデメリットが多いんじゃないか、という心配にお答えます》という記事。

就職先の都会から地元にUターンし、30代で就活をしたキムラさんが、不安やリスクを最小限に抑え、地方暮らしを成功させるコツを紹介してくれています。

また、キムラさんが運営するサイト『失敗しないUターン』には、その他にも自身の失敗談や田舎暮らしのリアルな様子を綴った記事も掲載されています。

経験者だからこそ書けるリアルな情報は、移住を検討する際の参考になるのではないでしょうか?
ぜひサイト内をくまなくチェックして、今後の選択に活かしてくださいね!

【参照元】
http://inaka-works.net/u-turn/archives/404



(12)福岡市へ地方移住して実感、田舎暮らしは地方都市が最適解


福岡市へ地方移住して実感、田舎暮らしは地方都市が最適解.jpg


田舎暮らしに憧れる人に「地方都市」への移住を提唱しているのが、サイト『博多ギーク』の管理人さん。

《実際に福岡市へ地方移住して実感、田舎暮らしは地方都市が最適解だと思う》の記事では、自身が体感した地方都市暮らしの快適さに加え、田舎暮らしを考える上での問題点がまとめられています。

「自然が豊かで人もあったかい」
そんなイメージを抱きがちな田舎暮らしですが、現実的には仕事が少ない、交通の便が悪いなどそう甘くない部分もあります。

当然ながら、地域によってはコミュニティが盛んなエリアもあります。日頃から人と繋がるのが好きな人なら楽しいでしょう。しかし実際のところ、ご近所付き合いが億劫になって「都会の方が楽だった」なんて感じるケースもありえるのです。

そうした田舎暮らしの実態が詳しく書かれているので、予め一読しておくことをオススメします。

田舎ルールに苦手意識を感じる人は、管理人さんの言う通り地方都市への移住を考えてみるといいかもしれませんね!

こちらのサイトでは、福岡の繁華街・博多の情報がたくさんアップされています。

博多のグルメ・イベント情報の他、自身を綴ったブログのカテゴリーでは非正規農家体験談など面白い内容が掲載されています。合間を見つけて、ぜひアクセスしてみてくださいね♪

【参照元】
http://hakatageek.com/2016/11/1488/



石垣島3年目のぼくが「移住してよかった!」と思う5つの理由


石垣島3年目のぼくが「移住してよかった!」と思う5つの理由.jpg


沖縄の移住に興味がある人に読んでほしいのが、こちらの《石垣島に移住して3年目のぼくが「移住してよかった!」と思う5つの理由》の記事。

鹿児島から石垣島へ移住した経験を持つ新屋亮(しんやりょう)さんが、石垣島生活の素晴らしさを語っています。

目の前には美しいブルーの海が広がり、時間と共に移り変わる水面の色に癒される。そんな絶景を日常的に味わえる石垣島は、住んでいるだけで浄化されるのだそう。身も心もくつろげる空間で暮らせば、自然と穏やかな自分になれそうですね♪

また、「流行を気にしなくていい」「日帰りで離島旅行ができる」など、離島ならではのリアルも知ることができますよ!
現地で暮らした新屋亮さんが語る、石垣島に住むメリットを確かめてみてください。

ウミウシをこよなく愛する新屋亮さんは、自身のブログ『ウミウシ飯』にウミウシの生態・写真・動画等をまとめた図鑑をアップしています。

ウミウシとは、カラフルで可愛らしいその姿から海の宝石と呼ばれている海洋生物のこと。

そんなウミウシの魅力が満載なので、気になる方はブログ全体をチェックしてみてくださいね!

https://shinyaryo.com/ishigaki-ijyuu-merit/

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!