集中治療室って大変?イメージと実際の仕事のギャップはある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2422_TOP_集中治療室って大変?.jpg


集中治療室で働いてみたいものの、実際に挑戦する勇気がないと思うこともあるかもしれないですね。一般的に、集中治療室は厳しい職場と思われがちですが、イメージと違うという方もいます。ここでは、集中治療室の実際を紹介したいと思います。異動や就職などを検討している方は参考にしてみてくださいね。


集中治療室は忙しいって本当?


2422_1_集中治療室は忙しいって本当?.jpg


集中治療室への異動や就職を検討している方の中には、忙しさを心配する方が多いといわれています。休憩をとる暇がないなどの話は本当なのでしょうか。

忙しいといわれる集中治療室ですが、実際の忙しさは勤務先や急患が来る頻度によって、忙しさが集中することもあります。残業の頻度も勤務する医療機関によって異なり、意外と少ないところもありますよ。


勉強することが多いのでスキルアップにつながる


2422_2_勉強することが多いのでスキルアップにつながる.jpg


集中治療室の看護師は勉強することが多いと思われがちですが本当なのでしょうか。重症度の高い様々な患者さんが来られるので、集中治療室の看護師には幅広い知識と技術が高いレベルで求められています。

集中治療室で活躍できる看護師になるためには、業務をこなすためにかなり勉強が必要になりますね。人によっては、何から手を付ければよいかわからなくなることもあるようです。最初に循環器と呼吸器について勉強するのも、一つの方法だと思いますよ。

勤務しながら学べるケースが多いかも


2422_3_集中治療室の勤務でのやりがい.jpg


集中治療室では患者さんの状態が安定しないこともあり、医師や看護師との連携がより大切になります。そのため、より専門的な知識や技術を学べる環境でもあります。日々の忙しさの中で勉強することは大変ですが、そのぶんやりがいのある場所だと思います。


集中治療室の勤務でのやりがい


集中治療室は、患者さんが元気になる前に転床することが多いため、やりがいを感じづらい職場といわれることがあります。本当にやりがいを感じづらいのでしょうか。

集中治療室で働き始めた方の多くが、医師や先輩看護師の指示に従い業務をこなすだけで精一杯の状態になります。そのため努力を積み重ねることで、対応力やアセスメント能力などを学ぶこともできますよ。

重症度の高い患者さんに対して、看護師として判断できるようになると、やりがいを感じられるようです。適切に関わることができて、後からご家族や患者さんから感謝の言葉をかけられると、退院する姿を見れなくても集中治療室で頑張ってきてよかったと思えることもあります。


集中ケア認定看護師


2422_4_集中ケア認定看護師.jpg


もっと集中ケアについて学びたい方は、集中ケア認定看護師を目指すこともできますよ。集中ケア認定看護師は、集中治療領域での看護の専門家育成を目指して誕生した認定看護師です。クリティカルケア領域の専門家を目指す方は挑戦してみるといいかもしれないですね。


まとめ


集中治療室の仕事は大変なイメージがあり、興味はあっても敬遠する人もいるのではないでしょうか。もちろん、重症度の高い患者さんを看護するため様々な知識や技術を身につける必要はありますね。でも医療機関によっては、働きやすく学びやすい環境ということもあると思いますよ。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!