管理職の私が思う”常勤の好きなところ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに


1187_TOP_常勤の好きなところ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師といってもその働き方はいろいろ。病院で働くのかクリニックか、高齢者施設や企業などで働くのか、病院でも規模や科目、急性期か慢性期かなどでも違ってきますよね。

また常勤・非常勤という働き方にも違いがあります。
掛け持ちをしている方や子育て中の人、介護を両立している人などは非常勤で働いている看護師が多いかもしれません。

私が看護師のみなさんの面接をしている中で、最近は「縛られるのが嫌だ」という理由で、「時間的には常勤もできるけれど非常勤を選ぶ」という看護師が増えてきていると感じます。
看護師の働き方も多様化し、選択肢が増えているのはいいことですね。


常勤と非常勤どっちが好き?


1187_2_常勤と非常勤どっちが好き?.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


多様な働き方ができるのはいいことだと思いますが、あえて私の個人的意見を言わせていただければ、私は常勤がいいと思っています。
なぜそう思ったのか、管理職として病院という組織を知った上で、私が「常勤のメリット」と感じることをお伝えしたいと思います。


メリット1


1187_3_メリット1.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


まず一つ目に、月給制であるため毎月安定したお給料が確保できることです。また、昇進などが伴えば役職手当という形での給料アップも期待できます。また、ボーナスがしっかりもらえるのも常勤のいいところではないでしょうか。
看護師はやりがいのある仕事ですが大変さもあるので、やはり報酬はしっかりもらって、モチベーションも保っていきたいと感じます。

メリット2


1187_4_メリット2.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


次に、常勤には昇進のチャンスがあるということもメリットとしてあげられます。
病院側からすると、常勤というのは「長く働いてくれる」ことを前提に雇っているので、「常勤の中から管理職を選出したい」と思うのは当然の事です。
頑張りが形として見えやすく、キャリアアップをする事ができます。

必ずというわけではなりませんが、非常勤と比べると責任のある仕事を任されやすく、看護や職場に対するやりがいや楽しみを見つけやすい環境にあると言えると思います。


メリット3


1187_5_メリット3.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


それから福利厚生や手当などです。住宅手当、子育て支援、資格支援、介護休暇、家族手当、食事手当などさまざまですが、私の職場でとくに嬉しい福利厚生は、「常勤の職員とその家族は全員医療費無料」という制度です。

最近では短時間勤務の正社員を雇用する病院も増えていますが、福利厚生の充実さは、やはり常勤が良いと言えるかもしれません。

メリット4


1187_6_メリット4.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


常勤として看護にあたると、日々患者さんの状況把握ができ、患者さんとのコミュニケーションもしっかり図ることができます。患者さんと接する機会が多いのも、看護のやりがいというメリットだと思います。

また看護に多くあたる分、経験値も高まり、看護師としての成長も多く感じられるのではないでしょうか。


常勤のデメリットは?


1187_7_常勤のデメリットは?.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


常勤のデメリットは、ひと月毎に勤務表を組むことが多いため、急な休みをとりずらい傾向にあるということでしょうか。もちろん拘束時間も長いので、プライベートとの両立は、非常勤の方がしやすいのかもしれません。

また非常勤が休んだ時は、常勤でカバーする体制が多いのに対し、逆に常勤が休んだ場合に非常勤がその穴を埋めるというのは困難に感じます。
常勤はそれなりに任されている仕事があったり、非常勤には経験のしたことのない業務であったりする場合もあるからです。

理想は、常勤と非常勤がチームの中でお互いに支え合うことです。常勤にメリットがるように、非常勤にもメリットがあります。
それぞれのライフスタイルにあった働き方ができる職場というのは、常勤にとっても非常勤にとっても、長く働ける良い職場なのではないでしょうか。


おわりに



常勤も非常勤も、その時のライフスタイルによって選択できるので、看護師それぞれが選んでいけば良いことだと思います。

それでも私はやはり常勤が好きです。患者さんと多く接し、看護計画を実行できるのは、何よりのやりがいです。大変なこともありますが、その分しっかりと給与やボーナスがもらえるのも頑張るモチベーションとなっています。

この先、ライフスタイルが変化したときは、非常勤になることもあるかもしれませんが、それでもまたいつか私は常勤に戻りたいと思っています。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!