たまにはラクしてもいいんじゃない?夜勤明けやお疲れモードの時に重宝する缶詰まとめ☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_110397224.jpg


夜勤明けのときや体調が優れなかったりするときって、正直、台所に立つのも億劫になってしまいますよね。そんな看護師さんを、もしかしたら「缶詰」が救ってくれるかも♪ここでは、今すぐ味わってみたくなる缶詰がたくさん登場しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


(1)1個600円もする缶詰を食べてみた


1個600円もする缶詰を食べてみた.jpg


リーズナブルでお手軽なイメージのある缶詰ですが、1個600円という高級缶詰があるのをご存知ですか?

そんな気になる600円の缶詰を食べた感想が書かれているのがこちらの《1個600円もする缶詰を食べてみた》の記事!
筆者のヒーニョンさんが購入したのは、K&Kの"缶つま"シリーズ。
ここでは、お酒好きの看護師さん必見の鶏セセリ、鶏ハラミ、牛マルチョウの3種の缶詰レポがまとめられています。

ヒーニョンさんは缶詰を食べた総合的な感想として「缶詰でこのクオリティは凄い」と語っています。
一体どんなお味だったのか、気になる方は記事を読んでみてくださいね☆
お好みの高級缶詰をチョイスして、ちょっと贅沢な晩酌を楽しんでみてはいかがでしょう?

上記が掲載されているブログ『ガジェグル』には、グルメをはじめ、ガジェット・旅・キャンプなどのカテゴリーがラインナップ。ヒーニョンさんの好きなことや気になったことがたっぷりと綴られているので、合間をみつけて他の記事も一読してみてくださいね♪

【参照元】
http://hinyonposu.com/Journal/1個600円もする缶詰を食べてみた



(2)高級缶詰「缶つま★レストラン 厚切りベーコン」を食べてみた


缶つまレストラン厚切りベーコン.jpg


こちらの《酒のつまみの高級缶詰「缶つま★レストラン 厚切りベーコン」を食べてみた》の記事でも、高級缶詰で知られるK&Kの缶詰レビューが紹介されていましたよ!

筆者の正三さんは、K&Kの高級缶詰シリーズの中でも比較的お手頃価格な"厚切りベーコン"を購入することに。
記事中では「高級缶詰シリーズは温めてから食べた方が10倍おいしくなる」と綴られており、湯煎して食べることをオススメしています。

溢れんばかりのタレにお肉がゴロゴロ浸かった缶詰画像からは、味がじっくりとしみた一品であることが伺えます。
正三さんは実際に食べてみて、あまりのおいしさにつまむ手が止まらなかったのだそう!
ベーコンの味や食感など、その詳細を知りたい方はぜひ記事にアクセスしてみてくださいね☆

サラリーマンブロガーこと正三さんが運営している『たべ呑あそ』には、グルメレビューや雑貨レビューの他、ちょっとした面白実験や日常を綴った日記など、読み物として楽しめるコンテンツが多くアップされています。
ぜひスキマ時間を見つけて、自分好みの記事を探索してみてはいかがでしょう?

【参照元】
https://tabenoaso.com/1743.html



(3)K&K缶つまをそのまんまで食べてみた正直なトコロ。


k&k缶つまをそのまんまで食べてみた正直なトコロ.jpg


お酒が好きな看護師さんの中には、「家でチョイ飲みをするのが幸せ♪」という方もいるのではないでしょうか?
そんな時に最適なのが、K&Kの"缶つま"シリーズ!
居酒屋やバルで出される一品料理のようなメニューが手軽に楽しめます。

ブログ『写真で伝える情報サイトPhoto力-フォトリョク』の運営者さんも、"缶つま"の味に舌鼓を打った一人。

サイト内の《K&K缶つまをそのまんまで食べてみた正直なトコロ。》という記事には、上品な味わいのムール貝の白ワイン蒸し風、脂まで美味しい霧島黒豚角煮、炭火のような香ばしさが口いっぱいに広がる赤鶏さつま炭火焼、牛すじがトロトロになるまで煮込まれた牛すじこんにゃくの4品のレビューが載っています!
いずれの缶詰も素材の味が引き出され、温めるとさらに美味しくなるのだとか。
お気に入りのお酒が手に入った時や、プチ贅沢を味わいたい時に良さそうですね♪

現在の缶詰のクオリティーは、昔とは比べものになりません。
いろいろな缶詰を気分に合わせてチョイスすると、家飲みの楽しみがさらに増すのではないでしょうか。

【参照元】
http://photoryoku.com/ryouri-satuei/post-3107/



(4)伊藤食品の美味しい鯖水煮を食べてみる!見た目もかっこいいサバ缶


伊藤食品の美味しい鯖水煮を食べてみる!見た目もかっこいいサバ缶.jpg


『料理担当は夫のコスケ!適度に手を抜くコスケのキッチン事情』は、夫として家事全般を担当しているコスケさんが運営する料理ブログ。
サイトには、簡単につくれるお手軽レシピがたくさん紹介されています!

その中から、今回紹介したいのがこちらの《伊藤食品の美味しい鯖水煮を食べてみる!見た目もかっこいいサバ缶》
「サバ缶大好き」と語るコスケさんが、伊藤食品の"美味しい鯖水煮"を食べた感想を述べています。
こちらのサバ缶の原材料は、国産の鯖と沖縄でとれた食塩のみ。味はもちろん食の安全性にもこだわって作られています。

コスケさんはサバ缶を食した感想として、「美味しい鯖水煮の名前に恥じぬ美味しいサバ缶でした」と述べています。
サバ缶に目がない看護師さんは、コスケさんの詳しい食レポをチェックしてみてくださいね!

またサイト内には、他にも色々なサバ缶を食べたレビュー記事がアップされています。
同じサバの水煮でも味わいは全く違っているようなので、違うサバ缶のレビューにも目を通してみてはいかがでしょう?
ずっとリピートしたくなる、美味しいサバ缶に出会えるかもしれませんよ!

【参照元】
http://kosuke-kitchen.com/2718



(5)明治屋 おいしい缶詰 国産鶏砂肝の粗挽き黒胡椒味


明治屋 おいしい缶詰 国産鶏砂肝の粗挽き黒胡椒味.jpg


『缶詰ライフ』は、缶詰をこよなく愛するせいいちさん・まきさんご夫婦が運営している缶詰情報サイト。
お二人は、世界中の缶詰を食べつくし、味わいつくし、サイトに紹介することを目標にさまざまな缶詰レビューをアップされています。

今回、数ある缶詰記事の中からピックアップしたのが
【試食レビュー】明治屋 おいしい缶詰 国産鶏砂肝の粗挽き黒胡椒味》
の記事。
コリコリとした食感とピリッと刺激的な味が合わさった、鶏砂肝の黒胡椒味の缶詰がレビューされていましたよ!

こちらをレビューされているのは、まきさん。
缶詰を開けて感じる所感、砂肝の食感と旨み、マッチしそうなお酒・薬味など、本当に味が伝わってきそうなほど、詳細な実食レポートがまとめられています。

まきさんは「最近食べた中ではかなり上位の缶詰」と高く評価していました。
幾多の缶詰を味わってきたまきさんが一押しするこちらの缶詰、食べてみたい方はぜひチェックしてみてくださいね!

【参照元】
http://kanzume-life.net/review/sunagimo



(6)九州土産☆ツンドラ<ロシアンスープ ボルシチ>


九州土産☆ツンドラ<ロシアンスープ ボルシチ>.jpg


お手頃で簡単に作れる献立や全国各地のお土産品などを紹介している『スーパー大好き主婦のスーパーメモ』
管理人のムヒカさんは《九州土産☆ツンドラ<ロシアンスープ ボルシチ>を美味しく食べる為に準備したもの》の記事で、九州土産で購入したボルシチの缶詰の感想をアップしています。

ボルシチとは、鮮やかな赤いスープにお肉とお野菜がたっぷり入ったロシアの定番料理のこと。ムヒカさんは本場ロシアに習って、サワークリームを添えて食しています。

感想として、具材は大きく豊富で食べごたえがあり、お肉の方は臭みがなく食べやすかったとのこと♪
缶詰の値段は高めだったそうですが、2人分でこの内容ならば価格相応かそれ以上かもしれない、と満足いく評価を述べています。

「ボルシチが好き」「缶詰の中身が気になる」
そんな方は、ムヒカさんのボルシチ缶詰レポートに目を通してみてくださいね☆
こちらの缶詰を使って、お家で気軽にロシア料理を楽しんでみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://life5656.xblog.jp/article/449647202.html



(7)続:100円缶詰の「ツナとタイカレー」


続:100円缶詰の「ツナとタイカレー」.jpg


巷の口コミで「おいしい!」と話題になっていた、"いなばのタイカレー"シリーズ。

『はみ出るじぃーま』の管理人・飯島勇介さんは《続:100円缶詰の「ツナとタイカレー」が本当にありえない美味さか確かめてみた》の記事で、"いなばのツナとタイカレー(やや辛め)"を食べた感想をレビューされていました!

飯島さんは、以前にツナとタイカレー(レッド)のレビュー記事をアップしており、レッドの見た目・味と比較しながら感想が綴られています。
辛めのタイカレーが気になる看護師さんは、チェックしてみてくださいね!

今回のカレーは見た目が緑色に近かったそうで、それにちなんで大学生時代のほろ苦いグリーンカレーエピソードも語られています。
そんなクスッと笑えるようなコメントがところどころに含まれており、楽しく読み進められますよ♪

上記の缶詰を紹介してくれた飯島勇介さんは、サラリーマンから独立し「合同会社ズィーマ」を運営されています。
ブログには、独立に関する話、自作アプリの紹介、おもしろ雑貨ネタなど、飯島さんの独自の視点や個性を感じる記事がアップされています。
タイカレーの記事と一緒に、ぜひ違う記事にも目を通してみてくださいね。

【参照元】
http://blog.zxm.jp/2012/07/続:100円缶詰の「ツナとタイカレー」が本当にあ/



(8)【いちご煮 缶詰】ウニとアワビの共演!郷土料理の缶詰が贅沢


【いちご煮 缶詰】ウニとアワビの共演!郷土料理の缶詰が贅沢.jpg


缶詰は日々進化をし、最近ではコンビニでもバラエティーに飛んだ商品が並んでいます。
おつまみ系やおかず系の缶詰から、デザートや非常食に最適な缶詰までさまざま♪
中には、こちらの記事《【いちご煮缶詰】ウニとアワビの共演!郷土料理の缶詰が贅沢すぎる件》で紹介されている"いちご煮"のようなご当地グルメの缶詰もあるようです。

この記事を執筆したあるのんさんは、富山市にある新湊きっときと市場に訪れた際に、青森県八戸地方の郷土料理"いちご煮"の缶詰を発見しました。
ネーミングと原材料から、ウニやアワビの煮物だと思ったそうですが、中身はなんとお吸物!
しかし、口に含むと超濃厚な旨味と磯の香りが広がり、なんともいえない美味しさだったそうです。
価格は高めでしたが、郷土料理の缶詰という斬新なアイデアにあるのんさんは感銘を受けたのだとか。
こういう商品が増えると、全国の伝統料理が気軽に楽しめそうですよね。

この記事が掲載されているのは、あるのんさんが運営している『だって富山人だもの』というブログ。
富山県のことをこよなく愛するあるのんさんが、富山のグルメやディープなネタを紹介してくれています。
富山在住の看護師さんはもちろんのこと、地方の面白い情報をGetしたい方は要チェックですよ!

【参照元】
https://arnon.jp/ichigoni



(9)九州うますぎ!な、かしわ水たき缶で、鶏雑炊


九州うますぎ!な、かしわ水たき缶で、鶏雑炊.jpg


本格的な料理の味を出せる缶詰の記事として紹介したいのが、こちらの《九州うますぎ!な、かしわ水たき缶で、鶏雑炊》の記事!

筆者は、水炊きの本場・福岡で購入した"博多かしわ水炊き缶"を使い、鶏雑炊を作って食べています。
缶から鍋に開けると、骨がゴロゴロ入っていたそうで、鶏の旨みがぎゅっとつまった一品であることが伺えます。

キノコ・あぶら揚げ・溶き卵の入った、美味しそうな雑炊のレシピが紹介されているので、知りたい方は要チェックです!
筆者は、さらにそこに柚子胡椒や明太子を溶かしていただいたそうですよ♪
九州の味を堪能できる鶏雑炊、ぜひ一度作ってみてくださいね。

『@kaoritter BLOG』のサイトは、Web・ガジェット情報、グルメ、娘さんの育児日記など、管理人さんの気になったことや日常の雑記が綴られています。
「なるほど」と発見があったり、共感できたり、と興味深い内容が多くアップされているので、合間を見つけてじっくり閲覧してみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://www.kaoritter.com/archives/2012/0817_194505.html



(10)ニッスイの缶詰「まぐろステーキ」は「タレ」が最高にご飯に合う


ニッスイの缶詰「まぐろステーキ」は「タレ」が最高にご飯に合う.jpg


「疲れたときの炊事は手抜きをしたい!」そんなナースの力強い味方になってくれるのが缶詰!
その中でも甘辛いタレに漬かった肉厚のまぐろの切り身を推薦するのは、ブログ『アイディアは熱いうちに打て』を運営しているイマムラアユムさんです。

コンビニエンスストアで働く彼女は缶詰を扱う機会も多く、気になった缶詰は自分でも試しているとのこと。
こちらの記事、《ニッスイの缶詰「まぐろステーキ」はまぐろよりも「タレ」が美味しくて最高にご飯に合う》には、ラクして美味しいものが食べたいときに打ってつけの"まぐろステーキ"の缶詰が紹介されています。

イマムラさんはパッケージに惹かれて上記の缶詰を購入しましたが、その味は私たちと馴染み深いシーチキンに醤油ベースのタレが絡んだ、ご飯にピッタリの味だったそうです。
特に濃い目のタレの味は抜群で、まぐろがなくてもご飯がペロリと平らげられるほどなのだとか。
おかず系缶詰が好きな方は、ぜひ実食してみてはいかがでしょうか?
手抜きレシピの強力なお助けアイテムになることでしょう!

【参照元】
http://www.imamuuu.com/entry/2017/07/14/062352



(11)「めんツナかんかん」3種類を食べくらべ!


「めんツナかんかん」3種類を食べくらべ!.jpg


明太子✕ツナの絶妙な味わいを楽しめる缶詰のレビューが記載されているのがこちらの《「明太子×ツナ缶」で大人気の「めんツナかんかん」3種類を食べくらべ!最強だったのはプレミアム缶!》の記事!

明太子専門店「ふくや」とツナ缶で有名な「由比缶詰所」がコラボして生まれた"めんツナかんかん"。
記事の筆者は、お誕生日に"めんツナかんかん"の食べ比べセットを頂いたそうで、それぞれを食べた感想をアップしています。

食べ比べセットになっているのは、レギュラー・辛口・プレミアムの3缶。缶詰の食塩相当量を参照しながら、見た目と味の違いを教えてくれますよ。
ほんのりと明太子の色味がついたツナ缶は、見ているだけでもご飯がほしくなりそう。
自分の好みに合った"めんツナかんかん"を調べたい方は、ぜひこちらのレビューを参考にしてみてくださいね!

こちらが掲載されたブログ『HHS』を運営しているのは、「ツナ缶と変なデジカメが好き」と語る管理人さん。
ブログには食べ物レビューをはじめカメラ関連ニュース、文房具レビューなど、チェックしてみたくなる記事が満載です♪
上記のカテゴリに興味がある方は、アクセスして読みたい記事を探してみてくださいね。

【参照元】
http://lonestar.hatenablog.com/entry/mentuna-3



この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!