けいたの「ラクうま☆ナースごはん」 Vol.1手作りトマトソースのパスタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2900_TOP_けいたさん料理教室vo.1.jpg


はじめまして、けいたです!


みなさん、はじめまして。インスタグラマーのけいたです。
神奈川県の急性期病院で看護師として勤務するかたわら、料理やお菓子を作り、同じような料理系インスタグラマーとの交流を楽しんでいます。

今回、ナースときどき女子編集部の方から、「忙しい看護師さんでもパパっと美味しく作れる料理の作り方を紹介してほしい」と依頼を受けて、料理コラムを連載することになりました。

おいしく楽しい、そしてちょっとでも体や心に優しいレシピをお届けするコラムにできればいいな、と思います。
第1回は春から初夏にかけて旬を迎える野菜、トマトを使った簡単パスタを紹介します。

真夏のイメージのあるトマトですが、実は高温多湿に弱く、日射しは強いけれど気温が上がり切らない4月、5月ごろに味の旬を迎えるそうです。トマトには髪や皮膚を守るβカロテンや活性酸素を減らすリコピンなど、女性の健康と美しさを守るために重要な栄養を多く含んでいます。

また、トマトには脂肪燃焼やアルコール分解酵素を活性化する効果も期待できるので、暑くなると飲む機会が増えるビールのお供に、最適かもしれませんね。


手作りトマトソースのパスタ


2900_1_けいたさん料理教室vo.1.jpg


材料(2人分)


・スパゲッティ 180g
・トマト 2個
・玉ねぎ 1個
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 、コショウ 適量
・はちみつ(砂糖) 大さじ2
・ドライハーブ(バジル、オレガノ、タイムがオススメ)お好みで

所用時間20分程度


作り方


1.トマトを、ヘタを上にして真横になるように半分にカットし、カットした面をおろし金に当てすりおろします(湯むきは必要なし)。一緒ににんにくもすりおろします。

2.玉ねぎをみじん切りにし、オリーブオイルをひいたフライパンで炒めます。玉ねぎの水分が出やすくするため、塩をひとつまみ入れます。

3.玉ねぎに火が通ったら1.を入れ、弱めの中火で煮詰めていきます。はちみつ、ドライハーブも入れております。

4.ソースにとろみがついたら、塩、コショウで味を整えます。

5.茹で上がったパスタを4.に入れ、和えたらできあがり。


ちなみにすりおろしのトマトをトマト缶(200ml)や、トマトを小さくカットしたもので代用してもOKです。1.のトマトのすりおろしにオリーブオイル、塩、コショウを入れたら冷製パスタソースにもなりますよ。

4.のソースは冷凍で1ヶ月くらい大丈夫なので小分けにしてもいいかもしれません。

付け合せには、旬のクレソンを使った豆サラダを作りました。

市販のサラダ豆と余ったナッツを合わせて、植物性のタンパク質を。ドレッシング代わりにレモンとオリーブオイル、酢、塩、こしょうを入れ、ボールで混ぜれば完成。パスタを茹でている間にできますよ。

何かと気が抜けたり体調を崩しやすい5月ですが、美味しいご飯を食べて元気に過ごしましょう!


けいた プロフィール


2900_2_けいたさん料理教室vo.1.png

神奈川県の総合病院で慢性疾患患者のケアにあたる現役看護師。本業のかたわら手がけた料理やお菓子の写真をアップするInstagram(@keitamitsu)では2万人のフォロワーを持つ人気の料理系インスタグラマーとして活躍中

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!