こんな驚きの受診者さんも?!「健診ナースあるある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2884_TOP_健診ナースあるある.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


◆はじめに


この時期は企業の新入社員の健康診断(以下、健診)が入るなど、健診センターや健診を扱うところは混み合います。健診に関わるナースは時間との勝負!今回はそんな「健診ナースあるある」をまとめてみました。


728_90_3.png


健診ナースがよく思われていること“あるある”


2884_1_健診ナースがよく.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


・健診件数が終了したらすぐに帰れそう、と思われる。
→検体のチェックや検査機械の片付け作業あるので、健診後すぐに帰れないんですよ。

・体力的に楽そう、と思われる。
→夜勤はありませんが、健診を扱う職場は朝が早いところが多く、人によっては楽とは言えないかもしれません。

・担当する検査が多いと大変そう、と思われる。
→職場によっては検査内容を複数で分けて行うので、すべて一人で行うわけではないですよ。

・健診ナースは仕事内容が少さそう、と思われる。
→健診以外に健診データ管理や健診フォローなどの対応、事務的な作業もあるので、意外とやることがあるんですよ。

・病棟のようなチームワークは必要なさそう、と思われる。
→さまざまな検査を安全・スムーズに行うためには、やっぱりナースや他職種との連携が必要になりますね。

実際にいた!?びっくり受診者さん“あるある”


2884_2_実際にいた!?.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


・「健診日に検尿が出せないと不安だから」と、自前のジャム瓶で尿持参した受診者さん
→それでは検査に出せませんよ(汗)。他にもテイクアウトのコーヒーカップを洗って尿持参された方もいらっしゃいました。

・空腹時採血があるのに「一口しかご飯食べてないから大丈夫!」と自信満々な受診者さん
→一口も二口も、食事したら空腹時採血になりません…。採血があるから食事はしないように注意書きがあっても、当日うっかり食事してしまう受診者さんはいらっしゃいますね(汗)。

・「採血は絶対にここから採って下さい!」とお願いされたけど、他にいい血管がある気がする受診者さん
→採血場所を指定されても、内心「えー。分かりにくい血管」と思って、念の為反対の腕見せてもらうと、しっかりした血管見つける時…結構あるんですよね(汗)。

・既往歴や普段飲んでるお薬の名前を忘れちゃう受診者さん
→お薬手帳も忘れてしまい全然思い出せない受診者さん…。錠剤の見た目の特徴を言われてもナースにお薬の名前まではわかりません(汗)。

・視力検査は勘で挑む受診者さん
→「えーと、右?…いや下? ん? やっぱり左?」と勘で答えないで下さい。バレてますよ?(笑)

・下着や靴下を忘れて帰宅する受診者さん
→びっくりしますが、実際にけっこうあるんです!そもそも下着を脱ぐ検査はありません…(汗)。謎です。

・1週間前に採取した検便を持参する受診者さん
→「便秘気味だ」という受診者さん。だからといって1週間前の検便はさすがにアウトです。しかも夏場の常温保管…(汗)。

・健診票の忘れはしょっちゅう
→せっかく事前に書いてもらった問診票や、必要な受診票をよく忘れてしまう受診者さんはけっこういらっしゃいます。忘れ物があると健診がなかなか始められないなんてことも…。
受診者のみなさん、忘れ物しないようにお願いします!

健診ナースが感じていること“あるある”


2884_3_健診ナースが感じる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


・採血が得意なナースが多い
→採血が得意なナースは、採血が苦手な受診者さんをなんとなく勘で当てられます。
「大丈夫ですか?」と聞いて、「大丈夫です」と答えるけれど、採血後に具合が悪くなったりすることが実際にあって、勘があたるようです。

・健診で採血担当すると、一発で成功しないといけないプレッシャーがすごい
→健診では数多くの受診者さんの採血を取りますが「採血のうまい看護師しかいない」と思われているようで、「つねに1発でできてあたり前!」と思われるようです。

・健診ナースはプライベート充実派
→健診ナースは一般的な外来より定時が早く、家庭やプライベート重視のナースが多く働いているようですね。

・出勤日の先生をまずチェックする!
→曜日により先生が異なると対応も異なるので、思わず確認してしまうようです。

・健診ナースとバレると健康相談をされる
→ナースは医師ではないので、症状だけで「この疾患です!」とは断定出来ないんですが、よく質問されます。特に健診前に「どうしたら中性脂肪で引っかからないか」と健診に関わる内容も多いようです。

・健診は接遇もすごく大切
→「受診者さんは、お客さま」という認識になっていて、接遇マナーを学んだり、言葉遣いなどにも 常に気をつけているようです。

・意外と体力が必要
→機械の運び出しや準備など意外と体力勝負な面もあり、鍛えられるようです。


◆おわりに


「健診ナースあるある」、いかがでしたか? 健診ナースの仕事は「楽そう」と思われていることもあるようですが、健診以外の業務も意外とあります。また健診にはいろんな受診者さんが来院されるので、ユニークな受診者さんとの出会いやハプニングも色々…。

健診ナースは、日勤帯で働けるメリットがありますが、限られた人数と時間で健診件数をこなしていくことが求められるため、時間との勝負です。

『健診ナースあるある』を集めてみると、健診ナースの楽しくも大変な現場が見えてくるようですね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!