けいたの「ラクうま☆ナースごはん」Vol.3 和風キーマカレ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
01.jpg



こんにちは、けいたです。

6月に入り、だいぶん気温が上がってきましたね。先日訪れた北海道では、朝夕凍えるくらい寒かったのですが、僕の住む関東では梅雨入り前の暑さに包まれています。

暑くなってくると体を冷やす食材を口にしがちですが、良質なタンパク質や油など、あわせて体を温める食材を摂ることが大事です。

そこで今回は、和風キーマカレーをご紹介。タンパク質や油を始め、スパイスやハーブなどが使われているので、食欲増進効果があり、夏バテ予防に最適です。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


728_90_3.png


和風キーマカレ-


02.jpg



材料(2人分)


・豚ひき肉 100g
・くるみ、パンプキンシード 合わせて100g
・玉ねぎ 大1/2個
・人参 中1/2個
・エリンギ 大1本
・トマト 1個
・クミンシード 小さじ1
・みじん切りニンニク 1片
・みじん切り生姜 1/2片
・ごま油(太白でも可) 大さじ3

(a)
・カレー粉(S&B使用) 大さじ1
・コリアンダーパウダー 大さじ1
・クミンパウダー 大さじ1
・ローリエ 1枚
・かつお節 大さじ1
・味噌 大さじ1

(b)
・水 300ml
・醤油 大さじ1
・はちみつ 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1

(c)
・温泉卵 2個
・万能ネギ(小口切り) 適量
・白煎り胡麻 適量
・ご飯 お好みで

所用時間20分程度


下ごしらえ


・野菜は全てみじん切りにして、ひとまとめに。トマトはタネをとり角切りにします。
・スパイスはあらかじめ測ってまとめておくと、便利です。
・くるみとパンプキンシードは、フードプロセッサーでまとめて挽いておきます。


作り方


1.フライパンにごま油とクミンシードを入れ、弱めの中火で熱します。細かい泡が立ってきたら、ニンニクと生姜を入れます。香りが立って来たら中火にして、トマト以外の野菜をいれて炒めます。

2.1.の野菜がきつね色に色づいて来たら、トマト、豚ひき肉の順に入れて炒めます。

3.火が通ったら、くるみ、パンプキンシードと(a)のスパイス類、味噌を入れます。味噌は軽く焦がすようなイメージで炒め、水分を飛ばしていきます。

4.全体がなじんだら、(b)で味を整え、とろみが出るまで煮込めばカレーは完成。

5.ご飯の上に、カレーと(c)の温泉卵、万能ネギ、白煎り胡麻の順で盛って完成です。

写真のようにご飯を黒米と白米、半々で炊いて紫色にすると、エスクニックな雰囲気に仕上がりますよ。ご飯は少しみりんを加えて炊いたり、ターメリックパウダーを混ぜると、カレーによく合います。今回の味付けは味噌と醤油で塩は無しですが、お好みで整えてください。

僕はよくひき肉の代わりに大豆ミートを使ったり、ナッツとドライトマトをフードプロセッサーで挽いたものでミートソースを使って、なんちゃってヴィーガンご飯を楽しんでいます。動物性の脂肪を減らすのはなかなか難しいですが、可能な範囲で代用するように心がけています。

付け合わせはニンニクと炒めたキノコを、酢、はちみつ、塩、胡椒、醤油でマリネしたものを、ベビーリーフやミニトマトと盛りつけ、サラダにしました。

作り置きの衛生面に気を使う季節になりましたが、カレーはたくさん作って冷凍しておくと楽ですよね。カレーを温めている間にネギを刻んだり、スープやサラダを作れば簡単なので、僕はよく休みや夜勤前に作り置いています。

みなさんも、仕事とお料理を楽しく上手に両立してくださいね。
それでは6月もなるべくハッピーに過ごしましょう!


けいた プロフィール


けいたさんpro.png


神奈川県の総合病院で慢性疾患患者のケアにあたる現役看護師。本業のかたわら手がけた料理やお菓子の写真をアップするInstagram(@keitamitsu)では2万人のフォロワーを持つ人気の料理系インスタグラマーとして活躍中

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!