子育てと仕事の両立は可能?夜勤でも安心の院内保育所ってどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3332_TOP_夜勤でも安心の院内保育所ってどうなの.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


子育て中のママナースにとって仕事復帰に向けて一つの課題となるのが「子供をどこに預けるか」ですよね。そこでいま増えていきているのが院内保育所です。

今回は院内保育所について、メリットやデメリット、また今後の課題について考えていきます。ママナースの皆さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

728_90_3.png


院内保育所とはどんなとこ?


3332_1_院内保育所とはどんなもの.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


院内保育所とは、医師や看護師など病院に勤務するスタッフの子供を預けられる院内に設置された保育所のことです。

看護師の仕事は24時間をシフト制で勤務するケースがほとんどのため、子育てとの両立を考えるママナースにとって、「子供を預ける環境がない」ということが問題となっていました。

その現状を受けて、勤務先で子供を預けられる環境を作る環境を作ろうと、病院が保育所を設置しはじめるようになりました。院内保育所を設置することによって産休・育休を取っていた看護師も職場復帰しやすくなるので、看護師の人手不足の解消に繋がるとも考えられています。

院内保育所を設置することは看護師だけでなく、病院にとっても大きく役立っていると言えるのです。

院内保育所のあるほとんどの病院では、保育所を福利厚生の一環として利用できるようになっていますが、設備環境や利用条件などについてはそれぞれの病院で異なります。

現状では院内保育所が設置されている病院は一部ですが、看護師の人手不足解消や子育てとの両立を応援するといった視点からもその需要は高く、今後増えていくと考えられています。

24時間稼働なので夜間勤務でも安心


3332_2_24時間稼働なので夜間勤務でも安心.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


院内保育所を設置することにはいくつかメリットがありますが、看護師にとって最も重要と言えるのは、時間を問わずいつでも子供を預けられる運営体制が整っていることです。

ほとんどの院内保育所では、24時間365日のフル稼働が基本となっています。
看護師はシフト交代制で昼夜問わず勤務しなければならないので、一般の保育所では時間が合わず預けられない、という悩みを抱える看護師が多くいました。

そこで病院にもよりますが、院内保育所は多様な受け入れをしています。

例えば、
・他の保育園の申請後、待機中だけ利用する

・他の保育園や幼稚園を利用しながら、夜勤のときだけ利用する
 
・他の保育園や幼稚園を利用しながら、土日祝日だけ利用する

・他の保育園や幼稚園を利用しながら、夏休みなど長期の休みだけ利用する

など、看護師の働き方や地域の保育園事情などを考慮した院内保育園も増えてきています。

院内保育所は、病院の敷地内あるいはその近隣に設置されているのが基本。自分の職場の近くにあるので、子どもを預けるママナースも安心して仕事に専念できます。

また一般的な保育所と比べて、費用もかなり安く設定されていることが多いようです。
手厚い院内保育所のなかには、おむつやミルクなど全て病院支給で月2万円程度といったところもあるようです。

設備や行事の充実など多くの課題も


3332_3_設備や行事の充実など多くの課題も.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


さて、ここまでお伝えしたように院内保育所には多くのメリットがある反面、デメリットもいくつか挙がっています。

そのひとつが設備環境などの問題です。

一般的な保育園などと違って病院の施設内や近くに設置される院内保育所は、小規模運営が基本です。そのため、運動場など子供が遊べる環境や設備はあまり充実しているとは言えないのが実状です。

また院内保育所は、子どもを預かってもらう「保育」が主な目的となるため、「教育」面で物足りなさを感じてしまうかもしれません。クオリティの高い教育を求めることは現状難しく、通常の保育園や幼稚園などで行われている運動会や季節の行事などにも違いが出てくるかもしれません。

また夜勤などで夜に子どもを預けることが増えると、他の子供たちと遊ぶ機会もほとんどないまま過ごすことが増え、寂しい思いをさせてしまうということも考えられます。

院内保育所があるかどうかも病院選びの参考に


3332_4_院内保育所があるかどうかも病院選びの参考に.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


現状では、まだまだ院内保育所を設置している病院はごく少数。子どもを預けたくても預けられないという悩みを抱えている看護師は多いです。

子育てを理由にした離職も保育所問題と切り離せられない課題です。
出産をきっかけに現場から離れていた看護師にとってもメリットの多い院内保育所。
今後、「いかに院内保育所を増やしていくか」が大きな課題となっていくでしょう。

看護師としてのキャリアと子育ての両立を考えるのであれば、院内保育所を設置している病院を選んで転職するなど働く環境を考えるのもとても大切です。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!