涙なしでは語れない!巣立ちの時期の看護学校あるある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3378_TOP_涙なしでは語れない!巣立ちの時期の看護学校あるある.jpg

https://stock.adobe.com/jp/

卒業式や謝恩会のこの時期は、看護師にとってもちょうど巣立ちの時期。

勉強・実習・国家試験と非常に多忙な学生時代だったからこそ、つらい時に支え合い、共に頑張ってきた仲間や先生方は宝物です。

今回は、涙なしでは語ることのできない、巣立ちの時期の看護学校あるあるをご紹介します。

728_90_3.png


看護師への最初の試練・国家試験


3378_1_看護師への最初の試練・国家試験.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師になるための最初の試練である国家試験受験のときは不安も大きいもの。

そんな時に優しく見守ってくれた人にまつわるエピソードをご紹介します。

・国試前、すごく厳しい先生が「努力を続けたあなたたちなら大丈夫!」と励ましてくれてクラス全員が号泣してしまった。

・いつも厳しかった先生が国家試験の直前に激励の言葉をかけてくれました。失敗したらどうしようという気持ちに負けそうになりましたが、先生からの思いがけない激励にクラスみんなで号泣。自分たちの頑張りを陰で見守ってくれていたと思うと、とても心強く感じました。

・自己採点の結果が思わしくなく不安な毎日を過ごしたが、合格が分かり両親が泣いてくれた。その姿を見て自分も泣いてしまった。

・国家試験終了後、解答速報を見ながら自己採点をしましたが、自分の実力を十分に発揮できず、落ちたかも……と不安な日々を過ごしていました。ですが合格発表で自分の受験番号が見つかった時、両親が声をあげて泣いて喜んでくれました。泣いている姿など見せたことのない父の涙を見て、私も思わずもらい泣き。両親が喜んでいる姿を見ると、本当に頑張ってよかったと思えます。

泣いて・笑って・感謝する、看護学校の卒業式


3378_2_泣いて・笑って・感謝する、看護学校の卒業式.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


3年または4年間の学校生活が終わり、いよいよ待ちに待った卒業式。

楽しい時もつらい時も共に励まし合って頑張ってきた仲間との日々が終わりを迎えると思うと、寂しい気持ちでいっぱいになりますよね。

思わず涙が出てしまった看護学校の卒業式でのエピソードをご紹介します。

・後輩たちが歌ってくれた『3月9日』で卒業生が大泣き。
後輩たちがサプライズでレミオロメンの『3月9日』の歌をプレゼントしてくれました。可愛い後輩たちが自分たちのために練習してくれたことが嬉しくて、歌詞が心にじわり。この日は泣くまいと決めていましたが、歌が始まった途端にクラスみんなで大号泣してしまいました。

・卒業式後、母親がふと「もう人の命を支えるような歳になったんだね」とつぶやいたのを聞き、今まで育ててくれたことへの感謝の気持ちがあふれた。
学生の頃は、実習があまりにもつらすぎてやめたいと思ったこともたくさんありました。それでも続けてこられたのは、そばで見守ってくれた両親のおかげでもあります。だからこそ、卒業式を見にきてくれた母がぽつりとつぶやいた一言が心に響きました。
お母さん、今まで育ててくれて本当にありがとう。照れくさくて直接言ったことはありませんでしたが、この時は泣きながら母の胸に飛び込み感謝の気持ちを伝えました。

最後は笑顔でしめくくろう!涙と笑いの謝恩会


3378_3_最後は笑顔でしめくくろう!涙と笑いの謝恩会.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


卒業式のあとは謝恩会。今までお世話になった方々にお礼を言える場面でもありますよね。
笑顔と涙のエピソードをご紹介します。

・実習でお世話になった病院の先生が「実習も勉強もよく頑張ったね。春から、場所は違うけど一緒に頑張ろう」と言ってくださった。

・実習でいろんなことを指導してくださった病院の先生が謝恩会に来てくださいました。国家試験に合格したことと、就職先をきちんと報告することができ、先生から激励の言葉をいただいてとても嬉しかったです。
国家試験直前まで実習があり、勉強との両立が大変でしたが、あきらめずに頑張ることができて本当によかったと思うと同時に、人の命を預かる責任ある仕事に就くという気持ちで身が引き締まりました。あきらめずに頑張ってよかったという気持ちと、これから自分も命の現場に立つという実感が改めてわいてきました。

・元看護師で厳しいクラス担任が笑顔で泣いていて、厳しさも優しさのうちだったのだと実感。思わず自分も泣いてしまった。
授業中は笑いもしない、いつも厳しく指導してくださった先生が、笑顔で泣いている姿を見てみんな驚きました。この時初めてあの厳しさも優しさだったのだと分かり、感激のあまり自分も一緒に泣いてしまいました。

看護学校での学びと思い出は、きっとこれからも勇気をくれる


3378_4_看護学校での学びと思い出は、きっとこれからも勇気をくれる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護学校での日々は大変なこともたくさんありますが、振り返るとステキな思い出もたくさんあるでしょう。

つらいと感じた時、同じように頑張っている看護学校時代の仲間たちや先生、両親といった人たちのことを思えば、頑張ろうという気持ちがきっとわいてきますよ。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!