ナースときどき女子

記事を読む

ハテナース

看護技術Q&A

BLS(一次救命処置)及びACLS(二次救命処置)インストラクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3353_TOP_BLS(一次救命処置)及びACLS(二次救命処置)インストラクター.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師として働いていると、どの部署に配属となったとしても患者さんの急変に遭遇する可能性は十分に考えられるものです。

そのような場面で役立つ「BLS」「ACLS」は、医療従事者ならぜひ知っておきたい資格のひとつです。

今回はBLS・ACLSとはどのようなものなのか、またインストラクターの資格の取り方、実際に資格を持っていると役立つ場面などについて分かりやすくご説明します。

728_90_3.png


BLS(一次救命)・ACLS(二次救命)とは?


3353_1_BLS(一次救命)・ACLS(二次救命)とは.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


「BLS」「ACLS」はともに、アメリカ心臓学会(AHA)が提唱している救命プログラムのことを指します。

「BLS」とはBasic Life Supportの略称で、AED以外の特別な器具を使用せずに行う心肺蘇生法のことです。これを「一次救命処置」といいます。

〈BLS〉
・意識の確認
・意識がない場合、119番を呼びAEDを用意
・呼吸を確認
・呼吸がない場合心肺蘇生法(CPR)を開始(胸骨圧迫+AED)

大人の場合は、胸骨圧迫30回に人工呼吸を2回行い、AED到着まで繰り返します。この際、胸骨圧迫は1分間に100~120回と、速いテンポで絶え間なく続けることが大切です。AEDを使用したら、直ちにCPRを再開します。

一方、「ACLS」とはAdvanced Cardiovascular Life Supportの略称で、医療従事者が行う高度な心肺蘇生法のことを意味します。

心電図モニターや挿管、除細動器(DC)などの特別な器具を使って行うのが特徴で、これらを「二次救命処置」といいます。

〈ACLS〉
・VF・VTアルゴリズム
・PEAアルゴリズム
・Asystoleアルゴリズム

患者さんの心電図波形が致死的不整脈や無脈性電気活動、またはフラットになっている場合、CPRを行いながらそれぞれのアルゴリズムに沿って処置を行っていくことになります。

これは迅速かつ正確な判断と対応が求められる、非常に高度なスキルです。

BLS・ACLSの資格を持っていると、スピーディーかつ的確に対処することができ、患者さんの蘇生率を高め、後遺症を軽減させることなどが期待できます。

看護師がBLS・ACLSの資格を持つということは、とても大きな意味合いがあるといえるでしょう。

BLS・ACLSのインストラクターになるには?


3353_2_BLS・ACLSのインストラクターになるには.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


BLS・ACLSの資格を取得すると「プロバイダー」として認定され、さらにBLS・ACLSコースを受講する人たちに指導する立場にあたる「インストラクター」になることもできます。

インストラクターコースはさまざまな団体や協会で受講が可能ですが、AHAの認定を受けているものであれば、どこで受けても内容は同じです。

今回は日本ACLS協会で資格を取得する際の条件などについてまとめました。

BLSインストラクター


「BLSインストラクターエッセンシャル」コースを受講します。

受講条件
・AHAが認定するBLSプロバイダー資格保有者であること(有効期限内)
・日本ACLS協会主催「コアインストラクターコース」が受講済みであること
・トレーニングサイト長の推薦を受けた方

受講対象者
・満15歳以上75歳未満
・医療従事者(医師・看護師・救命士等)
・応急手当に関心がある方一般市民の方
・職場の健康管理責任者・アミューズメントパーク職員
・スポーツインストラクター・ライフセーバー
・保育士・幼稚園教諭・小中高等学校教諭
・養護教諭

ACLSインストラクター


「ACLSインストラクターエッセンシャル」コースを受講します。

受講条件
・AHA BLSプロバイダー/インストラクター資格保有者であること(有効期限内)
・AHA ACLSプロバイダー資格保有者(有効期限内)
・日本ACLS協会主催コアインストラクターコース受講済み
・トレーニングサイト長の推薦を受けた方

受講対象者
・満18歳以上75歳未満
・医療従事者(医師・看護師・救命士など医療国家試験有資格者)
・医療系学生(医学生、看護学生、歯学生等)
・その他医療関係者

ACLSのインストラクターは、医療従事者ならびに医療に携わる学生であることが必須条件となります。

BLS・ACLSのインストラクターに共通して言えることは、必要な資格の有効期限内に受講するということです。また、コースを受講しただけではインストラクターになることはできません。

講習を受講後、症例をもとに実践を交えた演習を行い、モニター評価を受け、試験に合格することでインストラクターになることができます。

資格取得後は更新手続きを忘れずに!


3353_3_資格取得後は更新手続きを忘れずに.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


BLSならびにACLSインストラクターの資格有効期限は2年で、有効期限が切れる前にコースの再受講と再モニター評価を受ける必要があります。

期限内に更新手続きを行わなければ、資格自体が取り消しになることがあるので注意しましょう。

勤務で忙しいときには更新が後回しになってしまうことがあるかもしれません。前もって受講の日程を把握し、勤務を調整してもらうことも考えておいてください。

実際にこんな場面で役立ちます!


3353_4_実際にこんな場面で役立ちます.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


BLS・ACLSのインストラクター資格は実際に指導するためのものなので、プロバイダーよりも、より専門的な知識や実践能力を身につけることができます。

実際にこんな場面で役立つ!というケースについて以下にまとめました。

・BLS・ACLSコースで指導中に受講者が意識不明で倒れた。
・ICU勤務中に患者にVTが出現した。
・院内で患者が突然倒れた。

BLS・ACLSのインストラクター資格を持っていると、すみやかな心肺蘇生ができるだけでなく、周りにも迅速で的確な指示を出すことができます。

また、院内で患者に致死的不整脈などが出現し、一刻を争うという状況でも、医師の指示を瞬時に理解し連携しながら対処することが可能です。

医療従事者なら持っていると役に立つ資格


3353_5_医療従事者なら持っていると役に立つ資格.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


昨今は地震や津波、台風などの自然災害による影響が拡大し、誰でも死に直面するようなことがないとも言い切れません。

そんな中、一般の人でも心肺蘇生に関心を持ち、BLSプロバイダーの資格を取得する人が増えてきています。

医療従事者であるからには、一般の人たちにも指導できるようなインストラクターの資格を持っておくと、いざというときに役立つでしょう。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!