けいたの「ラクうま☆ナースごはん」Vol.21 よだれ鶏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3391_TOP_けいたさんvol.21.jpg


こんにちは、けいたです。

天気がよくなったり、悪くなったりと難しい季節が続いていますね。
体調を崩さないように気をつけていきたいところです。

今回はメインにもう一品欲しい時にもお弁当にも使える「よだれ鶏」をご紹介します。

中華料理では一般的なメニューで、よだれが出るほど美味しいという意味から「口水鶏」と書かれます。
お好みで調味料を調整すれば子供から大人まで食べられるヘルシーな一品です。

728_90_3.png


よだれ鷄


3391_1_けいたさんvol.21.jpg


材料(2人分)


・ 鶏ムネ肉 1枚
・ 塩 小さじ1
・ 酒 大さじ1
・ しょうが 薄切り 1〜2枚
・ ネギの青い部分 2本分
<タレ>
・ しょうが すりおろし 小さじ1
・ にんにく すりおろし 小さじ1/2
・ 鶏肉の茹で汁 40cc
・ しょうゆ 大さじ3
・ 黒酢 大さじ2
・ ラー油 大さじ1
・ 砂糖 小さじ2
・ ごま油 小さじ1

・ もやし 1/2袋
・ きゅうり 1本
・ 万能ネギ きざんだもの お好み
・ 白ごま お好み

下ごしらえ


・鶏ムネ肉は常温に戻しておき、余分な水分を取っておく。

・きゅうりを千切りにしておく。

作り方


1.鶏ムネ肉は塩(分量外)を薄くつけ10分以上置いておく。

2.鍋に水を600ml(分量外)に酒、塩を入れて沸かす。

3.湯が沸いたら鶏ムネ肉と青ネギ、しょうがの薄切りを入れ、もう一度沸いてから1分ほど煮たら火を止めて蓋をして30分置いておく。

4.別の鍋に湯を沸かし、もやしを入れてもう1度沸いてから30秒ほどしたらざるにとっておく。もやしの粗熱が取れたらお皿に平らに盛り、その上にきゅうりの千切りを散らしておく。

5.タレを作る。調味料などタレの材料をすべて混ぜておく。

6.30分経ったら、湯から鶏を出し、7〜8mmの斜めにうすぎりにし、もやしときゅうりの上に並べておく。

7.最後にタレを全体にかけ、きざんだ万能ネギ、ゴマを振りかけたら完成。

ポイント


・鶏肉は冷たいままで調理を始めてしまうと中に火が通りにくくなってしまうため、常温に戻しておくことをお勧めします。冷凍していなければ大丈夫だと思います。

・ネギの代わりにパクチーなどの香菜やクルミ、唐辛子などを振っても大人な味わいになります。



そろそろ今年度も終わりますが、新年度に向けた準備は整っていますか?

新生活を始める人は、これを機にお料理を楽しくがんばりましょう。
今後も美味しくて手軽にできるレシピを提案していきたいと思います。

けいた プロフィール


3391_けいたさん_プロo.png


総合病院で慢性疾患患者のケアにあたる現役看護師。本業のかたわら手がけた料理やお菓子の写真をアップするInstagram(@keitamitsu)では、2万人超のフォロワーを持つ人気の料理系インスタグラマーとして活躍中

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!