国が変わると看護師もこんなに違う!?国別で見る違いまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3466_TOP_国が変わると看護師もこんなに違う!?国別で見る違いまとめ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師の仕事には日本と海外で大きな違いはないと思う人も少なくないでしょう。しかし、実際には看護師になるまでの教育は国によって違いがあるほか、看護師が行える医療行為についても異なる点があるようです。

ここでは、国内外における看護師の教育・免許の違いや、日本の看護師が海外で働く場合などについて解説していきます。

728_90_3.png


看護師教育の違い


3466_1_看護師教育の違い.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


日本と海外では、そもそも看護師になるための教育課程から異なるケースもあります。

看護専門学校がない国も多い


日本と海外における看護師教育の大きな違いとしては、海外では看護師になるためのコースが設けられていないことも多いという点でしょう。

日本の場合、高校以上の教育を受けてから看護専門学校で3年学ぶと看護師国家試験の受験資格を得られますが、イギリスやアイルランド、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、大学を卒業しないと看護師の資格を取得できません。

また、日本は准看護師で一定の実務経験を積むと正看護師になる道が開かれるなど、いろいろな道のりがあることが特徴でしょう。
ちなみに、アイルランドやイギリスには准看護師という資格はありません。

入学資格に大きな違いはない


日本の場合、看護学校や大学に入学するには、小中学校の義務教育から高校(高等専門学校含む)を卒業する、あるいは高卒認定試験に合格していることが条件であり、12年以上の教育を受ける必要があります。

一方海外では、イギリスやニュージーランドでは13年間、アメリカやフィンランドでは12年間の教育を受けることで入学資格を得られます。看護系の学校に入学する資格に大きな違いはないようです。

看護師免許の違い


3466_2_看護師免許の違い.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師になるうえで重要な「看護師免許」ですが、この部分に違いはあるのでしょうか?

「国家資格」は万国共通?


日本の看護師免許は国家資格です。海外においても多くの国は国家資格と定めているようですが、アメリカやカナダにおいては州単位になっています。

アメリカの場合は、州が違っても所定の手続きを行って手数料を支払えば、別の州で看護師として働くことも可能です。ただし、州によって合格基準は異なります。

合格しやすい州とそうでない州があるようですので、アメリカで看護師免許を取得したいと考えている人は事前に確認しておくといいでしょう。

医療行為の範囲に関する違い


日本では、医師の指示のもと看護師が患者に医療行為をすることが可能とされており、海外でもそれは同じです。

アメリカには「PA(フィジシャン・アシスタント)」という資格があり、この資格を取得することで、医師の監督下であれば診察や薬の処方などの医療行為ができます。

日本でも「特定行為研修」を受講すれば38項目の医療行為ができるようになる制度があります。しかし、この研修では薬の処方はできません。これがアメリカと大きく異なる点だと言えるでしょう。

海外で日本の看護師免許は活かせる?


3466_3_海外で日本の看護師免許は活かせる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


日本と海外で異なる点も多い看護師免許ですが、日本の看護師免許は海外で活用できるのでしょうか。看護師免許を海外で活かす方法をご紹介します。

各国の看護教育プログラムを受講する


日本で看護師免許を取得している場合、海外でその資格を活かして仕事をすることは可能です。

しかし、国によって審査基準が定められており、例えばカナダでは5年以内で1,125時間の就労経験が必要など、厳しい条件を設定していることも。

また、多くの国では「看護教育プログラム」を受講し、試験に合格したうえで就労の可否を判断しています。

オーストラリアでは、本国の学資教育と同等の教育を受けたと認められれば、資格取得試験を受験せずにオーストラリアの看護師免許を取得できます。ただし認められなかった場合は、ブリッジプログラムの受講が必要です。

イギリスでは、大学で20日間の講義を受け、所定の臨床実習を受ければ、受験せずに看護師免許を取得できます。

語学テストは必須?


アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの国では、英語の語学試験を受ける必要があります。また、ドイツの場合はドイツ語の語学試験の受験が必須です。

看護師免許は大きな可能性を持った資格


3466_4_看護師免許は大きな可能性を持った資格.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


日本と海外では、看護師免許の取得や可能な業務範囲についてさまざまな違いがあるようです。しかし、日本の看護師免許を活かして海外で働くことも不可能ではありません。

患者に対して誠心誠意看護するという点において、看護師の目的は万国共通。これから海外に住みたい、海外で働きたいという人にとって、看護師免許は大きな可能性を持った資格と言えるでしょう。

また、国際結婚など環境が大きく変わっても仕事を続けることができる点は、看護師ならではのメリットと言えますね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!