お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

カイロプラクティックの普及および安全性の確保に尽力【一般社団法人日本カイロプラクターズ協会】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1551_top.jpg


◆はじめに


カイロプラクティックは、体の大黒柱である背骨を手技で調整することで神経系の働きを正常な状態に戻し、さらに良い健康状態へと導く治療法です。国民の健康意識の向上に伴い、健康増進を促すカイロプラクティックへの関心も高まっています。このカイロプラクティックの普及および発展に努めているのが、一般社団法人日本カイロプラクターズ協会(JAC)です。
本記事では、同団体の概要と主な活動内容を紹介していきます。

cta_banner_070.jpg


◆日本カイロプラクターズ協会とは


1998年に誕生した日本カイロプラクターズ協会は、世界保健機関(WHO)が策定したカイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン(以下、WHOガイドラインと呼ぶ)の基準を満たした正規のカイロプラクターのみが所属できる、カイロプラクティックの業者団体です。1999年には、WHOのNGOに登録されている世界カイロプラクティック連合(WFC)に日本代表団体として加盟しました。WFCが掲げる政策の普及および実践を目指し、行政機関との折衝や国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究などを行っています。日本のカイロプラクティック業界を発展させ、国民が安心してカイロプラクティックケアを受けられるよう、普及と将来的な国家資格化に努めている組織です。

◆世界カイロプラクティック連合とは


世界カイロプラクティック連合(WFC)は、カイロプラクティックが世界中に普及したことをうけ、1988年に設立されました。世界各国の代表団体が加盟している、国際的な職業団体です。加盟国同士が研究や教育、法制化などに関する情報交換を重ね、カイロプラクティックの基準や施術者の地位確立を目指しています。WFCは、WHOが「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」作成のために2004年に開催した会議の中心団体として参加。カイロプラクティックの教育や資格の国際基準を定めたガイドライン策定に貢献しています。現在、様々な医療業種団体と交流し、WHO関連の国際プロジェクトに携わっています。

◆カイロプラクティックとは


・カイロプラクティックの一般的な定義


カイロプラクティックは、主に脊椎をはじめとする身体部位を調整し、ゆがみの矯正や痛みの軽減、機能改善、自然治癒力の向上などを促すヘルスケアの一種です。人体を主にコントロールしているとされる神経系の動きを活性化することで、症状の改善および健康増進につながるといわれています。

1551_3.jpg


・歴史


カイロプラクティックは、カナダ出身のアメリカ人、ダニエル・デービッド・パーマーが1895年に始めた脊椎徒手療法です。現在では、専門教育を提供する大学を卒業した施術者が行う脊椎ヘルスケアとして、世界各国に広まっています。
日本へは、パーマー・スクール・オブ・カイロプラクティックを卒業した河口三郎によって1916年に伝えられました。その後日本人カイロプラクターが次々と誕生したものの、教育基準などが確立されていない日本では健康被害の報告が目立ち、カイロプラクティックの安全性が疑問視されていました。1995年には国際教育基準を導入した日本初のカイロプラクティック教育機関「RMIT大学カイロプラクティック学科日本校(現:東京カレッジオブカイロプラクティック)」が開校。JACのWFC加盟やWHOガイドライン策定を経て、エビデンスに基づく安全性の高い施術が浸透しつつあります。2014年には、日本カイロプラクティック登録機構(JCR)が安全なカイロプラクターの指標を提示するべくカイロプラクター名簿を厚生労働省に提出。カイロプラクターの登録制度がスタートしています。

◆カイロプラクティックを学びたい人に


日本にはカイロプラクティックの公的な資格がなく誰でもカイロプラクターを名乗れますが、正規の教育を受けていない場合、最低限の安全性が担保されてない可能性があります。しかし、国際承認を取得しているカイロプラクティック教育機関「東京カレッジオブカイロプラクティック」に入学すれば、WHOガイドラインの基準を満たした教育を受けることが可能です。同教育機関にて4,200時間以上の基礎医学やカイロプラクティック学、臨床実習などのカリキュラムを修了・卒業すると、高いスキルを持つWHO基準カイロプラクターになることができます。

◆JCR試験受験資格プログラム


日本カイロプラクターズ協会は、正規の教育基準を満たしていないカイロプラクティック従事者をWHO基準カイロプラクターのレベルに引き上げるべく、医学的知識や禁忌症の判別、リスクマネジメントなどについて教育する期間限定の教育プログラム「JCR試験受験資格プログラム」(旧安全教育プログラム)を開講。プログラム修了後に国際的な第三者試験委員会による試験を受け合格すれば、WHO基準カイロプラクターとして日本カイロプラクティック登録機構に登録されます。登録名簿はJCR公式サイトで公開されるため、一定レベル以上の施術者であることの証明にもなります。

1551_111.jpg


◆詳細情報


日本カイロプラクターズ協会についてさらに知りたい方は、下記URLをご覧ください。
一般社団法人日本カイロプラクターズ協会(JAC)
https://jac-chiro.org/

cta_banner_070.jpg