お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

病気の子どもたちの笑顔づくりに貢献【認定NPO法人ポケットサポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1553_top.jpg


◆はじめに


ポケットサポートは、2018年に岡山市の認定を受けた認定NPO法人です。幼少期に闘病経験がある三好代表理事の、長期間の入院によって生じてしまう子どもたちの学習や体験の空白期間(ポケット)を埋めたいという思いから、2011年に活動を開始しました。
本記事では、同団体の概要や主な活動内容を紹介します。


cta_banner_070.jpg



◆認定NPO法人ポケットサポートとは


pocketsupport_19_1.jpg


病気を抱える子どもたちの学習・復学支援を実施している、認定NPO法人ポケットサポート(以下、ポケットサポート)。同団体が目指すのは、病気の子どもたちが将来に希望を持って自分らしく暮らせる社会の創造です。子どもたちが長期療養中も安心して学べるよう、学習支援や社会体験を補うためのイベント活動、孤立感を解消するためのコミュニティづくりなどを行っています。支援者の中には幼少期に長期療養を経験したスタッフも多く、常に子どもの目線に立ったきめ細かなサポートを実施しているのが特徴です。2019年には、信頼性の高い非営利組織であることを認証する「グッドガバナンス認証マーク」を取得しています。

◆ビジョン


病気や怪我により、「授業が受けられず勉強できない」「運動会や遠足などのイベントに参加できない」「友達と遊べない」といった悩みをもつ子どもたちは、全国に5万人以上いると言われています。ポケットサポートは、そんな子どもたちが入院中や自宅療養中も安心して学習・体験できるような環境を整備。「環境をつくる」「生きる力を育む」「人や気持ちをつなぐ」というミッションのもと、多くの子どもに笑顔と元気をお届けするべく尽力しています。また、岡山以外の地域でも同様の取り組みが普及するよう、講演や啓蒙活動なども実施しています。

◆事業内容


ポケットサポートは病気の子どもたちやその家族を支えるべく、「学習・復学支援」「交流イベント」「啓発・講演会・研修会」の3つを柱とした事業を展開しています。

【学習・復学支援】


入院病棟・院内学級での学習支援や、外来通院・自宅療養中に利用できる学習スペース「ポケットスペース」での相互交流支援などを実施。またWebの普及を受け、テレビ電話を活用したオンライン学習支援や、YouTubeライブ配信によるオンライン交流イベントなども行っています。なお、学習指導や宿題の添削などを担うのは、教職員や医療従事者などを目指す大学生ボランティアです。学習支援ボランティアが子どもの気持ちに寄り添った支援を行えるよう、研修やフォローアップゼミ、フィードバックシートの配布などでアシストしています。

【交流イベント】


子どもたちが友達や家族と楽しく交流できるよう、知育ボードゲーム大会や夏祭り、遠足、クリスマス会、調理実習といった多彩なイベントを実施。万が一に備え医療従事者を同伴するなど、安全面にも配慮しています。

【啓発・講演会・研修会】


各種関係機関と連携し、病気の子どもたちへの学習・復学支援の啓発を目的とした講演会や、総合病院への学習支援ニーズ調査などを展開。そのほかボランティア人材の育成や学習支援リーダー養成、クラウンワーク研修、ワークショップの開催、県内の院内学級視察なども実施し、活動の幅を広げています。

pocketsupport_logo_1.jpg


◆詳細情報


同団体についてさらに知りたい方は、下記URLをご覧ください。
認定NPO法人ポケットサポート
https://www.pokesapo.com/


cta_banner_070.jpg