お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

軸は、自分の家族だったらどうするか「一人でも多くの利用者さんの思いに寄り添いたい」訪問看護師インタビュー・O.Yさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1622_TOP.jpg

在宅医療の最前線で活躍する訪問看護師へのインタビューシリーズ。今回は、SOMPOケア 尾山台訪問看護下北沢サテライトに勤務するO.Yさんを取材。訪問看護のやりがいや大変さ、思いについて伺いました。

プロフィール

1622_1.jpg

O.Yさん
SOMPOケア株式会社 尾山台訪問看護下北沢サテライト(東京都)勤務。看護学校卒業後、中国地方にある精神科病院で11年勤務した後、2012年11月より現職。訪問看護歴8年。趣味はスノーボードにウェイクボード、釣り、飼い猫2匹と遊ぶこと。




目次

やりがいはあったけど、体も心も疲れた精神科時代

??現在の職務内容について教えてください

当ステーションがある世田谷区を始め、周辺の大田区、目黒区、杉並区、新宿区の利用者さま宅・介護施設を訪問し、看護を担当しています。訪問件数は、少ないときで1日2~3件ですが、介護施設を含めると10件を上回ることもあります。移動は基本的に自転車で、距離があると電車やバスも利用します。利用者さまには、末期がんの方や認知症の方、ストーマ管理をしている方、バルーンを入れている方など、さまざまな疾患をお持ちの方がいらっしゃいます。

??前職では、精神科病棟で勤務されていたとか

はい。11年間勤務していました。なかでも長かったのは急性期の女性病棟で、印象深いのは、パーソナリティ障害の患者さんと統合失調症の患者さんです。パーソナリティ障害の患者さんは、決まった時間に集団行動ができなかったり、小さなことでも人のせいにしたりと、関わるのが難しくて。でも心理士さんと協力して、丁寧にコミュニケーションを取り続けていった結果、症状が改善してご自宅に戻られました。私は途中で担当から外れたのですが、報告を受けたときは、うれしかったですね。

統合失調症の患者さんには被害妄想や暴力行為もあり、症状悪化の前兆に気づいて対処することが大切なんですが、上手くできずビンタされたこともあります。思えば、精神科病棟は大変だけどやりがいのある職場でしたね。

「困ったらすぐ電話して」のひと言で和らいだ一人の不安

??なぜ訪問看護師になろうと?

精神科では夜勤があり、徘徊する患者さんもいて、何かと気を張っていなければならいことが多くて。体力的にも精神的にも疲れていました。そんな時、退院支援で利用者さまの家に同行する機会が何度もありました。そこでは、病院とは違う患者さまの私生活の様子が見られたり、利用者さまが退院後、どういう生活を望んでいるのかを聞き、生活環境を整えたりと、病棟よりゆっくり利用者さまに向き合う時間がありました。次第に「訪問看護がしてみたい」と考えるようになりました。

??訪問看護の道に入る時、ハードルを感じませんでしたか?

大きくは感じませんでした。前職の精神科病院は地方にあり、周りに大きな病院が少なかったので、例えばストーマを着けてている方やがんの方など、今、訪問で担当しているような疾患を持つ患者さまをひと通り看ていました。そのなかで注射や点滴など、病棟で行う一般的な処置もずっと続けていました。

でも訪問看護では、利用者さま宅や施設に伺うのは1人なので、そこに不安はありました。最初の2ヶ月は管理者に同行してもらい、トレーニングを受けました。それこそご自宅のインターホンを押すか押さないか、というところからご家族への接し方、状態確認、具体的なケア方法まで、しっかりと教わりました。教育は、始めの方は先輩が対応する様子を見て覚え、慣れてきたら自分で行ってその様子を先輩に見てもらうという流れで進みました。一連の業務をできるようになると一人での訪問が始まりましたが、先輩から「困ったらすぐに電話して」と言われていたので、心強かったですね。実際、現場で何度か判断に迷うことがありましたが、その場で先輩や先生、ご家族に連絡を取り、無事対処できました。

やりがいは「感謝の言葉」。大切にしているのは「利用者の気持ち」

??訪問看護でどんな時にやりがいを感じますか?

利用者さまから感謝の言葉をいただいた時ですね。「よく来てくれた」「来てくれるとうれしい」そんな風に言ってくださる方が多く、「もう帰っちゃうの」「また来てね」なんて声をかけていただくこともあります。やっぱりそういう言葉をいただくと、すごく励みになりますね。

担当の利用者さまに、かつてご自身でストーマパウチをつけるのが苦手で、よく失敗されていた方がいます。地域包括支援センターから相談があり、私たちが訪問看護に入ることになりましたが、ご自宅へ伺って装着されている様子を確認すると、手技に問題はありませんでした。そこで「上手にできているから、大丈夫ですよ」とお伝えしたところ、するとみるみる失敗が減っていき、今ではほとんどミスをされなくなりました。その方はいつも「あなたの言葉で、安心して暮らせているの。辞めないでよ」と言って、待っていてくださいます。

??訪問看護の大変なところはどこですか?

夜間や土日に、ゆっくりは休めないことですかね。今所属している事業所には看護師が2人しかいないので、月の半分はオンコールの当番をしています。オンコールでは、突発的で私たちでは対処が難しいケースも多いのですが、発熱やお通じが出ないという理由で呼ばれることもよくあります。そのため緊急コールが増えないように、木曜日や金曜日にお通じの確認や発熱の予兆がないかを確認しにいくなど、普段から注意しています。

原点はおばあちゃんの足。一人でも多く家で過ごせるように

??訪問看護師として大切にしていることを教えてください。

一番は、利用者さまの思いや気持ちです。私が学生の頃、祖母は心臓が悪く、ペースメーカーを入れていました。そのせいか、祖母の足はいつもむくんでいました。でも当時の私には、むくみの理由も対処法もよく分からなくて。祖母がぱんぱんになった足をマッサージ機に乗せるのを、見ていることしかできませんでした。だから利用者さまが自分の家族だったらどうするのか、つねに考えて対応しています。

印象に残っているのは、末期の胃がんを患った50代男性の利用者さまです。自覚症状がほとんどない状態で、健康診断でがんが見つかりました。入院されていましたが、ご本人のご自宅で最期を迎えたいという強い意思がおありだったので、緊急で関係者を集めて会議を開き、在宅での治療に切り替えました。痛みが強かったので麻酔投与を中心としたケアを1週間ほど続けた後、その方はお亡くなりになりましたが、ご利用者さまの意思を最期まで尊重できたかもしれない、と思える経験です。

??これから訪問看護師としてどんなことに力を入れていきたいですか?

より多くの方が、在宅で治療できる環境を作っていきたいですね。なかには在宅治療できる環境が整っていなかったり、ご家族が反対したりして、お家で過ごせないと考える方がいます。そうした思いを汲んで、お家に帰りたい患者さんが一人でも多く帰れるように、お手伝いできたらと考えています。

??訪問看護に興味があるけど迷っている、または訪問看護の素晴らしさを知らないという看護師へ一言お願いします。

訪問看護は、やりがいがあって楽しくできる仕事です。私自身、人と関わるのが好きなので、利用者さまの人生経験を聞いたり、時には利用者さまに相談に乗っていただいたりしながら、毎日楽しく働いています。不安なことがあっても、1人で抱え込む必要はありません。先輩にも質問できるし、先生にも相談しやすい環境です。一人でも多く、訪問看護の仲間が増えるといいですね。

cta_banner_070.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加