お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

「ビーフシチューの芳しい香りにつつまれて...。」あわただしい日の密かな楽しみ。ズルカンさんの『看護師メシ』【vol.27】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3375_TOP.jpg



3375_1.jpg



3375_2.jpg



皆さんは、「忙しい日に用意したいご飯」はあるだろうか。

私は、翌日が忙しいとわかった日はお弁当にビーフシチューなどを用意して、自分を鼓舞している。
疲れて、喉もカラカラで、げんなりしてしまう休憩室で、温まったビーフシチューを食べることは、「雪山で遭難した人が食べる温かいスープ」くらいに回復力がある。(と信じている)

ぜひ、忙しいとわかっている日に試してみてほしい。
注意としては、こぼさないように持ち運ぶことと、遅めの休憩の師長さんや医師たちに囲まれながら少し肩身の狭いなか食べる可能性もある、ということだろうか。(肩身の狭いなかで食べるビーフシチューは、味がしてこなくなるぞ!)


中山有香里


【『看護師メシ』バックナンバー】
『看護師メシ』vol.1 ~年末年始の「すき焼き」~
『看護師メシ』vol.2 ~夜勤明けの「ラーメン」~
『看護師メシ』vol.3 ~休憩室を襲う「カップ焼きそば」~
『看護師メシ』vol.4 ~特別感がある「パン屋さんのパン」~
『看護師メシ』vol.5 ~士気が上がる「ケーキ」~
『看護師メシ』vol.6 ~欲望のままに「コンビニ飯」~
『看護師メシ』vol.7 ~腹も心も満たす「実家飯」~
『看護師メシ』vol.8 ~何杯もいける「カレー」~
『看護師メシ』vol.9 ~同期と「アイスクリーム」~
『看護師メシ』vol.10 ~折れた心を癒やした「天津飯」~
『看護師メシ』vol.11 ~無言のコミュニケーション「隠しオヤツ」~
『看護師メシ』vol.12 ~後輩の差し入れ「アップルパイ」~
『看護師メシ』vol.13 ~職員食堂の人間模様と「カツ丼」~
『看護師メシ』vol.14 ~落ち込む新人時代と「炊き込みご飯」~
『看護師メシ』vol.15 ~かたくなな患者さんの「娘さんのお弁当」~
『看護師メシ』vol.16 ~パウンドケーキと看護師の母~
『看護師メシ』vol.17 ~患者さんと野菜~
『看護師メシ』vol.18 ~好きな仕事、配膳~
『看護師メシ』vol.19 ~真夜中のジュース会~
『看護師メシ』vol.20 ~心配な患者さんと肉じゃが~
『看護師メシ』vol.21 ~応援のみかん~
『看護師メシ』vol.22 ~夜勤中の朝ごはん~
『看護師メシ』vol.23 ~患者さんの外泊ごはん~
『看護師メシ』vol.24 ~カワイイお弁当と冷凍ポテト~
『看護師メシ』vol.25 ~きゅうりの苗と皇帝ダリア~
『看護師メシ』vol.26 ~自分で食べるということ~


【プロフィール】
中山有香里
看護師✕イラストレーター。著書に『ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術『悲しいくらい人に聞けない看護技術』(メディカ出版)

Twitter:@musashi_0303
Instagram:@zurukan.yukari33

cta_banner_070.jpg