お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

音声認識技術で医療業界の業務効率化に貢献【株式会社アドバンスト・メディア】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3999_top.jpg


◆はじめに


医療従事者の負担が増している医療業界では、医療従事者の負担を軽くすることが必須になっています。今回は音声認識技術によって、医療業界の業務効率化に貢献している企業をご紹介します。同社の技術を使ったシステムの導入が進めば、看護師さんの作業負担を軽減することができるでしょう。


cta_banner_070.jpg



◆株式会社アドバンスト・メディア


1997年に設立された株式会社アドバンスト・メディア。音声データをテキストデータに変換する、音声認識技術に強みを持つ企業です。

同社は、特定の領域に特化したデータの蓄積や精度向上ノウハウ、AIによる技術革新により、高い認識精度を持つ音声認識技術『AmiVoice(アミボイス)』を開発。『AmiVoice』を組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発や、『AmiVoice』を組み込んだアプリケーション商品のライセンス販売、企業内ユーザー/一般消費者向け『AmiVoice』のサービス提供などを行っています。

同社が提供する製品の中には、医療分野に特化したものもあります。いくつかある製品の中から、『AmiVoice® IC-Support』と『AmiVoice® Medical Conference』を紹介します。

◆医療従事者と患者の会話を文字化『AmiVoice® IC-Support』


提供画像_AmiVoice IC-Support.jpg

▲画像提供:株式会社アドバンスト・メディア

高齢化によって医療需要が増す一方、医療業界は人手不足が続いており、医療従事者の過重労働が問題になっています。さらに新型コロナウイルスの流行によって、オンライン診療や電話診療などにも対応する必要がでてきました。そこで同社は、診療スタイルの多様化によって増加した医療従事者の業務量を減らすべく、『AmiVoice® IC-Support』をリリースしました。

『AmiVoice® IC-Support』は、音声認識機能によって、医療従事者と患者の会話をリアルタイムで文字化するサービスです。対面診療や対面服薬指導、オンライン診療、電話診療など、多彩な診療スタイルに対応しています。また医療従事者と患者の声をAIが聞き分けて分離録音し、会話を自動でテキスト化する機能を搭載。これまで属人化していたカルテや診断書の作成などの作業に音声認識技術を用いることで、作業時間を大幅に短縮できるようになりました。キーボード入力による記録ミスや記録漏れなどのトラブルが防げるので、より正確かつ詳しい診断内容を記載することもできます。会話は簡単に文字検索できるほか、診療スタイルに合わせた、録音/音声認識の切り替えも容易です。
全てのオンライン診療システムに対応しているため、テキスト化された会話は、電子カルテをはじめとした患者管理システムに入力できます。ネットワークに接続しないスタンドアロン方式なので、個人情報を含む会話の際も、情報漏えいなどの心配がありません。

コロナ禍によって診療スタイルが多様化しつつあるなか、『AmiVoice® IC-Support』は大きな注目を集めています。実際に導入した医療現場からは、「作業時間や負担が減った」「患者と向き合う時間が増えた」「操作が簡単ですぐに使いこなせた」などの声が寄せられています。

◆会議での発言を音声認識技術でテキスト化『AmiVoice® Medical Conference』


提供画像_AmiVoice Medical Conference.jpg

▲画像提供:株式会社アドバンスト・メディア

『AmiVoice® Medical Conference』は、医療従事者向けの書き起こし支援システムです。会議での発言を、音声認識技術で自動的にテキスト化する機能を搭載しています。また、音声認識に適していない録音環境における認識をサポートする機能も豊富です。録音データの巻き戻しや早送りなどの操作も、すべてパソコン上で行えます。
特徴は医療用語に特化した音声認識エンジンを使用していること。そのため通常の会議用語はもちろん、病名や症状、薬品名といった専門用語のテキスト化も円滑に行えます。また音声を復唱することで書き起こしが行える、音声入力機能も標準搭載されています。

『AmiVoice® Medical Conference』は書き起こしに特化することで、初心者も直感的に操作できるUIを実現。編集や管理、保存、書き出しといった操作を、一括して実行できます。また、音声認識処理を稼動させつつ、同時に書き起こしを行うことも可能です。議事録作成に要していた時間や手間が大幅に軽減されるため、業務効率の向上および長時間労働の改善につながるといわれています。スタンドアロン方式なので、個人情報を含む機密性が高い会議でも安心して使用できます。

◆詳細情報


株式会社アドバンスト・メディア
https://www.advanced-media.co.jp/products/service#medical