お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

【お悩み相談室】人間関係編Vol.2:「プリセプターと合わなくて」「人生のマイナス時期に出会えた存在」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4296_MV.jpg


キャリアから仕事と家庭の両立、人間関係まで、さまざまな看護師さんのお悩みに「看護のお仕事」キャリアアドバイザーが答えるコラム「お悩み相談室」。人間関係編Vol.2では、2つのエピソード「プリセプターと合わなくて」「人生のマイナス時期に出会えた存在」をご紹介。35歳で看護師免許を取得し急性期病院に就職するも、プリセプターとの関係が上手くいかず悩むAさんと、就職した地方都市の大規模病院でパワハラに遭い、地元に帰ることを決断したHさんの思いとは…。

プリセプターと合わなくて


プリセプターと合わなくて.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


ピアノのコンクール入賞者を多く出す
有名な音楽教室に通わせていた娘が、
厳しいレッスンが嫌だと、
別の教室に移りました。
すると今まで嫌いだった練習を
自分からするようになったんです。

楽しそうにピアノを弾く姿に、
合う場所ってあるなあと思いました。

さて、今回ご紹介するAさんは、
35歳で看護師免許を取得し、
急性期病院でスタートを切った看護師さんです。

入職から半年、
社会人経験もあり、
30を過ぎてから頑張って資格取得したこともあり、
「早く一人前の看護師になろう!」
と頑張ってきたAさんですが、
急性期特有の忙しさや
ピリピリした雰囲気が合わず、
『お悩み相談室』にお電話くださいました。

「最低でも3年は
 同じ場所で働くべきですよね?」
と言うAさん。

さまざまな悩みを伺っていくと、
実はプリセプターとうまく行っていない
ということがわかりました。

>> この記事の続きを読む

看護のお仕事に相談してみる

「人生のマイナス時期に出会えた存在」


「人生のマイナス時期に出会えた存在」.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


先日、失恋で落ち込んでいた友人に
久しぶりに会うと、
とても綺麗になっていました。
新しい恋人ができたというのです。

「きっと彼に出会うために、
 あの別れが会った気がする」
と、つらい失恋も
笑い話に変えていました。

"終わり”の後には、"新たな始まり”があるんですね。

さて、今回ご紹介するHさんは
ある地方の小規模な町のご出身。
「新卒で多くのことを吸収したい」と、
地方都市にある大規模病院の
急性期病棟へと就職されました。

しかしその職場で、
かなりひどいパワーハラスメントに遭い、
限界を感じて退職。
地元に帰ることを決断し、
今回、転職のご相談をくださったのでした。

まだ1年目の新卒の方なので、
教育体制のしっかりした
急性期病院をお勧めしたいところですが、
前職の不安がとても強いと感じたので、
人間関係が良好な療養型病院をご提案しました。

しかし、Hさんは、
「でも、療養だと…」
と戸惑うのです。

>> この記事の続きを読む

職場の人間関係に悩む看護師さんに、働きやすい環境の求人をご紹介します


人間関係の良い職場へ転職を希望する看護師さんは、看護のお仕事にご相談ください。
看護のお仕事は、転職を考える看護師さんに寄り添った転職エージェントです。
転職を熟知したキャリアアドバイザーが、看護師さんのご要望に添った好条件求人をご紹介します。
「プリセプターとの関係が上手くいかない」「周囲の期待に応えたい…」とお悩みの方、ぜひお気軽にご相談ください。職場の雰囲気や看護士同士の人間関係など、通常は入手しづらい内部事情もご提供します。事前に職場環境を理解したうえでご応募いただけるので安心です。
あなたも「看護のお仕事」で、雰囲気の良い職場や自分にあった働きやすい環境を探しましょう。

>> 看護のお仕事でキャリア相談を申し込み